FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレブル文太と6にゃんず(幸多、あゆみ、ちび、健、さゆり、漱石)の楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
2020年4月29日 お空に転勤

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*

*長女:白グレー猫 あゆみ*
2017年5月18日 お空に転勤

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*

*四男:サバ白ブチ けん坊(健)*

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*

*五男:白黒ちょびヒゲ 漱石*

にゃんグルジム、試行錯誤の改良

  0 comments   0 trackback

先週作ったにゃんグルジムですが、

21021201.jpg
こんな感じになっているのですけど、一番高いところからイス側に下りるにはちと高すぎる。



21021202.jpg
しかもこやつがいつも「うぇぇ~~いい」狙いで待ち構えているので困っているけん坊。



ならば、と



21021203.jpg
部屋にある巨大爪とぎポールを出してみた。



21021204.jpg
余計うざくなる(笑)




ならば、しょうがない。



21021205.jpg
材料どーん!セリアのクラフトラック用のポールとジョイント。



21021206.jpg
ジョイントに棒をぶっ刺すだけのチョー簡単仕様。



21021207.jpg
それを三つ並べて



21021208.jpg
縦にもぶっ刺して



21021209.jpg
一段目が完成。ラップの芯みたいな感じですが、案外丈夫でがっちりしています。



21021210.jpg
同じように二段目も作って専用の板を乗せます。
耐荷重は8キロらしいですが、板は若干ちゃっちい感じも。



21021211.jpg
はい、簡単に階段が完成~!



21021212.jpg
そうそう、そういうことやで。



21021213.jpg
行かへんのかい!



なぜかすこぶる不評 (^^;)



21021214.jpg
トンネルみたいな方がいいのかも?ととりあえず家にあるものでカバーしてみた。



21021215.jpg
なんか狭くなったし、上の段を入れ替えて向きを変えてみました。



21021216.jpg
おもちゃで釣ってみる



21021217.jpg
そうそう、そういうこっちゃで。



21021218.jpg
よく考えたらこの向きなら左の一段目いらんよね~?と、また変えてみた。



21021219.jpg
どうよ!?これでいい感じになったんじゃないの?!



21021220.jpg
そうそう、そういうこと、そういうこと。



21021221.jpg
どぉよ!?



21021222.jpg
そこから飛ぶんかい!!



21021223.jpg
プラスチックの板が滑りそうなので、余っていた階段のすべり止めを敷きました。



21021224.jpg
しばかれる(笑)



21021225.jpg
うん、まぁいい感じなんじゃないの?(^m^)



21021226.jpg
ちなみに左側はちょっとなんだか寝台列車みたいな感じになりました (*´艸`*)


暖かくなったらここで仕事しようかしらん。



DIY ニャングルジム

  0 comments   0 trackback

2か月前に作ったウッドデッキの屋根ですが

20121111.jpg
出来上がり早々こやつがこんなことをして



20121109.jpg
上からの景色を楽しむ(?)のを真似してなのか



21012909.jpg
けん坊までそれに感化されて気づけばここに上るようになり・・・



どげんかせんといかん!と構想を練ること一週間。
(相変わらず平面から立体を考える作業が一番時間かかる。)


一昨日土曜日の夕方

21020801.jpg
はい、材料どーん! 今回もイレクターパイプ使用です。

真ん中の板は買ってきたものではなくて、もともとリビングのこたつに使っていたものです。
こたつを新調してお役御免になったので、解体して新たにテーブルを作ろうと思って
ふたつに切りわけました。



21020802.jpg
平面から立体を考えるのが苦手(←しつこい?)な自分の想像があっているかどうか
確かめるべくとりあえずどんな感じになるか組み立ててみる。

うん、いい感じじゃないの。
と確認してこの日はもう遅かったのでここで終了。



そして昨日。


21020803.jpg
長さ調整して組み立て&接着して枠組み完了。



21020804.jpg
元々柱にしていたパイプを利用して、四隅に板受けジョイントを設置。



21020805.jpg
そこに板を乗っけるだけ!!はい、簡単~♪



21020806.jpg
裏からビスうちして固定しています。




元こたつ板でテーブルを作るつもりだったけど、とりあえず元々あった台に乗っけるだけで

21020807.jpg
ちょうどいい感じになるからもうえっか、となりました。

ただ、そうなると右側のイスが台に干渉して並べられなくなるので
(ま、何か作ってもいいんですけど、できるだけあるもので済ませたいので)



21020808.jpg
イス解体。裏にあったネジを取ったら簡単に外れました。



21020809.jpg
はい、すっきり~♪

両方取ってもよかったんですけど、ここの背もたれの部分が
意外と爪とぎとして使われているので (^^;) ひとつはそのままにしておきました。
ま、後々取るかもですが。


そんなこんなで製作時間トータルで4時間ぐらい?で完成。
(やっぱり、構想練る方がよっぽど時間かかった・・・)



21020810.jpg
どやねん。



21020811.jpg
そうそう、そういうことやで。

化粧板だとこの時期まだ冷たいので、下に毎度おなじみ発泡スチロールを敷いています。




21020812.jpg
そうそう。そこでも寝られるようにしたげたで (^m^)



21020813.jpg


21020814.jpg


21020815.jpg


21020816.jpg


21020817.jpg


21020818.jpg


21020819.jpg
気に入っていただけて何より~!がんばった甲斐があったよ。





そして、今日。

21020820.jpg
朝一で出てからずーーーっとここ。



21020821.jpg
楽しいかい?



21020822.jpg
でも、今日は寒いよねぇ。あんたたちがそこにいると窓閉められないのよ (^^;)



21020823.jpg
特にこのおぼっちゃん。おちゃゆと漱石は中に入ったけど、けん坊はひたすらここ。



21020824.jpg
あまりにも気に入ってくれたみたいなので、下のベッドを上に持ってきてあげたら



21020825.jpg
まんまとここで寝ていました。いやいや、寒いっしょ!(^^;)


この分じゃ、暖かくなったらもう日中ずーっと外かもね!?




ウッドデッキの屋根づくり 組み立て編

  0 comments   0 trackback

ウッドデッキの屋根作り完結編です。

色々調べて考えた結果イレクターパイプ&波板で作ることに決定
大体の感じと正確な長さを割り出したところで
いよいよ組み立てです。

ここまでの作業はいわば頭の中で想像しながらやらないといけなかったので
「平面から立体を考える」ということがものすごく苦手な私にとっては
頭から煙が出るくらい脳みそフル回転させて一番疲れたのですが
組み立て作業はチョー楽しかったです♪



<1日目>

21012101.jpg
とりあえず買ってきた材料をどーん!



21012102.jpg
実際どんな感じになるのか、自分の頭の設計図がちゃんと合っているのか確認のために
とにかく、作ってみよう!とまずは組み立ててみて・・・おお!いいじゃないの!



21012103.jpg
長さ調整が必要なパイプは、イレクターパイプ専用のカッターで適宜カットします。
コレを使えばチョー簡単に切れました!



21012105.jpg
うん、これも計算通り。シャッターに干渉しないぎりぎりの長さでオッケー!



21012104.jpg
・・・がしかし、ここで斜めのパイプが120センチじゃ足らんことに気付き、ガビーン!!(^^;)


150センチのを買いに行く必要があり、それがないとこの後の作業ができないので
この日はここで終了。





<2日目>

21012106.jpg
翌日、無事斜めのパイプもしっかり組み立て



21012107.jpg
ジョイント専用液で固着。



21012108.jpg
全部のジョイントを接着液でくっつけて、枠組み完成!



21012109.jpg
次は横の柵の上をカバーするための波板を仮止めして、
いらない部分をカットするためにマジックで印をして
(この辺はにゃんずが出ないようにできりゃ~いいのでテキトーです)



21012110.jpg
波板鋏でカット。


ちなみに、波板はアイリスオーヤマのポリカ波板を使いました。
透明のとブロンズ(茶色っぽいの)があってどちらか迷ったのですが
(夏の日差しを遮るには多少色がついてた方がいいのか!?と思って)
夏場の暑い時期は多少色がついているぐらいでは日よけにはならんので
どっちにしてもシェードをせなあかんやろな~と思って
それなら視界良好なクリアの方がいいな、と思って透明にしました。

ご覧の通り、波板があっても圧迫感が全くなくてとてもいいです!




21012111.jpg
次は、波板フックをつける用の穴の位置を測って印をつけて、穴開け。

横用と屋根用と全部やったら結構な量だったので、
地味にめんどくさい&時間がかかったのでこの日はこれで修了。





<3日目>


21012112.jpg
こんなもんかね~、と波板フックを先に取付け



21012113.jpg
ネジで締めていきます。ジョイントがあってつけられないところは結束バンドで。



21012114.jpg
左右両方こんな感じで完成。



21012115.jpg
屋根も屋根用の波板フック&専用工具で締めていきます。

波板は65センチ幅のものを4枚重ねていて、
脚立に登って端から順番に手を伸ばしてやったので、屋根には登ってないですよ~。



21012116.jpg
最後の端っこを残して3枚重ねてつけたところ。



21012117.jpg
端っこだけは中からできないので、庭に出て脚立に登って外から締めました。



20120401.jpg
そんなこんなでひとりで作業して3日で完了。


あと、前にも書きましたが
20121102.jpg
前の空いてる部分にはワイヤーネットを結束バンドで留め



20121104.jpg

20121105.jpg
横の空いている部分は余った波板で塞いで完成!



というわけで、実際組み立てるよりも構想&設計の方が時間もかかったし大変だったんですが
イレクターパイプを使ってみて、その利便性に感心!

これで何かもっと色々作りたい~!という欲が出てきました。



そして、暖かかった今日も

21012118.jpg



21012119.jpg
ゆっくりお外堪能の下組。



その頃2階組は・・・

21012120.jpg
日向ぼっこを楽しむ幸多と



21012121.jpg
なんと、ちびも日向ぼっこをしているではありませんか!



21012122.jpg
ちびが日向にいるのって、子猫の時以来!?の五年ぶりぐらいにみたわー!



21012123.jpg
日光克服したんか!?




まぁ、

21012124.jpg
そのうちすぐこうなっておりましたけれども。



ウッドデッキの屋根づくり 設計編

  0 comments   0 trackback

ウッドデッキの屋根づくりの構想がようやくまとまったところで、
次は屋根の設計です。

まずはウッドデッキのリアル長さを測り、イレクターパイプが何センチのが何本いるのかと
どんなジョイントがいくついるのかを割り出す必要があります。

できるだけ手間を省くために、土台となる柱は柵の柱に結束バンドでくくることを思いつき
大体の感じをとりあえず書き出してみました。


21012001.jpg
(赤文字はジョイントの型番です)


・・・とまぁ、ここまでは割と簡単に出来たのですが
(柱のどっち側につけるかはあれこれ思案しましたけれども)
さて、肝心のきっちりした長さをどうやって割り出したものか、と。


というのも、屋根の素材にポリカの波板を使うことは決めていたので、
そうなると雨や雪が流れるためには斜めになっとかなあかんなぁ、と。

屋根用のジョイント(角度73°)ってのがあるのでそれをそのまま使うと
高い方と低い方とそれぞれ何センチにせなあかんのよ。と計算をする必要が。

イレクターパイプは250センチのと200センチ、150センチ、120センチ・・・とあるんですが
なるべく切らなくていいように低い方は200センチでいこう!と決めたのですが
んじゃ、高い方は何センチか?屋根部分になる斜めは何センチ?

・・・という計算をわざわざしなくてもイレクターパイプのサイトに
長さの測り方というページがあるので、それに当てはめれば楽ちん~♪


・・・と、思ったのですけど、問題は

21012002.jpg
この赤丸の部分。


ここにはネットを張ることが絶対不可欠なので、それに合わせて伸ばしたのですけど
上記の測り方のサイトには三角形になった部分の各辺しか出せないのですよ。


え!なんやねん、これ。
こうなったら長いのと斜めは何センチやねん!!
どうやったらこの長さ出るねん!?
あれか?サインコサインタンジェントか??
高校時代にあまりにも理解不能で
「こんなもん、人生で使うことあるかー!!」って叫んでた、あの??
30年以上経って実際に使うときが来たがな!!!


と、数学超苦手なアホアホ脳はプチパニック。
(理数系が得意な人には屁みたいな計算なんでしょうけども・・・)

しかも単純計算の概算で「とりあえず斜めの長さは120センチでいけるやろ。」
と120センチのパイプを3本買ったものの、結果「足らんがな!!」
となって、後で150センチのを買いに走ったというアホなおまけつき (^^;)

いや、なんか建築士さんてすごいなー・・・ (T▽T)
と、改めて建築士さんへのリスペクトが止まらない中、
結局どうにかこうにか計算して長さを割り出し、
最終的には自分の計算に自信がなかったので実寸を測って調整しましたけれども(笑)



21012006.jpg
チミや、チミ。



21012005.jpg
チミがそうやって登らんかったら、ネット張らずにすんでもっと簡単にできたのだよ。



21012003.jpg
ま、それでもこんなに寒い日々が続いていても



21012004.jpg
こうしてみんなで外に出てくれて



21012007.jpg
毎日楽しんでくれているから、がんばった甲斐があったというものだよ。



(もう一日だけ続く)



ウッドデッキの屋根づくり 構想編

  0 comments   0 trackback

年末の超多忙のさなかに作ったウッドデッキの屋根ですが
詳細を書く時間がなかったのでさくっと簡単に作った感じになっておりますが
あの形になるには紆余曲折がありまして。

屋根を作るにあたり、色々調べていろんな方のブログも参考にさせていただいたので
興味がある方もいらっしゃるかと思い、一応書き記しておきます。


そもそも、ウッドデッキを作ったのが6年前の2015年4月

15041301.jpg
これが



15041332.jpg
こうなりました。



その当時、ちょうど今の漱石と同じぐらいの元祖いらんことしぃ@ちびが

21011901.jpg
と、よく上っていたので、最初はとりあえずの応急処置でネットを張っていて
なんとかせなあかんなぁ~と思っていたものの



21011904.jpg
その後、みんなウッドデッキがお気に入りでいつも出ていたけど
元祖うざ男@ちびも幸多やあゆみも登ろうとはしなかったので結局そのまま。



21011903.jpg
文太はウッドデッキ好きというか、おかあはんがいるから来ていた感じでしたけれども。



21011902.jpg
それにしても、ちびは昔から不思議ちゃんやったなぁ。なんでそんなとこで寝てるねん。



まぁ、そんなこんなで大活躍のウッドデッキだったのですが
そのうち外を通る野良猫を見て幸多が興奮しておかあはんとばっちり流血騒ぎなどがあり
なんとなく外に出さなくなった2019年7月のある日。




21011905.jpg
不法侵入者あり (^^;)  端っこの隙間から勝手に入ってきたらしい。



21011906.jpg
実はこの子もかーちゃんの子です。一時期現れていたのですが、すぐに来なくなりました。



21011907.jpg
いやいや、くつろぎすぎやろ。



ってなことがあって、ますます外に出なくなり

21011908.jpg
気が付けば保護塗料もはがれてみすぼらしい姿に。


このままやと木が腐ってきてしまうぅ~~!と思いつつも
文太がいるうちは外で作業なんぞやらせてもらえなかったので
文太がスーパー文太になってから、重い腰をあげて塗り替えることに。


21011909.jpg
まずはサンダーで残っている塗装を全部はがし(この作業が一番しんどい&めんどくさかった)



21011910.jpg
キレイに水で洗って完全に乾くまで天日干しすること3日ほど。



21011911.jpg
塗装にはキシラデコールを使用。



21011912.jpg
部屋からけんぽこちゃんが見守る中、



21011913.jpg
ぬりぬり~♪



21011914.jpg
24時間乾かしてから、翌日また二度塗りして完成。



・・・ってところまでは5月の末にやっていたのですが、
そこから梅雨やわ、夏暑すぎるわ、漱石が来てそれどころやないわ、
で、ほったらかすことさらに半年。


せっかくにゃんずに楽しんでもらうために作ったウッドデッキやねんから
やっぱり使わせてあげたいな~。と思って一念発起。


どうやって屋根作ったらええねんやろ?
と考えるのが一番時間かかったかも。

最初は柵の木を利用して木を組み立てて作るか??と思ったのだけど
さすがにそんな大工作業を一人でできる気がしない・・・

さて、どうしよう。
やっぱり素人には無理なんかなぁ。



21011915.jpg


21011916.jpg


せやな!
にゃんずのために、おかあはんがんばる!!



っと、色々調べているうちに イレクターパイプ なるものがあることを知りました。
イレクターパイプはスチールパイプをプラスチックでコーティングしたものなので
丈夫、錆に強い、軽い、というDIYには最適の素材やないの!と。

しかも、色んなジョイントがあってそれを組み合わせれば
素人でも簡単に色々作れるというすぐれもの。


よっしゃ、これやーー!!!


と、素材が決まったのが最初の第一歩。




21011917.jpg




(続く)