FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

15歳6ヶ月、腫瘍摘出手術後7ヶ月

  0 comments   0 trackback

文句なしの快晴だった土曜日、

19110401.jpg
約7ヶ月前に「涼しくなったら行こう」と約束していたai彩ひろばへ。



19110402.jpg
はいはい。



19110403.jpg
その先やでー



19110404.jpg
そのお花屋さんの隣な。



19110405.jpg
そうそう。



19110406.jpg
ていうか、通り過ぎてるけどな。



19110407.jpg
そっちはBBQひろばやで。



19110408.jpg
めずらしく場所忘れたんか?



19110409.jpg
ちがう、ちゅうねん。



19110410.jpg
そうそう。やっと思い出したか。



19110411.jpg
早いな、おい。



19110412.jpg
はいよ~。



19110413.jpg
駆けつけ3口。



19110414.jpg
前まではサンドイッチとか軽食しかなかったけど、ランチメニューができてたので
ハイカラな(←)ランチを頼んでみました♪



19110415.jpg
まだまだありますがな。



19110416.jpg
そんな大口開けんでも。



19110417.jpg
美味しいかい?



19110418.jpg
だから、アゴ外れる、ちゅーねん。



19110419.jpg



19110420.jpg
喜んでいただけてよかったよ。



19110421.jpg
「行こか。」じゃなくて、「帰ろか。」な。



19110422.jpg
なんでやねん。



19110423.jpg
やっともう帰るってことに気づいたんかい?



19110424.jpg
戻らへん、ちゅーねん。



19110425.jpg
こっちのセリフやわ。



19110426.jpg
毎回このくだりやらなアカンか?



(意地でも戻ろうとするので抱っこでちょい移動。)




19110427.jpg
そうそう。



19110428.jpg
また今度来たらええやん。




7ヶ月前もそうやって約束して帰ったよな~。



あのときは腫瘍摘出手術から2週間後。

腫瘍が悪名高い「扁桃扁平上皮癌」で、余命がおそらく数ヶ月だとわかったとき。
先生に「想い出たくさん作ってあげてください。」って言われたとき。

それでも、無事手術を終えて戻ってきてくれたことがただただ嬉しくて
お出かけをまた喜んでくれるようになったことが嬉しくて
なんとか15歳にはなれそうなことが嬉しかったとき。


あのときの

「秋になったら、絶対に、また一緒に来ような!!」

っていう気持ちに嘘はなかったけど
白状すると、あのときは決意というか祈りに近い気持ちで
「多分秋には一緒にはいられへんねんやろなー」
って、心のどこかで思ってた。

んで、ひとりで号泣しながら文太の写真と一緒にここまできて
文太との「約束」を果たすことになるんやろうなーって。




それが、7ヶ月後、どうよ。


19110429.jpg


まさか、こんなに元気になって、
ガンのことなんか忘れるぐらいの生活ができるようになって
また「帰る」「帰らん」のお約束をすることになろうとは
夢にも思わんかったわ~。

文ちゃんの生命力の強さを完全に侮ってたな~(笑)



19110430.jpg


また半年後はどうなってるのか、
いや半年どころか来月はどうなってるのか
明日のことすらどうなってるのかはわからんけど、
「明日の涙は明日流せばいい♪」
っていう小田さんの唄の通り、
一日一日、その日そのときをいっぱい楽しもうな!!



筋膜リリース&トリガーポイントマッサージボール

  0 comments   0 trackback

先日のホットストーンに引き続き、文太のもみもみタイムに新たな秘密兵器を導入。


タラララッタタ~ン♪トリガーポイント マッサージボールぅ~♪




19101101.jpg
あまりきつくしすぎないように、ゆる~く圧を加えてコロコロ転がします。
(他のマッサージもそうですが、犬や猫には「痛気持ちいい」という感覚はなく
きつくしすぎると痛いから。)



19101102.jpg
どうよ?



19101103.jpg
気持ちいい?



19101104.jpg
そりゃよかった。



19101105.jpg
ここですかい?



19101106.jpg
お気に召していただけて何よりですぅ。




そのおかげかどうかわかりませんが

19101107.jpg
絶好調ぉ~!



19101108.jpg
こないだ久しぶりに瀬田公園へ。



19101116.jpg
とは言え、調子に乗りすぎたらアカンけどな。



19101109.jpg
あらあら。しょうがない。じゃ、上の山道から行くか。



19101110.jpg
あらやだ。こっちも行けへんのかいな。


先日の台風で木でも倒れているのか?上からも下からも行けなくなっていたので
来た道を戻りましたとさ。





ちなみに、このマッサージボールを幸多師匠にしてみたところ・・・

19101111.jpg


19101112.jpg
師匠、どうっすか?



19101113.jpg
ドキドキ。



19101114.jpg
「合格」いただきましたーっ!



19101115.jpg
ありがたきシアワセ!!!



幸多師匠は文太と違って気に入らんことは容赦なくパンチやらキックやら出てくるタイプなので
受け入れてもらえたってことはかなり気持ちいいようです。


幸多師匠のお墨付きのこのマッサージボール、
犬猫用ではなくてヒト用なんですが、硬さがちょ~~~どよくて
めちゃくちゃ気持ちいいので、私も愛用させていただいておりますぅ~。



15歳5ヶ月、腫瘍摘出手術後6ヶ月

  0 comments   0 trackback

今日で文太は15歳5ヶ月、腫瘍摘出手術後6ヶ月となりました。
ということで、月例報告を。


19100301.jpg
今日も調子よさそうやねぇ。



19100302.jpg
がってんだ!



19100303.jpg
タマがなくなっても相変わらず情報収集は熱心やねぇ。



19100304.jpg
さいだっかー。



19100305.jpg
そうは言ってももう30分歩いたし、ぼちぼちカート乗ろかー。



19100306.jpg
そんなこと言わんと。もう強制終了やで。



19100307.jpg
カートでびゅいーんと帰ったらその分早くごはん食べられるやろ?




19100308.jpg
はい、じゃーとっとと帰ろう。



19100309.jpg
はいはい。



19100310.jpg
やっぱりかー。もうアカン、て。



19100311.jpg
そうやって調子こいてたら、絶対明日痛くなるから。



19100312.jpg
このままいつものカート筋トレでええわ。



19100313.jpg
はいはい。



19100314.jpg
動物のお医者さんのハスキー軍団かいな。



19100315.jpg
言うてる間にもう家着いたわ。



19100316.jpg
はい、ご苦労さん。十分歩いたわさ。






そしてごはんタイム。
19100317.jpg

手術前からあった嚥下障害はもうすっかりなくなって大丈夫なのですが
なんとなく手であげる方が食べやすそうなので、今でも毎食手からあげています。




文太様のごはんが終わってから主のごはん。

19100318.jpg
もれなくついてきます。



19100319.jpg
「お手」という名の実質命令。



19100320.jpg
あ~んど、手で何回もしつこ~くガリガリされます(^^;)



19100321.jpg
それが終わると追いかけっこ。



19100322.jpg
ようやく朝の日課終了~。




腫瘍摘出手術から早くも半年が過ぎました。
先月と全く変わらず・・・というか、むしろちょっと涼しくなった分
より元気になったかも!?


しつこいようですが、文太が患っている扁桃扁平上皮癌
本来ものすごく進行の早いガンで、獣医さん&飼い主泣かせの癌です。

文太も摘出手術を受ける前はしこりがあっという間に大きくなったし
それにともない、どんどん元気が失われていきました。

摘出手術後すぐにまた新たなしこりができ、ぞっとしたのもつかの間、
そのしこりはその後大きくなることもなくずーっと同じ大きさを保ってくれています。

病院に行く度に先生がしこりの大きさを触診して確認するんですが
「今回も大きくなってない・・・すごいな・・・。」と、先生に毎回感心されます。


扁桃扁平上皮癌でこんなに元気でいられることを
一番驚いているのが病気に詳しい獣医さんたちのようで、
おとうはんが仕事でお付き合いのある獣医さんたちも
「15歳で扁桃扁平上皮癌のフレンチブルドッグ」が
摘出手術から半年たっても元気そのものなことに
ぼちぼちざわつき始めているそうです。



ふっふっふ。

こうなったら、獣医さんの常識をもっともっと覆すぐらい
元気に楽しく長生きしてもらおか!!



ホットストーンセラピー

  0 comments   0 trackback

今年に入ってから、死ぬ死ぬ詐欺・・・じゃなくて、ガンになったこともあり
2月~4月ぐらいはあまり歩かなかった(歩けなかった)せいなのか、
単に年のせいなのか、寒さのせいなのか、
グルコサミンをしれーっとやめたせいなのか
急激に文太の変形性関節症がひどくなり、前みたいにスタスタ歩けなくなりました。

なんとかこれ以上ひどくなるのを防ぐために
理学療法レベルのマッサージを勉強中だということは前に書いた通りですが
色々勉強&情報収集しているうちにとっておきアイテムを見つけました。

ホットストーン

   ↓

【400円クーポン配布中】玄武岩 ホットストーン セット(16個セット)
ホットストーン マッサージをご自宅で
遠赤外線 岩盤浴 冷え性 肩こり 腰痛 ダイエット むくみ 眼精疲労 心の疲れ
ホット ストーン セット げんぶいわ げんぶがん 正規品 送料無料



岩盤浴などにも使われる玄武岩(火山岩)で
温かさを長く保ってくれるというもの。
お湯で温めて使います。

ヒトのエステやマッサージなどで使われているものですが、
犬にもいいんでないの?と思って使ってみたら、どんぴしゃ!!


散歩前には筋肉と関節をほぐすために軽くマッサージとストレッチをしているのですが
これだと手っ取り早く筋肉と関節を温められるんじゃ?
と思ったのがきっかけだったんですが、これが想像以上にいい!

温活グッズはいろいろと取りそろえていますが、
(「冷えは万病の元!」「気圧の変化と湿邪と痛みの関係」)
その中で手軽さといい、使い勝手といい、ダントツといってもいいかも。


何がそんなにいいかというと、

19092601.jpg
乗せてよし。



19092602.jpg
手に持ってマッサージしてよし。


試しに自分にしてみたら、ものすごくいい!
手でマッサージするよりも温かさも気持ちよさも全然違います。



19092603.jpg
温まったら手でもみもみ~



19092604.jpg
B面もね☆



19092605.jpg
どうよ?



19092606.jpg
気に入っていただけて何よりですわ。



最近はようやく涼しくなり、さほど急いで散歩に行かなくても大丈夫になってきたので
ホットストーン&手でマッサージ&ストレッチの30分コースでゆっくり体をほぐしてから
散歩に行くようにしています。
(我ながら、生まれ変わったら文太になりたいわ!(笑)



今のところは「前みたいに歩けるようになった!」という劇的な変化はないんですが
関節のこわばりや筋肉の痛みが前よりましになっているようで

19092607.jpg
やる気スイッチが早くなりました。



19092608.jpg
頼もしいこっちゃ。



19092609.jpg
サクサク歩いてくれます。



19092610.jpg
そうは言っても、あまり歩きすぎると逆に足に負担がかかるので
30分以上は歩かないようにしているので、カートイン。



19092611.jpg
すると、必ず立って歩くアピール。



19092612.jpg
ま、これはこれでバランスボール的な筋トレできるからええか。



19092613.jpg
と、そのまま降ろさず進んでいると



19092614.jpg
ずっとたってますよ(^^;)



19092615.jpg
しょうがないので、最後ちょっとだけ歩いてもらってますがな。



19092616.jpg
で、またすぐカートに乗せると、その手何やねん。



19092617.jpg
結局最後までカートの中で立ってバランス筋トレ(笑)


というのがほぼここ最近毎日です。



「痛みを取る」というのはとても大切だと思っています。

というのも

痛い
 ↓
痛いから歩かない
 ↓
歩かないから足を動かさない
 ↓
動かさないから筋肉&筋膜が委縮・癒着
 ↓
体が硬くなって関節可動域が狭くなる
 ↓ 
痛い
 ↓
痛いから動かない

という負のスパイラルに陥ってしまうからです。


薬を使うよりも手技で体をメンテナンスできるなら安いもの!
これからもできる限りのことは何でもしてあげたいと思っています。

んで、死ぬまで自分の足で立って歩いてもらうでー!!




15歳4ヶ月、腫瘍摘出術後5ヶ月

  0 comments   0 trackback

今日で文太は15歳4ヶ月、腫瘍摘出手術後5ヶ月となりました。


19090301.jpg
相変わらず出だしはスローだったけど、今朝はがんばって坂道筋トレコース!



19090302.jpg
いったんカートに乗っても、「まだ歩く!」と主張することもしばしば。



19090303.jpg
また暑さがぶり返す中、頼もしいこっちゃ。



19090304.jpg
日中はほぼ爆睡。

今年に入ってから手術するまで多分痛さで眠れなくて、
何度も起きてうろうろして見ている方も辛かった日々を思うと
こうしてゆっくり寝ているところを見ると本当にほっとします。



19090305.jpg
さわやかに命令すな。



19090306.jpg
毎日これが楽しみで生きてるんじゃないかと思うぐらい、毎晩ハッスルするコングタイム。



19090308.jpg
文太が必死でコングと格闘している間、にゃんずの面会タイム。



19090307.jpg
じゃー一緒におやつ食べよかー。



と思ったら



19090309.jpg
早いなっ!

最近こつをつかんだのか、文太のお楽しみタイムがとっとと終わるので
どんどんにゃんずタイムが縮小されていっている今日この頃 (^^;)




そして、それが終わって二階へ戻ると

19090310.jpg
今度は追いかけっこ。朝はテンションが低いのに、夜のテンションの高さよ。



19090311.jpg
必死か(笑)



19090312.jpg
はいよ~。



19090313.jpg
やさしい文太様はおとうはんとも遊んであげています。



19090314.jpg
それが終わるとようやく電池切れ。こう見えて爆睡中。




一応まだ抗がん剤は「一日置きに4日飲んで10日~2週間休み」
というゆる~いペースで継続中ですし、検査のために定期的に通院もしていますが、
手術直後にあった嚥下障害や嘔吐、体重減少、手術による右目の軽い麻痺、疼痛、吐き気など
ガンに起因する症状がここ数ヶ月はすべからく消えてなくなり、
『ガン』ということをすっかり忘れている毎日です。

とはいえ、まだ下顎リンパ腺のところにしこりはしつこくあって
「治った」というわけではないのですが、本当にがん細胞が体内に「ある」だけで
信じられないぐらい仲良く共存できている感じです。

文太のおかげで、将来もし自分がガンになって余命宣告を受けたとしても
さほどショックを受けずに済む気がします。
(実際に自分の治療が始まったら、きっと辛くてしんどくて
そのときに初めて文太の偉大さが身に染みるんでしょうけど。)


そういうわけで、今月は暑すぎてどこへも行けず、寝てばかりだったけど
本犬は思いのほか元気でした。(私の方がぐったりだったわっ。)

そして、「16歳というエベレストへの道」 は今月4/12、つまり早くも三分の一を通過!
しかも、エベレストどころかほぼ楽勝のハイキング!!

今の心配はむしろガンよりも関節炎。
歩けなくなれば体も一気に弱るので、無理せず地道にがんばります~。
(おかあはん、日々筋肉について猛勉強中☆)