FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

『年を重ねる』ということ

  0 comments   0 trackback

前にもちょこっと書きましたが、文太は12歳までは全く衰え知らずでした。


20091801.jpg


2~3歳ぐらい・・・とはさすがに言えないけど、
少なくとも7~8歳ぐらいから私の目には何も変わったことはありませんでした。
(顔が白くなってきたことを除いては。)




20091802.jpg
初めて「ああ、もう若くないんやな。」と思ったのが、12歳になってから。



20091803.jpg

前立腺肥大で去勢手術をし(ま、これは想定内のことでしたけど)
耳が聞こえにくくなって、私が帰って来たことにも気付かずリビングで寝ていたときは
最初は何事かと慌てましたが、単に気付いてなかったんやとわかったときには
「そっか~。もうそんな年なんやな・・・。」と、一抹の寂しさを覚えました。



20091804.jpg
でも、12歳と言えば『フレンチブルドッグの平均寿命』と言われる年頃。



20091805.jpg




白髪が増えても

耳が聞こえなくなっても

目が見えにくくなっても

足腰が弱くなって

前ほど散歩に行きたがらなくなっても

ちょっとした段差も上がれなくなっても

走れなくなっても





それは、「寂しいこと」 や 「悲しいこと」 ではなくて


「そんなになるぐらいまで生きてこられた」


という勲章。



だと思うことにしました。






20091806.jpg
16年近く生きてりゃ~、そりゃ若い頃に比べたら色々ガタもくるわな。



20091807.jpg
文太も晩年はいっぱい『勲章』をもらいました。



20091808.jpg
勲章をもらわなけりゃそれはそれでよし。



20091809.jpg
もらったらもらったで、それはめでたし、めでたし。



20091810.jpg

年を重ねて一日一日、毎日精一杯楽しく生きてる犬は(ネコもヒトも)美しい。


(敬老の日に捧ぐ)



恩を仇で返す

  0 comments   0 trackback

20091701.jpg


20091702.jpg


20091703.jpg


20091704.jpg
あらぁ、こーちゃん、ぺろぺろしてあげてやさしいなぁ。



20091705.jpg
やっぱりそうなるんかいっ。



20091706.jpg


20091707.jpg
自分のことは棚に上げるにもほどがあるわ。



20091708.jpg



20091709.jpg
最初にぺろぺろしてもらったのを倍返しせんかい!



20091710.jpg
あれ?気づいたら場所入れ替わって落ち着いてる。



20091711.jpg
結局なかよしかい。



幸多に限らず、ちびもけん坊も漱石が大人しくしてるとぺろぺろしてあげているんですが
(おちゃゆだけはスパルタ。(笑)
漱石が大人しくぺろぺろされずにすぐに取っ組み合いになってしまうんですよねぇ。

そのうちほんまにみんなに嫌われても知らんぞー?



早朝登山

  0 comments   0 trackback

毎朝、スーパー文太と一緒に約1時間(6キロぐらい)歩いているのですが

毎日同じコースだと飽きるのですよねぇ。

文太も昔から絶対毎日違うコースを歩きたがっていて
(晩年はスタスタ歩けなくなっていたのでコースは限られていたけど)
文太と一緒の時は「もうどこでもええやん。」って思っていたけど、
今ごろになって文太の気持ちがわかるわぁ。

・・・というか、スーパー文太に操られてるのかもしれんけど(笑)


というわけで、いつも色んなコースを開拓しているのですが
今朝は涼しいっちゅーか寒いぐらいで長袖&長ズボンだったので

20091501.jpg
久しぶりに山登りコース。



14020604.jpg
2014年2月、9歳の文太の健脚ぶりったら。


14020606.jpg
上り道をものともせず、ガンガン登り



14020608.jpg
置き去りにされる、される (^^;)



そして、その1年後の2015年2月

15021202.jpg
10歳の文太も全く衰え知らず。



15021207.jpg


15021208.jpg


文太は10歳過ぎてもまだまだ現役バリバリで(何のやねん)
「『犬は7歳ぐらいからシニア』なんか、嘘やろ??
 10歳でもまだ全然『シニア感』ないわ!!」
って、いつも思っていました。




20091502.jpg
今はまたあのころみたいな元気で筋肉もりもりの身軽な体に戻れたんやなぁ!



20091504.jpg
神々しい文太に導かれて



20091503.jpg
山頂に到着。今日は琵琶湖から比良山系までキレイに見えました。



20091505.jpg
おかあはんも最近がんばって歩いてるから余裕やったで!



20091506.jpg
また来ような♪



20091507.jpg
家に帰って、いつもの。



20091508.jpg
2階組も。



ちなみ、今朝上った山というのが
20091509.jpg
山っちゅーほどの山でもないですけど。



20091510.jpg
幸多は今シーズン初の日向ぼっこ。



20091511.jpg
よかったねぇ。



ストレスフリー

  0 comments   0 trackback

20091401.jpg

今日は今シーズン初めて!?さわやかに涼しい一日でした!



20091402.jpg
下で呼んだけど来なかったおちゃゆが二階まで追いかけてきた



20091403.jpg
漱石は私が散歩の間、二階にいたり一階にいたりその日によっていろいろ。



20091404.jpg
めずらしくおとなしくあゆちゃまと3ショット。
(この後、案の定ちびが襲われましたけれども。)



20091405.jpg
けんぽこの2階まったりタイムに乱入。



20091406.jpg
ささみタイムも必ず参加。



20091407.jpg
おちゃゆを追いかけまわしー



20091408.jpg
疲れたら寝る。



20091409.jpg
束の間の静寂のふたり。



20091410.jpg
こんなんなってた。



20091411.jpg
お昼から戻ったら別の白黒になってる



20091412.jpg
暴れて~



20091413.jpg
ギャラリーに見守られながら暴れて~



20091414.jpg
入れ替わりで来た幸多に絡んで~



20091415.jpg
夜はぐっすり。



20091416.jpg
ちびの顔よ。


遊んで食べてみんなに絡んで迷惑かけて寝て遊んで食べてみんなに絡んで
(以下エンドレス)の漱石は、ストレスフリーの猫生で楽しそうです。(笑)



ま、他のオトナチームは色々ストレスたまってそうなので

20091417.jpg


20091418.jpg


20091419.jpg


20091420.jpg

個別にそれぞれ愛情補填ケアが欠かせませんけれどもっ。



ブラッシング

  0 comments   0 trackback

漱石のおかげで最近ストレスたまりがちのちび君に


20091101.jpg
毎日ブラッシング&ヒーリングタイム。



20091102.jpg
よろこんでいただけて何よりです。



20091103.jpg
すかさず、隣の芝生青男がやってきて



20091104.jpg
一緒にブラッシング。



20091105.jpg
けんぽこもブラッシング大好き。



20091106.jpg
気持ちいいと白目になっちゃう。(笑)



20091107.jpg
元々はこのお嬢がブラッシング大好きで、毎日させられていた・・・
もとい、させていただいてたのを見てちびもやるようになったのですよね~。



20091108.jpg
そばで見ていた漱石にもやったろと思ったら



20091111.jpg
おもちゃにされた。チミにはまだブラッシングの良さがわからんかね。




そういえば、

20091109.jpg

元祖ブラッシング&マッサージ大好き男も
パピーのころは今の漱石と同じように
ブラシにかみついておもちゃにしてたな~。
1歳過ぎて落ち着くようになってから大好きになりましたけど。

なんやろう、コドモはお風呂嫌いやけど年とるにつれ温泉のよさがわかる、
的な?


毎日ブラッシング&マッサージを欠かさなかった文太は

20091110.jpg

年を取ろうが、ガンになろうが、そんじょそこらの若造には負けないぐらい
つやつやピカピカの毛並みを生涯維持していました。

ガンでもこんなにつやつやピカピカってすごいな~!
って、我ながらいつも思っていました。

ま、ブラッシング&マッサージで血行促進していただけでなくて
食事や遊びなど生活習慣全部トータルでバランスが取れていたのだと思いますが。



・・・それなのに、16歳になれなかったのって
やっぱり悔しいなぁ!