fc2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレブル文太と6にゃんず(幸多、あゆみ、ちび、健、さゆり、漱石)の楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
2020年4月29日 お空に転勤

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*

*長女:白グレー猫 あゆみ*
2017年5月18日 お空に転勤

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*

*四男:サバ白ブチ けん坊(健)*

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*

*五男:白黒ちょびヒゲ 漱石*

三回忌

  0 comments   0 trackback

文ちゃん。



22042900.jpg

文ちゃんもおかあはんも一番辛かったあの日から
今日で2年やなぁ。




22042902.jpg


22042903.jpg


22042904.jpg


22042905.jpg


22042906.jpg


22042907.jpg


22042908.jpg


22042909.jpg


22042910.jpg




文太と一緒に歩いた道。

文太と一緒に行ったお店。

文太と笑いあったこと。

あのときのあんなこと、こんなこと。


そんなことが時々頭の中でふわっとリアルに再現されて
今でも突然涙腺爆弾にやられることはあるけど、

おかあはん自分でもびっくりやけど
普段はさほど寂しくないねんな~、これが。





22042911.jpg


22042912.jpg


22042913.jpg


22042914.jpg


22042915.jpg


22042916.jpg


22042917.jpg


22042918.jpg


22042919.jpg


22042920.jpg





おかあはんは霊感とかそういうものは一切ないし

文ちゃんの声が聞こえたとか、気配を感じたとか

そういうことはこれまで残念ながら全くないのだけど、

それでも、おかあはんは知ってる。

ちゃんとわかってる。






文太は絶対に、

今でもずっとおかあはんのそばにいる、って。








22042921.jpg


22042922.jpg


22042923.jpg


22042924.jpg


22042925.jpg


22042927.jpg


22042928.jpg


22042929.jpg


22042930.jpg




おかあはんと一緒じゃなきゃ
おとうはんとですら大大大好きな散歩にも行かなかった文太が

留守番のたびに「世界一不幸な犬」の顔になっていた文太が

病院に預けた時におかあはんと離れたせいで二回も死にかけた文太が

晩年はおかあはんがちょっと数分出かけただけで遠吠えをしていた文太が
(おとうはん談)

おかあはんがいない間、何度二階に連れて来ても
冷たい玄関でじっとおかあはんの帰りを待っていた文太が
(おとうはん談)

トイレにもお風呂にもおかあはんがどこへ行くにもついて来ていた文太が

目が覚めるとまずおかあはんの居場所を確認していた文太が





ちょっと肉体から離れたぐらいで、
おかあはんから離れるわけないって。




文太とおかあはんの絆は、
肉体がなくなったぐらいで壊れへん、って。






22042931.jpg


22042932.jpg


22042933.jpg


22042934.jpg


22042935.jpg


22042936.jpg


22042937.jpg


22042938.jpg



22042939.jpg


22042941.jpg






だから、
寂しくないよ。








22042940.jpg


22042942.jpg


22042943.jpg



22042944.jpg





これからもずっと
おかあはんは文太と一緒にいるよ。













22042945.jpg




スポンサーサイト



文太の夢

  0 comments   0 trackback

二年前の今頃。

22031801.jpg
元気に歩いてたんだよね~。



22031802.jpg
カートに乗せると「おろせー!」って言ってたな~。



22031805.jpg
あの頃、正直「16歳は余裕やな!」って思ってたのにな~。




ここ数日、毎日文太が夢に出てきてくれます。

文太が旅立って最初に見た夢は今でも忘れないのですが、
どこかに旅行に行っていて、宿についたらそこの主人に
「そこの部屋(和室の座敷)は絶対に開けないでくださいね。」
って言われていました。

そうなると鶴の恩返し理論(←なんやそれ)で開けたくなるのが人間の心情。
「ちょっとだけのぞいたろ。」ってこっそりのぞいて見ると
なんとそこには文太とあゆちゃんがイチャイチャしているではないですか!
(まだちびが生きていたころの夢なので)

びっくりしてふすまをババーンと開けて
「文ちゃん、あゆちゃん、こんなところにいたん!?」
っと、感動の再会・・・

にはならず、文太は
「やべ。バレた。」みたいな顔。
(あれはまさしくうんこを食べているのを現行犯で見つかった時の顔ですわ!!爆)

なんかわからんけど、ここで会えてよかった~!
って喜んだ夢でした。




22031806.jpg
おねだり。



22031807.jpg
ゴキゲンおでかけ。



22031808.jpg
ちょい足伸ばし散歩。



22031809.jpg
おべんと休憩。


22031810.jpg


22031811.jpg


22031812.jpg


22031813.jpg
これ、完全にフライングじゃね?(笑)



22031814.jpg





最近見る夢は、特に何の変哲もない日常。

散歩に行って、帰ってきて、足を洗って抱っこしながら足ふいてついでに足もみもみして
抱っこした時の文太の13キロの重さがものすごくリアルで。


22031821.jpg
がんばって歩いた後、抱っこで足ふきふき&もみもみタイム。



22031822.jpg
気持ちいいのか、いつもグーグーいびきかくぐらい寝ちゃってたんですよね~。




日常の夢過ぎて、昨日は病院に行って、病院のあちこちでおしっこしてしまって
すいません、すいません、と謝りながらおしっこ掃除する夢でした (^^;)
(病院の中でおしっこもらしたことはないんやけどな~。笑)




22031815.jpg
犬ってなんで年寄りでもこんなにかわいいのかな~?ずるいな~。
(いや、猫もかわいいけど。)



22031816.jpg


22031817.jpg
夜のおたのしみタイム



22031818.jpg
これ、本当に亡くなる前日まで毎日やってたんですよね~。



22031819.jpg


22031823.jpg
こんな目ぇキラッキラのジジィ、ほんまずるいな~。



22031820.jpg
この光景もなつかしいな。



夢でも会えたらものすごくうれしくて
朝目覚めたときはとても幸せな気分で満ち溢れているのですが
夢の中の私は特に「文太に会えたー!!」とかじゃなくて、
いるのが当たり前のようにいつもと同じように接しているのですよね。


それは多分、今でも文太は私の中でずっと一緒にいて
毎日片時も離れずいつも一緒に過ごしているから
私にとっては文太の存在が『特別なこと』ではないのかな~、
と思ったりして。



22031824.jpg
今でも毎日一緒に散歩しています。



22031825.jpg
お散歩大好きやったもんね。



22031826.jpg
最期の日、約束したもんね。



22031827.jpg
これからもずーっと一緒やって。



22031828.jpg
一緒にいろんなとこ行こうって。



22031829.jpg
時々ランチ。



22031830.jpg
こんな写真をニヤニヤしながら撮ってるおばさんを万が一滋賀県で見かけたら、
そっとしといてください☆




22031803.jpg

老いてなお可愛さがどんどん増していると思っていた私のソウルメイトは、
死してなお愛おしいです。





やっぱり夢で会えるのはうれしい。

けど、どうせなら、夢の中までおしっこ掃除は勘弁してくれぃ~(笑)


22031804.jpg



特別な才能を持つ「天才犬」

  2 comments   0 trackback

先日、ナショナルジオグラフィックのサイトに載っていたこちらの記事。
天才犬はいる わずかな犬に特別な才能、起源不明

犬が物の名前を理解する能力を解明すべく
ハンガリーのエトベシュ・ロラーンド大学で犬の認知力を研究するクラウディア・フガッツァ氏が
さまざまな犬種34匹の飼い主に対し、愛犬に2つのおもちゃの名前を教えてほしいと依頼し
犬と遊びながら与えられたおもちゃの名前を覚えさせてみたところ、
34匹のうち覚えることができたのはボーダーコリー1匹だったそうです。

残りの犬はどの犬種もひとつも名前を覚えなかったそうで、このことから
「才能が特別なものであることを意味している」と結論づけられ、
その実験結果の論文が学術誌「Scientific Reports」に発表されたそうなのですが、
この結果に、めちゃくちゃびっくり!!



なぜかというと、文太はものすごくいっぱいおもちゃを持っていて
(まぁ、私が与えたんですけれども)
そのひとつひとつにいつも名前をつけていて遊ぶときには名前を呼んでいたので
「どれ」が「誰」か文太は完璧に覚えていたからです。


その証拠をご覧いただこうではありませんか!


2010年7月、文太6歳のときの動画。



このころいつも遊んでいたソーセージのおもちゃ「セージ君」を取ってきます。



「え?たまたまでしょ?」と思った方にもうういっちょ。





それでも、「え?たまたまそこにあったおもちゃを拾っただけでしょ?」
と思われた方にダメ押しのもういっちょ。



色々おもちゃがある中から「セージ君」を選んで持ってきてますでしょ!?



こんなこと私と文太の間では日常茶飯事過ぎて動画を撮るということをしていなかったので
証拠動画は今となってはこれしかないんですけど、
普通に「〇〇ちゃん、取ってきて。」 → ○○取って持ってくる
ということを昔は(耳が聞こえなくなるまでは)当たり前のようにやっていました。




もうひとつ、文太が言葉をよく理解していたのがわかる動画。





なんで「赤」が好きかというと、

21073001.jpg
「赤い君」という名のおもちゃおともだちがいたからなんですが(笑)



上の記事で、世界で最も賢い犬(=ボーダーコリー)は1022個もの名前を覚えていたそうで
さすがに1000個もは覚えられないと思うし、
文太の場合は与えられたおもちゃがお気に召さず興味がなければ覚えないと思うけど、
「おもちゃの名前を覚える」ということが特別な才能ならば、
文太って一握りの天才犬やったんか!?と今更ながらに思います(笑)



耳が聞こえなくなるまでは、文太とは本当に普通に「会話」が成り立っていたんです。
(私が人間の言葉、文太がボディランゲージの「犬語」で、ですけど。)

ちゃんと毎日意思疎通ができていたので(パピーの頃除く)、
「犬は(猫も)言葉を話せないから…」って、不便を感じたこともありません。


逆に、おとうはんとの会話の中でうっかり「お出かけ」とか言ってしまった日にゃ~
興奮して大変だったので、「『明日』行こうな。」という『明日』の概念を教えました。

そしたら、「明日お出かけ」の約束した翌日は「今日?今日やんな?お出かけやんな!?」と
いつもはそんなことないのに朝から興奮して大変で、用意をせかされたもんです。

我ながら『明日』がわかってるってすごいな~、といつも感心していました。


そこまでほぼ完ぺきに私の言うことを理解していたからこそ、
耳が聞こえなくなってから私が何を言ってるかわからなくなって
不安で四六時中付きまとうようになったんやろなぁ~
と思う。
(最低限の『会話』ができるように、耳が聞こえなくなってから
文太と一緒に手話を覚えて手話で会話してましたけれども。)



いやぁ、それにしても久しぶりに動く文太を見たら泣くわぁ。(笑)←わろてる



おもちゃつながりで、文太のおもちゃコレクションの一部をご紹介。



21073002.jpg
ありすぎやろ。



21073003.jpg
マックのハッピーセットのおまけ。文太のためにハッピーセットせっせと食べてたな~(笑)



21073004.jpg
かなりお気に入りだったぷぴぽちゃん。



21073005.jpg
大きいのはへこへこの餌食にされます。



21073006.jpg
ぶたくん。



21073007.jpg
ブルちゃん。



21073008.jpg
コギさん。



21073009.jpg
パンダちゃん。



21073010.jpg
再びぷぴぽちゃん。



21073011.jpg
お出かけのときは一緒に連れていっていました。



21073012.jpg
たまに洗濯すると、見つかったら大変。



21073013.jpg
文太にかまれて鼻が曲がってしまってるぱにお先輩。



21073014.jpg
ろーぷちゃん。



21073015.jpg
おもちゃじゃないけど、ペットボトルも好きやったな~。



21073016.jpg
寝落ちしているおとうはんに色々献上。



21073017.jpg
おともだちからいただいたのも色々あります。



21073018.jpg
わんこさん。これは後々ちび君もよく遊んでいました。



21073019.jpg
ぼーるちゃん。



21073020.jpg
天日干し中のおもちゃたちを物色。



21073021.jpg
あおい君。



21073022.jpg
仕事中にあれこれ持ってこられて、「今はアカンわぁ」って言うたらこの顔。



21073023.jpg
ソウルメイトのバブルス。



亡くなる前日までおもちゃで毎日遊んでいました。

今はまだ大量に残っている文太のおもちゃを
一周忌が過ぎたら厳選して残して他は処分するつもりだったんですが
ひとつひとつに想い出がありすぎて、やっぱり捨てられないんですぅ~~~。





●2021年8月3日追記●
コメントでご質問くださったメイさま、
そうなんです、あの牛は「モー」って鳴いた後にゲラゲラ笑って
動くぬいぐるみです(笑)

今更ながら文太の偉大さに気付いたこと

  0 comments   0 trackback

一昨日のちびの話に関連してですが、
なかなか食べてくれない(いや、食べてることは食べてるけど、
私の食べてほしいものは食べてくれない)ちびを見ていると
今更ながらに「文太ってほんまにすごかったんやなー。」
と思わずにはいられないのです。

食べてくれないちびが悪いということではなくて、むしろそれが普通で(特にネコ様は。)
文太が偉大過ぎたんやなぁとしみじみ思う今日この頃。



どんどん元気がなくなっていった腫瘍摘出手術前だけはさすがに食欲は落ちていて
飼い主のおねだりはしなくなっていたし
のどにできたしこりのせいで食べづらそうにはなってきていたけど
それでも自分の分は全部しっかり喜んで食べてくれていたし

21020301.jpg
手術の前日、いちごを食べる文太



なんと言っても、手術の翌日、お水を飲んだだけでむせるし
おそらく痛みのせいで「ぎゃーーーっ」って悲鳴のような声をあげていたのに

21020302.jpg
「もっとくれーーっ!!」って催促してたなぁ。

文太にとっては
痛み <<<<< 食欲
やったんやろなぁ~。この辺りがすごすぎる(笑)



21020303.jpg
手術の二日後には主ねだりも再開。
(この頃文太につきっきりでごはんを作るヒマがなくてこんなものばかり食べてました。笑)



21020304.jpg
術後4日目には日課だったコングも再開(コングの中にはおやついっぱいなのでね)。



21020305.jpg
6日後にはお花見で文ちゃん弁当もいっぱい食べたし



21020306.jpg
それから、どんどん食べて



21020307.jpg
食べて



21020308.jpg
食べて



21020309.jpg
お薬もサプリももちろんおかあはんごはんも食べてほしいものは全部食べてくれて




21020310.jpg
とうとう「これ以上太ったらダイエットせなアカンかも (^^;)」
っていうぐらいまで体重も増えて



21020311.jpg
完全に「生きるために食べて」いるんじゃなくて「食べるために生きて」いたけど



21020312.jpg
それですっかり元気になってくれた文ちゃんは



21020313.jpg
やっぱり偉大やったなぁ、って今更ながらに思う。




21020314.jpg
おかあはん、そんな文太のことを心から誇りに思うよ。







文ちゃん。





21020315.jpg
今度は漱石じゃなくて、ちび君の中に降りてきて、いっぱいごはん食べたげてー!!








21020316.jpg


21020317.jpg


21020318.jpg


21020319.jpg




防寒コート

  1 comments   0 trackback


先日、パオ家で三年ぶりに再会したdouxちゃんが
文太のコートを着てくれることになったという話を書いたのですが、
再会してすぐに亡くなったというとてもとても残念なお知らせがあり・・・。

結局文太コートは一度も着ないままだったのと、
同居姉妹のパニちゃんやもずくちゃんには大きいということで、
気を遣って返してくださいました。


21011201.jpg



前にも書いたのですけど、他の服は差し上げるほど良い物ではないし
しかもよく着ていた服はまだ洗濯すらできないぐらい思い入れがあるのですが
この超暖かいコートだけはこのまま眠らせておくのは惜しいのですっ。


今年はこんなに寒い日が続いているし、重宝すると思うので
どなたかもらっていただけませんでしょうか?



推しポイント☆

21011202.jpg


21011203.jpg


21011204.jpg


21011205.jpg


21011206.jpg


21011207.jpg
頭からかぶって、胸当てのバックルで留めるだけで着脱簡単。



21011208.jpg
ただし、うんこの時はめくらないと服に付いちゃう可能性大(^^;)



21011209.jpg
Tシャツタイプの服なら重ね着もできます。雨・雪・風も防げる素材です。




フィンランドのドッグブランド、フルッタの「エクストリーム・ウォーマー」というコートです。





差し上げるにあたり、まず大前提に「サイズが合うわんこ」になるのですが
上の写真をクリックしたらリンク先のサイトに詳細が載っていますが
サイズは「40」です。

フレブル用というわけではないので、胴回りが合えば他の犬種でももちろん大丈夫。

むしろ、文太は胴長フレブルなので丈もこれで大丈夫でしたが、
アメリカンタイプの胴が短くてガッチリタイプのフレブルさんには
逆に丈が長すぎる可能性もあります。(多少なら後ろのヒモで調節はできます。)

文太のサイズは下記の通り
 体重:13キロ前後
 首回り: 42センチ
 胸回り(胸の一番厚いところ):64センチ
 胴回り(ウエストの細いところ):52センチぐらい?(←これはちょっとうろ覚え)

実は一度一回り小さいサイズ35を買ったけど、バックルがきつくてはめられなくて
40に替えてもらいました。

ある程度は調整ができるので厳密にこのサイズでなくても大丈夫ですが
大きすぎると入らないし、小さすぎるとコートが歩いてる感じになります。


できれば、
*文太と同じく闘病中でも元気にがんばるわんこさん 
もしくは
*10歳以上でも元気にがんばるシニアわんこさん

に応援の意味も込めて差し上げたいと思っております。



文太のお古でもいいから着てやるよ、という方がいらっしゃいましたら
是非ご連絡ください。

メールはこちらから → 
(お名前はとりあえずハンドルネームで大丈夫です。)

メッセージ欄に下記を書いてください。
①犬種
②年齢
③性別
④体重(一応の目安にしたいので、大体で大丈夫です)


応募多数の場合は抽選や早い者勝ちではなく、
「がんばっている度」の高いわんこさんに厳選して差し上げたいと思いますので
アピールポイントを書いていただけると嬉しいです☆


応募締め切りは今週の日曜日(1/17)ぐらいにしようと思っておりますので
気になる方はメッセージをお願いいたします♪
(万が一応募が殺到したら早めに締め切るかもですが・・・)



21011210.jpg


21011211.jpg


21011212.jpg


21011213.jpg


21011214.jpg


21011215.jpg


よろしくお願いしま~す!