FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

ずるい。

  0 comments   0 trackback

毎晩毎晩

19110101.jpg
手を変え



19110102.jpg
品を変え



19110103.jpg
しつこく



19110104.jpg
しつこぉ~く



19110105.jpg
思いっきり遊んだ後の



19110106.jpg
この満足そうな笑顔寝顔。


まったく、犬ってやつは(猫ってやつも)
ジジィになっても、どんなにやりたい放題でも
かわいいんだから、ずるいなぁ、もぉ!


犬靴レビュー

  0 comments   0 trackback

文太は二年前の秋頃から足を引きずるようになり、
犬靴デビューをしました。

はじめはどんなのがいいのか全然わからなかったし
色々買ってみて試行錯誤の上、今の靴にたどり着いたのですが
ご参考までにその歴史をちょっとご紹介します。


最初に買ったのは靴下タイプのもの。
19103001.jpg
足先が防水生地になっていて、上の方はポリエステルの靴下タイプなので
脱ぎ着がしやすくフィット感もまぁまぁ。



19103002.jpg

歩いているとずれてきていつの間にか脱げていたことが何度かあったんですが、
2代目から滑り止めのマジックテープが着いていたので、その問題もクリア。
(なぜか最初に買ったのにはついてなかった)

お値段も4個で2千円足らずだったので、破れても気軽に買い換えられたので
結構長く愛用していました。

ただ、防水とは言え雨が降ったり雪が積もったりするとびっちょびちょになります。


フィット感 ★★★
はきやすさ ★★★
丈夫さ ★★
防水  ★
コスパ ★★★★★



犬靴デビューをした2017年秋~2018年冬はものすごく寒くて雪も多かったので
防水機能に長けているものを探して買ったのがこれ

19103003.jpg
文太のハーネスと同じメーカーでフィンランドのブランドのフルッタの靴。

さすがというかものすごくしっかりしているのですが、
まず、サイズがぴったりのがない。

文太の足幅は4.2センチぐらいなんですが、
一番小さいのが3センチでその次が5センチ。

人間の靴でも2センチも違ったら全然合いませんよ!?
いや、2センチどころか0.5センチでもフィット感は全然違うというのに。


まぁ、とりあえず3センチは入るわけないので5センチのを買ったら
19103006.jpg
案の定ぶかぶか。



19103009.jpg
中に靴下をはいてちょっとましにはなりましたけど。


あと、やたら生地がしっかりしているからこそある問題が。

ごらんのように平べったい作りになっているのですけど、
当たり前ですけど犬の足って角度がついているのですよ。

19103004.jpg
足を入れてみるとこんな感じになるわけで。フィット感ゼロ。



19103005.jpg
それと、マジックテープがついているのですが、足首に合わせて締めると余る、っていう。



19103007.jpg
実際にはくとこんな感じ。この靴が一番歩きにくそうでした。




19103008.jpg
でも、さすがに防水は抜群で、雪の中(無理矢理)歩いても足は濡れていませんでした。



フィット感 (☆なし)
はきやすさ (☆なし)
丈夫さ ★★★★★
防水  ★★★★★
コスパ (☆なし)





で、濡れなくて足にフィットするのはないんかい?と探して見つけたのがこれ。
19103010.jpg
柔らかい合皮の靴。



19103011.jpg
ちゃんと角度が付いています。これこれ、フルッタさん、こうしてほしかったわぁ~。



19103012.jpg
裏は滑り止めもついています。



19103013.jpg
一番人間の靴の構造に近いかも。



19103014.jpg
見た目も一番「おしゃれで履いてます」感が。
(いや、おしゃれで履いてるわけじゃないんですけど。)

どこで買ったか覚えてないのですけど、値段も靴下タイプと同じぐらいで
そんなに高くなかったと記憶しています。

ただ、生地が薄いので破れやすいかも。
(結局そんなに履きつぶすまで履いてないのですけど。)


フィット感 ★★
はきやすさ ★★
丈夫さ ★
防水  ★★
コスパ ★★★




靴ではないのですが、おとうはんが展示会で買ってきてくれた
「アニサポナックルン」というサポーター。

19103015.jpg
足を引き上げるサポートをしてくれるというもので、文太のように足を引きずる子にはもってこい!



19103016.jpg
・・・と思いきや、引きずることに変わりなく

おまけに歩いているうちにずれてきて気がついたら「ずる剥けになっとるやないか!!」
ってことが結構ありました。


ただ、人間のサポーターと同じで、足首に関節炎のある文太的には痛いのがましになるようで
なんとかずれないようにできないかなぁ?と靴下をはいた上につけてみたんですが

19103017.jpg
結局ずる剥けになっとるやないか!!


・・・残念。
でも、散歩には向かなくても家で着けている分にはいいかも。



で、たどりついたのが同じくおとうはんが展示会で買ってきてくれたこれ。

19103018.jpg
おさんぽソックス(1セット2個入り)


最初は「ゴムかぁ~」と思ったのですが、触ってみてびっくり!

19103019.jpg
めちゃくちゃ伸びます。触り心地がヌーブラみたいな感じ。



19103020.jpg
フィット感抜群!もうこれを上回るものはない!!ってぐらい。



19103021.jpg
歩いていても全くずれないし脱げないし、弾力もあって本犬も歩き心地がすごくいい感じ。



19103022.jpg
裏には滑り止めがついているので滑りませんし、雨でも濡れません。
(が、雪や路面が凍っているときは滑りますので、北国の方はご注意を。)



19103023.jpg
ただ、引きずって歩くとどうしても削れてきてしまい



19103024.jpg
半年ぐらい?で穴があきます。

言い換えれば、靴を履いてなければこれだけ足が傷つくところを
靴が守ってくれてるのかと。


値段も安くはないので(一足=2個で3300円)コスパは落ちますが
それでも、もうこれ以外は履けない、っていうぐらいお勧め。
「どれがいいですか?」って聞かれたら、もうこれ一択。
(ちなみに、文太はSサイズを履いています。)


フィット感 ★★★★★
はきやすさ ★★★★★
丈夫さ ★★
防水  ★★★★★
コスパ ★★




靴を履いて歩いているとほぼ確実に
「え?靴履いてるんですか?」って変な顔をされたり
「靴履いてる-!」って笑われたりします。

歩くところを見れば「ああ、足引きずってるからか。」ってわかってくれそうなものなのに
まだ笑われるかー。と正直残念な気持ちになることもあるんですが
犬の世界も健康意識が高まってますます長寿になってきている今日この頃。

シニアや足の悪いわんこの足を守るために、犬靴が当たり前になることを祈って
犬靴デビューを考えておられる方に、参考になれば嬉しいです。



19103025.jpg



ガンでも元気な15歳

  0 comments   0 trackback

19092701.jpg
今朝もゴキゲン散歩。



19092702.jpg
からの~帰りはやっぱりバランス立ち筋トレ(笑)



19092704.jpg
朝も~



19092703.jpg
昼も~



19092706.jpg
夜も~



19092707.jpg
手を変え



19092708.jpg
品を変え



19092709.jpg
時には机にあるのを強引に奪って



19092710.jpg
毎日元気に遊んでおります。



19092705.jpg
ま、昼間はほぼ爆睡しておりますが。



こう見えて(?)ガンなので、定期的に病院に行っているんですが
先日フレンチを連れた方と待合室で隣になり、ちょっとお話をしていて
「何歳ですか?」って聞かれて「15歳です。」って答えると

「え゛っ!?」

って、ものすご~~~~くわかりやすく絶句されました。(笑)

で、その後「元気ですねー!!」って言われたんですが、
これ言われるととてもとても嬉しいんですけど、返事に困るんですよねぇ。

「元気なんですけど、ガンなんです。」

て言おうかどうしようかと。


文太がもしまだ5歳ぐらいだとして、15歳の先輩フレブルさんに会ったら
「15歳だけど元気。」 っていうのと
「ガンだけど元気。」 っていうのと
どっちが勇気と希望をもらえるかな~?と思ったりして。


自分もそうだったんですが、やはり「ガン」だと最初にわかったとき
覚悟はしていたとは言えものすごくショックでした。

「ああ、もうすぐお別れなんやな。」と思いました。
これから文太が直面するであろう困難を考えて胸が痛みました。



でも、今はこの通り、「ほんまにガン?」っていうぐらい元気です。
抗がん剤もへっちゃらです。


文太に、ガンでも楽しく過ごせるということを教えてもらいました。
「楽しく過ごすこと」が何より一番効く薬だと言うことも教えてもらいました。


そして、

ガンは『死刑の宣告』ではない

ということを教えてもらいました。




いつも文太のブログをご覧いただいている皆さんに、
こうして「ガンでも元気な15歳」の文太の姿をお見せすることで
ほんの少しでも勇気と希望を与えられたら
いいな~と思っています。




ハーネス新調

  0 comments   0 trackback

先日、文太のハーネスを新調しました。

文太は首輪を売っていたドッグフェイムの営業部長でもあり
首輪の方が意思の疎通がしやすかったのでずっと首輪派だったのですが、
ちょうど首輪の位置に腫瘍ができ、今年の2月にハーネスに変えました。

そのときは何しろ体の他の部分に触れられるのも痛い感じだったので
とにかく「首元にヒモや当て物(?)がこないこと」と
「体に触れる面積ができるだけ少ないもの」を基準に選びました。


今まで使っていたのはこれ↓




ヒモタイプのハーネスはぐいぐい引っ張る元気な若者フレンチには
胸部を圧迫するので全くおすすめできませんが、
文太はこの年でひっぱることはほぼ100%に近い確率でないし
とにかくついてりゃ~ええ、っていう感じだったので
これはこれで私の意図通りでした。


が、しかし。

最近ちょっと歩き始めとか何かの拍子に足元がふらつくことがあって
本犬がひっぱることはなくとも私が「あぶない!」とぐいっと補助したいときがあって
そうなると結局ひっぱってますやん!胸部圧迫しますやん!ってことで
もっとがっちりしたいのがほしいな~と思いまして。


後々のことを考えて、いっそのこと介助ハーネスにしようかとも思ったのですけど
歩行補助ハーネスってもういかにもみたいな感じ
いやいや、まだそこまで本気で必要なわけじゃないしな~、と。


で、いろいろ探してたどり着いたのが、
【送料無料】フィンランドのドッグブランド Hurtta【フルッタ】 トレイルハーネス Sサイズ
↓↓↓



介護用では全然なくて山歩きなどアウトドア用で
専用の荷物入れみたいなのもつけられるんですが
(いや、つけませんけど。)
少し大きめで止めるところが首の下、胸、お腹、の3カ所あって
背中部分にはハンドルもあってちょうどいいんでないの!と。

こちらのモデルのワイマラナーさんもなんかかっこいいな!
と思ったけど、画像検索してみてもゴールデンとかラブとかボーダーコリーとか
大型犬ばかりでフレンチが出てこず(中型・大型犬用なので大型犬が多い感じ)
フレンチだとどんな感じになるのか全然想像できず・・・

ま、色々自分の条件がそろっていたので、これでいっか!とポチったのですが
実際文太につけてみると・・・

19091701.jpg
でかっ!!(ちなみに、リードは前後ろ両方つけるところがあります。)



19091702.jpg
改めてフレンチはずんぐりむっくりだったということに気づき
なんやろう、モデルのわんこたちと全然イメージ違う(^^;)



19091703.jpg
そこはかとなく漂うソルジャー感・・・。


商品が届いて最初見たとき返品しようか真剣に迷いましたけど、
もの自体はものすごくしっかり作られていて
長さ調節するとちょうどぴったりでいい感じになったので使うことにしました。

それでも文太はフレンチとしては胴長なのでちょうどでしたけど、
胴が短いコンパクトなアメリカンタイプのフレンチさんには大きすぎるかも。



19091705.jpg
じゃ、はりきって行ってみよう!



19091706.jpg
家で見たときは「う~ん。。。」と思ったけど、外で見たら案外いいかも?



19091704.jpg
ソルジャーさん、かっこいいんでないの?(笑)



19091708.jpg


19091709.jpg
こういうゆるやか~な階段も



19091710.jpg
はい、この通りちょい補助で行けま~す♪



19091707.jpg
機能第一でよしとしよう!



ただ、真夏はちょっと暑いかも~。




文太のトリセツ

  0 comments   0 trackback

19091201.jpg
やっと窓から涼しい風が入るようになったーーー!!!



19091202.jpg
やっと散歩が快適になったー!!!



19091203.jpg
やっと終日エアコンなしで生活できる日が復活したーーー!!!




昨日までエアコンなしだと湿度80%とかだったのに、今日は45%。
むしむししてないってこんなに快適なんやな~。


そうなると、快適すぎるのかなかなか起きなくなる長老。

19091204.jpg
こう見えて爆睡中。


いつもは11時半ぐらいから昼ご飯の催促をずーーっとされているんですが
今日は11時半に一度起きたけど、「もうちょっと待って-。」というと
二度寝したまま12時半近くになっても全然起きず。




この通り、全く起きる気配なし。


そうなると無理矢理起こすのもかわいそうだし、
かと言ってもうぼちぼちごはんを食べないと遅くなるし。

文太に自分で起きてもらうためにはどうすればいいかな~?
と考えた結果、やっぱり食べ物やな。

と、ササミを近づけてみると・・・




見事にニオイですぐ起きて、躊躇なく食べました~(笑)
さすが文太。




☆うちにゃん更新しました
猫バンバン、裏目にでる