FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

変形性関節症

  0 comments   0 trackback

先週予告していました(?)文太の関節炎の件です。


何度かブログでも書いているのですが、まず大前提に文太は
股関節形成不全
*膝蓋骨脱臼(グレードI~II)
*背骨の奇形と椎間板の異常

(文太に限らず、フレンチにはほぼ100%背骨に何らかの異常があると言われています)
のトリプルパンチの症状があることが若い頃に発覚しています。

それゆえに、なんとしてでも散歩大好きな文太から歩くことを奪うわけにはいかない、
とマッサージの勉強を始めたことも何度か書いています。

そして、その甲斐あってかちょくちょくスキップなどは見受けられるものの
大事には至らず、普段の生活には全く支障なく過ごしてきました。

それが12歳の冬から「なんかちょっと調子悪いかなー?」と思うことが増え
グルコサミンとオメガ3脂肪酸のサプリ(アンチノール)を始めました。

13歳の冬にはとうとう足を引きずるようになって、犬靴デビュー
ただ、関節の可動域は正常で関節炎はそんなにひどくなく
どちらかと言えば神経疾患が原因かも、と言われていました。
(「老犬の足のひきずり」参照)

関節炎は冷えが大きく関係しているので、毎年冬になると顕著に
「今までより一段階悪くなる」という現象が起きています。

そのため、マッサージや温灸などで対応してきたのですが
今年に入っていよいよスタスタ歩き(速歩)が全くできなくなり
ずっとノロノロ歩き(側対歩)になりました。
(「足の調子がいいとき、悪い時」参照)


そのときに、一度ちゃんと専門の先生に診てもらおうかな?と思って、
理学療法やリハビリ科のある病院を探してみたのですが
どこの病院もリハビリをするとなると大体専門の先生やスタッフによるもので
「朝預かり、夕方お迎え」なのですよね・・・。

いやいや。預けられへんし。死ぬし。(^^;)

じゃー、もう自分でやってしまおう。


と、今までの健康マッサージじゃなくて、理学療法レベルのマッサージを習得すべく
獣医さん向けの本や手技のDVDをいろいろ大枚はたいて買って
さー、本格的に勉強するぞー!と張り切ってやり始めた矢先に
死ぬ死ぬ詐欺・・・じゃなくて、ガンになりました。

もう、そうなると一気に「死なない病気」はどうでもよくなり
全神経を集中させて今度はガンの勉強。
(と言っても、色々本を読んで必死に自分のできることを探っただけですけど。)


おかげさまで、まんまと死ぬ死ぬ詐欺にひっかかった・・・じゃなくて、
抗がん剤治療中とは言え闘病中の悲惨さとは無縁の生活ができるまで回復し
ただの元気なジジィに戻ったら、今度はまた「死なない病気」が重くのしかかってきた、と。



今までは冬になって寒くなると一気に悪くなる感じだったのですが
ここ1ヶ月ぐらいでぐんと足の調子が悪くなってきた気がしていました。


何を基準にそう思ったかというと、まずは立ち方。

19080201.jpg

何気なく撮った写真なのでちゃんと写ってませんが
腰が落ちている(かかとが下に着きそうになっている)のがおわかりいただけるでしょうか。

こんななんか変な立ち方をしてることがよくあるのです。
(いつもではない。)



次に、足首にたまった水。

19080202.jpg

これは去年の9月に初めてできたものですが、そのときは消炎剤を飲んで少しましになったものの
結局その後ちょっと大きくなったり小さくなったりしながらずっと残っていました。

そんなにひどくはなっていなかったし、毎回消炎剤を飲むのもイヤなので
とりあえず様子見だったのですが、それがここ数週間でものすごくふくれてきました。



そこで、関節炎が進んできたんかなー?と可動域を計測すると

19080203.jpg
水がたまっている右足首よりも


19080204.jpg
何もない左足首の方が曲がらない(関節炎がひどい)という謎の現象。
(レントゲンを撮って確認して謎が解けました。)



一応、全部測ってみようと体中の関節を曲げたり伸ばしたりして確認したところ

19080205.jpg
左手首は普通なのに



19080206.jpg
角度計を使うまでもなく、右手首がこれだけしか曲がらないことが発覚。

そう言えば、ちょっと前から歩いているときに右手がつまずきやすいことが気になっていて
改めてこれが原因か、と腑に落ちました。



これだけ関節炎の状況証拠(?)がそろったので、
ちゃんと診てもらおうとレントゲンを撮ってもらったというわけで。



19080207.jpg
まずは、曲がらなかった右手首。

関節の端っこのところ(緑の矢印のところ)に骨棘(こっきょく)ができています。

骨棘とは、読んで字のごとく関節にできるトゲのようなもので、
関節炎がひどくなると軟骨がすり減り、それを補おうと過剰に骨が増殖してしまい
トゲ状のものができてしまうことです。

これができているということは、ただの関節炎ではなく
「変形性関節症」になってしまっているということです。

文太が元々持っている股関節形成不全や膝蓋骨脱臼も
変形性関節症の原因になります。



19080208.jpg
そして、その骨棘が左足首にも。水がたまっている右足首にはできていません。
(だから、左足の方が曲がりにくかったのかと。)


これだけ数カ所に関節炎が起きている(多発性関節炎)ので、
炎症性(感染性)の可能性もあり、血液検査でCRPを確認したのですが
炎症マーカーであるCRPの上昇は全くなく、非炎症性(慢性)のものと確定。
(炎症性だと顕著にCRPの数値がどーんと上がるそうです。)



19080209.jpg
肝心の股関節と膝関節は骨棘はできておらず、前十字靱帯断裂もなく
関節炎はさほどひどくない様子。


そう言えば、今まで悪いことがわかっていた股関節と膝関節は
なんとか温存させるべく念入りにマッサージや温灸に励んでいたけど
手首と足首はついで程度でそんなに気合い入れてはしてなかったです・・・
そこで差が出たのか!?

いやいや、考えようによっては股関節と膝関節にはマッサージの効果があったわけで
努力の甲斐があっって悪くなっていなくてよかったけど。




これがわかったところで、さてどうしましょうか、という話ですが。

まずはグルコサミンなどのサプリを飲むことを勧められました。


グルコサミン・・・12歳で足の調子が悪くなり始めてからずっと飲んでたんですよね~。
でも、実は1ヶ月ほど前になくなって、「グルコサミン、いるかなー?」
とちょっと疑問に思っていたこともあって、しばらくやめていたんです。

前まではお守り代わりに飲んでいたんですが、
関節炎はグルコサミンでは効かんよーとか言う話も聞くし
「効いてる!」という実感もさほどなく、それよりも何よりももっと現実的な理由・・・




あのですね、ガンになってからですね、、、



諭吉があっという間にどんどん飛んでゆくのですぅ~ ・゚・(つД`)・゚・

治療費もですけど、ガンのサプリも色々飲んでいるので、
諭吉とさよならする速度がえげつないのですぅ~ ・゚・(つД`)・゚・


ガンのサプリは「もしかして、これのおかげで元気なんじゃ?」
と思うぐらい、効いてる実感があるのでやめられないし
効いてるかどうかわからないグルコサミンよりガンのサプリにお金を使いたい。

そこで、「グルコサミンはなくても大丈夫じゃね?」と思ってやめてしまったら
関節炎がひどくなり、そこで初めて「効いてたのね・・・。」と気づく、っていう。

悪くなった原因がずっと飲んでいたグルコサミンをやめたからなのかも
と思うと文太に申し訳ない・・・。

グルコサミンも効果があるとわかったからには、そこにもお金は惜しみませんよー!
(スマホ買い換えたかったけど、あきらめるよーっ!)



というわけで、病院で先生おすすめの「ダスクイン」というサプリを飲み始めました。
(市販されてなくて、動物病院でしか売ってないようです。)

19080210.jpg
1円玉より大きいっ。



19080211.jpg
けど、手で簡単に割れますのでふたつに割って



19080212.jpg
ほれ!(ばりばり噛みます)



19080213.jpg
残りの半分もっ!!


胃に入れば何でもいい文太には食後の楽しみができたようです。(笑)



ちなみに、関節炎には抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸のサプリも効果的なんですが
オメガ3脂肪酸はガンの治療にも欠かせないので、それはずっと続けています。

前まではアンチノールを飲んでいたのですが、今はそれよりももっと安くて
オメガ3脂肪酸の含有量が10倍ぐらい多いクリルオイル(南極オキアミ)を飲んでいます。



マッサージやストレッチは関節炎を「治す」ことはできないけど
少なくとも痛みを軽減することはできるし、これ以上ひどくならないようにもできるので
もう一度買い込んだ本を引っ張り出してきて、勉強し直そうと思います。
色々かわいらし困るジャマが入るので大変なのですけど・・・笑)



張り切りすぎた代償?

  0 comments   0 trackback

日曜日の朝散歩帰りに足を洗って拭いているときに
また見つけてしまいました・・・。

ぷくっとな
右足首の辺りになにやら膨らみが。
触った感じ、しこりではなくてぷにゅぷにゅしていて水がたまっている感じ!?



早速病院に行って診てもらうと、やはり水(関節液)がたまっているっぽいと。

おそらく、何らかの原因で足首の関節に炎症を起こしていて関節液が過剰に出ている、
人間で言うところの「膝に水が溜まる」のと同じ現象が起きていると思われるとのこと。

炎症が起きる原因と言えば、やはり前日宇治で張り切って歩きすぎたことか!?(^^;)


時間的にはいつもの散歩と同じぐらいの30分ぐらいしか歩かせていないのですが、
ちょっと前から右足のひきずりがひどいなーと思う日が多くて
それでもゆっくり歩いている分にはよかったんですけど
スタスタ歩いているのが仇となって、より引きずりが足首に負担をかけてしまったのかと。
(あくまでも素人の考察ですが。)

本犬が痛がってくれればいいんですが、嬉しくてドーパミンが出て
痛さも全く感じなかったのか、はりきりすぎちゃったのですよねぇ。


とりあえず消炎剤の薬を5日分もらって、それで様子を見てみましょう、
ということになりました。


しばらくはあまり無理をしないようにしなければいけないんですが
かといって、全然歩かない(足を動かさない)と、筋力が落ちるので
加減が難しいところです。



歩きたいしー
文ちゃんは歩きたがるしなー。



よし
寝て治そう。



ヒトもイヌも年を取るといろいろあるよね~。
(ワタシも先日、起床時謎の腰痛で動けなくなっていました ^^;)


脾臓のしこり病理検査の結果

  2 comments   0 trackback

16日に脾臓にしこりが見つかり18日に脾臓全摘出
病理検査に出した結果が出ました。

なんとなくそんな気はしていたので、私にとっては「やっぱり・・・」という
予想通りの結果でした。





それは・・・



























良性でしたー!!! ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆







ああ、すいません。ちょっともったいつけてしまいました。



脾臓にしこりができたとわかったときに色々調べてみてわかったことは
脾臓のしこりには「2/3ルール」というものがあり、「脾臓のしこりのうち2/3は悪性腫瘍、
悪性腫瘍のうち2/3は予後がきわめて悪く余命が2ヶ月~半年の「血管肉腫」である
ということです。

主治医の先生にも「もし血管肉腫なら、今後ちょっと深刻な話をしなければいけないことになる」
と言われていました。

摘出したときに確認したしこりが先生の予想よりも大きく
悪性の可能性も高いと言われていたにもかかわらず
この心配性な私がなぜだか心に全く不安がなかったのです。

「絶対大丈夫」と強がっていたわけではないし
悪性であることを想定して今後のことを考えたりもしていたのですが
それでも文太の様子を見ていると


「こんなに元気で癌ってことある???」


と、ガンであることが疑わしいことばかりだったからです。
(っという話を今日主治医の先生にしたら「元気でも癌ってことはあり得ますよー」
って言われましたけれども ^^;)



疑惑その①
乗せんな


ほれほれ
手術直後から、驚異の快復力。



疑惑その②
おっ?


いただきっ
全く衰えない、いやむしろ最近よけい旺盛になっている食欲。
(体重も変わらず。)



疑惑その③
ぴかぴかつやつや
若い頃から14歳の今でもこれまた全く衰え知らずの
自慢のツヤツヤぴかぴかの毛並み。
(毛づやは健康のバロメーターなので。)



疑惑その④
ごはん食べてやんと!


はよこっち来て!


楽すぃ~♪
毎日、毎食後に飽きもせず行われる遊び。


こんな文太の様子を日々見ていて、
たとえ悪性腫瘍だったとしても、たとえ血管肉腫だったとしても
文太なら奇跡を起こせるんじゃ?と思っていたから落ち着いていられたのかも。


結果、病理検査から帰ってきた正式な診断名は
血腫および結節性過形成(原因の特定には至らず)」
という良性のものでした。(原因は加齢性と言われているが詳細は不明)


と言うわけで、手術が無事成功したことで今後の治療の必要もなく
めでたく無罪放免!!ということになりましたー!



ただし、脾臓がなくなったことで今後一番に注意すべきことは
マダニを介して感染する「バベシア症」。

脾臓には寄生虫などで病変した赤血球を壊す働きがあるのですが
脾臓を摘出した子がバベシアになると打つ手がなくなり
ほぼ確実に1ヶ月以内には死に至るそうです。

先生曰く、バベシア症はとくに岡山以西に多いらしく
幸い滋賀では年に1回症例があるかどうかぐらいなんだそうですが
それでもバベシア症のある県に行ったことのあるわんこが
感染を広める可能性もゼロではないので
今後は通年のマダニ対策を推奨とのことでした。

脾臓が免疫の調整を担っていることから、
今後免疫力が落ちるということになるのか聞いてみたところ
普通の細菌感染などの免疫は他でまかなえるので
脾臓がなくても免疫力が極端に落ちるということはないけど
バベシアのような赤血球に入り込む寄生虫などはやはり脾臓の役割なので
そこだけは注意が必要、ということでした。


何はともあれ、良性だったから良かったとは言え、
あのまましこりに気づかずにいたらしこりが破裂して
ある日突然失血死する危険性もあったわけで
早めに気づいて破裂前に摘出手術ができて本当によかったです。


だはっ

ご心配&応援してくださった皆様、本当にありがとうございましたー!!




脾臓摘出手術当日の話

  0 comments   0 trackback

手術後2日目の今日、文太は本調子ではないものの昨日からすでに元気回復していて、いつも通りごはんももりもり食べいつもとあまり変わらない様子で落ち着いております。


手術当日、努めてあまり余計なことを考えないようにし、平常心を保つようにしていたのもあるんですが、14歳という高齢での全身麻酔で手術だったわりに実は前ほど心配はしていませんでした。(文太が若いころの方がよほど麻酔恐怖症でした。笑)

ひとつは、2年前の去勢手術(&軟口蓋切除&鼻孔拡張&歯石取り)のときに、徹底的に麻酔について調べ上げて自分の中の不安を取り除いていたのが大きかったこと。(詳しくは『全身麻酔のリスクと飼い主にできること』『より安全な麻酔のために、飼い主が知っておくこと&できること<前編>』『同<後編>』をご参照ください。)

もうひとつは、前回同様、麻酔自体よりも文太をひとりで預ける方がパニックを起こして呼吸困難で死ぬ確率が高いので(マジで。)、今回も先生&病院にわがままを聞いていただき、文太が麻酔で意識がなくなるまでと麻酔から覚めるときにもずっとそばにいさせてもらえたからです。


病院には12時ごろに行き、まずはしこりが破裂していないかどうかをエコーで再検査。前回の検査は仰向けでしたんですが、今回は立ったままでお腹を診ました。こうすることで、お腹に血液が溜まっていないかどうかがわかるそうです。見たところ破裂&出血もなさそうだということで、ほっと一安心。

そして、一昨日の血液検査では貧血を示すヘマトクリット値が少し低かったのですが、当日の再検査ではそれもあがっていたのでより好条件で手術ができるということで、これまたほっと一安心。

痛み止め&抗生剤の注射をした後、静脈点滴が一時間ほどあり、そのときもずっとなでなでしながら「文太は何もがんばることないからな。ゆっくりねんねしといたらいいよ。おかあはんもおとうはんもずっとそばにいるからな。」と笑顔でやさし~く話しかけていました。

そして14時前には一緒に手術室に入り、素人目にもウルトラスムースに麻酔がかかったのを確認した後、お任せして手術室を後にしました。

先生には、もしお腹を開いて何か他に処置が必要なことが出てきたりして相談したいことがあれば電話します、と言われていたのですが、約1時間後に「今無事手術が終わってお腹を閉じているところなので、もう少しお待ちください」と看護師さんから電話がありました。

それから30分ほどして先生に呼ばれて手術室に行き(まだ文太は麻酔がかかった状態だったんですが)、取り出した脾臓(&しこり)を見せてもらいました。しこりはテニスボールぐらいの大きさで、つるんとしていました。


先生にはいいことと悪いことを言われました。

<悪いこと>
思ったよりはしこりが大きくて(おそらく、しこり部分が胃の後ろに隠れていたのでエコーにも写らなかったのかと)、このぐらいの大きさだと悪性の可能性も高い。

<いいこと>
●けど、「うわ-、これは悪性かなー」と思う大きさのものでも、病理検査に出してみると結果良性だったことも多々あるので、望みはまだある

●破裂&出血の形跡が全くないので、たとえ悪性でも転移の可能性が低いという希望もあり(血管肉腫という血管由来の悪性腫瘍の場合、血液によって癌細胞が全身にばらまかれるため、しこりが破裂しているとかなり絶望的で獣医&飼い主泣かせの癌なのだそうです)、今後抗がん剤の治療で効果が期待できる

●肝臓はとてもキレイで、肉眼では現段階での転移は確認できず(ただし、もし悪性だった場合、転移が絶対にないというわけではない)


とどのつまり、たとえ悪性だったとしてもまだ望みはあるということで、返す返すもこの大きさで破裂もないときに摘出できたのが本当に良かったと。

お腹も全く腫れておらず、これぐらいの大きさだと立ったままの触診では胸の筋肉が邪魔してしこりに触れないので(私は文太の歯磨きついでに仰向けになっているときになでなでしていて気づきました)、獣医師でも気づくのは難しいのに、よく気づきましたねぇ、と褒められました。(もう一回自慢しとこう。笑)

いずれにしても、今後の治療方針は病理検査の結果を待ってからというお話をして、文太を診察室に連れていって家から持ってきた座布団を床に敷き、そこに文太を寝かせて麻酔が覚めるのを待たせてもらいました。

診察室に入ったのが16時前で、そこからゆーっくり覚醒するのを待ち、だんだん意識が戻って気管チューブを嫌がってはき出すようになったのが17時頃?で、チューブを抜いてしばらく様子を見ながら「これ、普通に寝てるだけよね?」といういびきをかいてる状態になった18時過ぎにもう大丈夫でしょう、と先生にも確認していただき帰宅しました。


何はともあれ、今回は文太に意識があるうちは最初から最後まで一緒にいられたので、少なくとも精神的負担をかけずに麻酔をかけられたのが無事帰ってこれた勝因かと。私たちのわがままを聞いてくださり、無事手術を成功させてくださった先生には感謝、感謝です。


あとは良性であることを祈るのみ!!


脾臓摘出手術、無事終了

  0 comments   0 trackback

本日、文太の脾臓の摘出手術が滞りなく終了、
14歳での全身麻酔に耐え、無事に目覚めてくれて家に帰ってきました!

とりあえず、第一関門突破!!
今日は一緒にゆっくり寝ます。

手術の詳細はまた後日。



応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!