FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

15歳4ヶ月、腫瘍摘出術後5ヶ月

  0 comments   0 trackback

今日で文太は15歳4ヶ月、腫瘍摘出手術後5ヶ月となりました。


19090301.jpg
相変わらず出だしはスローだったけど、今朝はがんばって坂道筋トレコース!



19090302.jpg
いったんカートに乗っても、「まだ歩く!」と主張することもしばしば。



19090303.jpg
また暑さがぶり返す中、頼もしいこっちゃ。



19090304.jpg
日中はほぼ爆睡。

今年に入ってから手術するまで多分痛さで眠れなくて、
何度も起きてうろうろして見ている方も辛かった日々を思うと
こうしてゆっくり寝ているところを見ると本当にほっとします。



19090305.jpg
さわやかに命令すな。



19090306.jpg
毎日これが楽しみで生きてるんじゃないかと思うぐらい、毎晩ハッスルするコングタイム。



19090308.jpg
文太が必死でコングと格闘している間、にゃんずの面会タイム。



19090307.jpg
じゃー一緒におやつ食べよかー。



と思ったら



19090309.jpg
早いなっ!

最近こつをつかんだのか、文太のお楽しみタイムがとっとと終わるので
どんどんにゃんずタイムが縮小されていっている今日この頃 (^^;)




そして、それが終わって二階へ戻ると

19090310.jpg
今度は追いかけっこ。朝はテンションが低いのに、夜のテンションの高さよ。



19090311.jpg
必死か(笑)



19090312.jpg
はいよ~。



19090313.jpg
やさしい文太様はおとうはんとも遊んであげています。



19090314.jpg
それが終わるとようやく電池切れ。こう見えて爆睡中。




一応まだ抗がん剤は「一日置きに4日飲んで10日~2週間休み」
というゆる~いペースで継続中ですし、検査のために定期的に通院もしていますが、
手術直後にあった嚥下障害や嘔吐、体重減少、手術による右目の軽い麻痺、疼痛、吐き気など
ガンに起因する症状がここ数ヶ月はすべからく消えてなくなり、
『ガン』ということをすっかり忘れている毎日です。

とはいえ、まだ下顎リンパ腺のところにしこりはしつこくあって
「治った」というわけではないのですが、本当にがん細胞が体内に「ある」だけで
信じられないぐらい仲良く共存できている感じです。

文太のおかげで、将来もし自分がガンになって余命宣告を受けたとしても
さほどショックを受けずに済む気がします。
(実際に自分の治療が始まったら、きっと辛くてしんどくて
そのときに初めて文太の偉大さが身に染みるんでしょうけど。)


そういうわけで、今月は暑すぎてどこへも行けず、寝てばかりだったけど
本犬は思いのほか元気でした。(私の方がぐったりだったわっ。)

そして、「16歳というエベレストへの道」 は今月4/12、つまり早くも三分の一を通過!
しかも、エベレストどころかほぼ楽勝のハイキング!!

今の心配はむしろガンよりも関節炎。
歩けなくなれば体も一気に弱るので、無理せず地道にがんばります~。
(おかあはん、日々筋肉について猛勉強中☆)



15歳3ヶ月、腫瘍摘出手術後4ヶ月

  0 comments   0 trackback

8月3日で文太は15歳3か月、腫瘍摘出術後4か月となりました。


19072607.jpg
朝は昔みたいにシャキーン!とすぐには起きなくなりました。



19080501.jpg
起きてきてもぼーっとしているので、とりあえず散歩前に軽くストレッチとマッサージ。



19080502.jpg
まだ寝とる。

最近、暑くなってからカートで散歩に行ってます。
普通に歩いて行くと、出てすぐうんこして帰ろうとするからです。



19080503.jpg
これでもまだ寝とる。

暑いしあまり無理はさせられないのですが、
それでも「歩く」というのは関節炎にとっては何よりも一番のリハビリだし
歩かないとどんどん足も弱ってきてますます悪くなるから、ここで踏ん張らないと!
(あと、これ以上太ったらあかんしっ!)



19080504.jpg
やっと気づいたかね。



19080505.jpg
歩く気になったか♪



19080506.jpg
ムフフ。



19080507.jpg
せやろ~?

歩く距離が減ってきて、前までは当たり前のように行っていたお散歩コースに
最近全然行けなくなってしまったので、そこまでカートで行きます。



19080508.jpg
そりゃよかった。毎日おんなじとこ歩いてても面白くないもんな~。



19080509.jpg
おかあはんもこのコース大好きやねん♪



19080510.jpg
鯉のいる公園。



19080511.jpg
これだけ毎日暑くても、緑が多いところはひんやりしてるし日蔭で涼しいし、緑って偉大やわぁ。



19080512.jpg
じゃ、あとはカートで帰ろか~。



19080513.jpg
いつもの道に戻ってきました。



19080514.jpg
え?マジで?大丈夫?



19080515.jpg
そりゃええこっちゃやけど、あんまり無理せんといてやー。



19080516.jpg
また明日においとこ。




そして、ごはんの準備中。

19080517.jpg
待ちきれずにいつも「どっから声出してんねん!」っていう変な声がでます。(笑)



19080518.jpg
ちょっと待ちぃな。




19080520.jpg
そして下に行ってお仕事前のもみもみルーティーン。



19080521.jpg
その後最重要任務:睡眠。



19080522.jpg
お昼ご飯はまた激しく催促。



19080523.jpg
時々追いかけっこ。(最近は食べたらすぐ寝ることも多いので毎日ではないのですが。)



19080524.jpg
で、また午後の最重要任務。すごいベロやな、おい。



そして、同じように夜ご飯を食べたあと
19051516.jpg
相変わらずのコングタイムも満喫し



19080525.jpg
これまた最近はすぐ寝ることも多いのですが、気が向いたらはしゃいでます。



「16歳というエベレストへの道 3/12」 は
関節炎が悪化したこともあり、耳のこともあり(結果汚れてただけやったけど)
何より猛烈な暑さでバテ気味なので、
今までのハイキングよりはちょいとだけ坂道になった感じ。

でも、肝心のガンの方はまだ下顎腺のところにしつこく居座ってはいますが
大きくなることもなく大人しくしてくれているし、
腫瘍摘出手術前まで(多分)痛みのせいで全然眠れてなかったことを思えば
起きないぐらいぐーすか寝ているのは、健康の証だと思っています。



そして、いよいよ来月はうちに来て15周年記念!

まだしばらく辛い季節が続くけど、無理せずゆっくり寝て体力温存して
何とかこの暑さを乗り越えられるようにがんばりまーす♪




☆うちにゃん更新しました。
ちょっとだけ進歩?


109日目

  0 comments   0 trackback

最近すっかり忘れておられる方もいらっしゃるかもしれませんが(?)
(いや、私が一番忘れてるかも。笑)
文太は扁桃扁平上皮癌です。

外科手術後病理検査の結果が出て扁桃扁平上皮癌の診断がついたときに
主治医の先生にいただいた資料がこちら。
(コピーをいただいたので出典はわかりませんが、多分獣医学の専門書)

19071801.jpg

外科手術+放射線治療での生存中央値が109日。
外科手術+放射線治療+化学療法での生存中央値が240日。
化学療法のみの生存中央値が105日。


あー、そんなもんなんやなー。


と、特にショックも嘆き悲しみもなく淡々と「へ~。」と思っていました。
そりゃ、先生にも「想い出いっぱい作ってあげてください。」って言われるわなー。っと。


というのも、なんせ手術前には「もうあと何日持つか。」というぐらい衰弱していたし、
無事手術が終わったことに何よりもホッとして
とにかくあと1ヶ月がんばってもらって15歳にはなってほしい。
という思いが強くて「おお。100日もあるんやったら15歳にはなれそうやな!」
と、単純に喜んでいたからです。


後で色々調べてみてわかったことですが、「生存中央値」とは平均ではなく、
「同じ病気になった犬のうち治療開始後または病気の診断後半数が生存していた日数」
のことなんだそうです。

たとえば、同じ病気で同じ治療をした犬が100頭いたとすると、
51頭目に亡くなった犬が治療後生きていた日数、ということだそうです。

なぜ平均を使わないのかというと、極端に早く亡くなったり長生きしたりする犬がいると
平均数が大幅に狂ってくるからです。


これがなかなかのくせ者で。


その後色々調べてみたんですが、この「生存中央値」が見る資料によってまちまちなんです。
そんなによくある癌ではないため、日本語の資料が少なく以下海外の文献ですが、参考までに。


19071803.jpg
PubMed(世界約70カ国、約5,000誌以上の医学・生物学文献データベース)に掲載されたドイツの文献:
リンパ節に転移のある場合4ヶ月。(転移なしなら12ヶ月)
どの治療をしても転移がある場合は生存確率は低い



19071804.jpg
PetMD(アメリカの獣医師や専門家が寄稿している情報サイト):
進行が早いため、予後は不良。生存値は多くて数ヶ月。



19071805.jpg
英国の腫瘍学専門獣医師の著書:
外科手術、放射線治療、化学療法のいくつかの治療を組み合わせても
生存中央値は6ヶ月程度。



19071806.jpg
Wag! :
積極的治療(放射線や抗がん剤治療)をもってしても平均生存値は約4ヶ月。



19071808.jpg
英国小動物大会症例 2008:
すべての患畜の生存中央値は151日



19071807.jpg
英国小動物協会症例 2011:
どんな治療法でも生存確率は低く、(いろんな治療を施した)すべての犬での生存中央値は179日





これでもか!というぐらいどの資料にもイヤなことしか書いていないのですが
興味深いのが、同じ扁平上皮癌でも扁桃以外にできるものは転移も少なく
外科手術が可能であれば切り取ってしまえば予後は良好なようです。

何も治療しない(できない)場合は最終的には安楽死になることが多いようで、
壮絶な痛みを抱えていた文太も、あのまま手術をしなければいずれは痛みに加えて
気道と食道が圧迫されて呼吸障害と摂食障害が出て「もう楽にしてあげてください。」
という決断を迫られるときが来ていたのかな、と思います。



どの資料も生存中央値がまちまちとは言え、どれも大体4ヶ月~6ヶ月ぐらいなのですが
特筆すべきは、「生存中央値は所詮中央値」ということ。

よくよく資料を読めば最初に載せた日本語の資料にも
「生存期間は44日~631日で中央値は109日」
と書かれていて、44日と631日って違いすぎるやろーー!!
って突っ込みたくなります(笑)

大半は1年持たないけど、中には2年近く生きた子も存在する。
ということです。

そのことの方が私にとっては重要だし、何なら最高記録作ってやるわよ!
ぐらいの気持ちでおります。



最初にあの資料をいただいた時、
まずはなんとかあと1ヶ月がんばって15歳に。
その次は生存中央値(外科手術+放射線治療のですが)の109日は超えたいなー。
と思っていました。



その、109日目(手術後)が今日です。





19071809.jpg
雨が降る前に元気に散歩。



19071810.jpg
薬なしでもぐーすか爆睡。




まだまだ生存記録伸ばすでぇーーーっ!!

とりあえず、次の目標は9月4日の15回目のうちの子記念やな!




体温を測ろう

  0 comments   0 trackback

文太が抗がん剤治療を始めてから先生の助言もあって
毎日朝晩体温チェックをしています。

なぜかというと、白血球数が減って抵抗力が落ちているときにぐんと体温が上がると
何らかの感染症にかかっている可能性があり、
場合によってはすぐに処置しないと命取りになる恐れもあるからです。

体温計がなくても毎日マッサージで触っているので
体温が高くなっているとき(散歩の後や遊びの後など)はすぐわかるし
寝る前には体温が高くなる(特に耳が熱くなる)ということは経験上知っていたんですが、
それが実際どれくらい差があるかということは体温を測って初めてわかるようになりました。


体温計は病院で使っているものと同じ方が病院で測るのと誤差がなくていいでしょう、
ってことで病院で買ったものですが、ネットでも買えます。


  これ↓

お尻から挿入して数秒で測れるもので、先が柔らかくお尻を傷つける心配のないものです。
最初は先生に測り方を教えていただきました。



19070501.jpg
尻尾をちとあげて



19070502.jpg
お尻にぶっさし(←言い方よ。)



19070503.jpg
ほんの数秒で計測完了。


犬の平均体温は37.5度から39.2度ぐらいと言われていますが
文太は大体午前中は37.0度~37.4度ぐらいと平均より少し低く
夜寝る前は37.5~37.9度ぐらいになります。

一日のうちでも体温が結構変わるので、毎日測ってその傾向をつかむといい、
と先生がおっしゃっていました。

たとえば文太がハァハァ言っていて体がいつもより熱いと思って病院に行ったとして
体温を測ると39度だったとします。
文太の平熱は37度台なので39度だと2度も高いことになるんですが
「39度」自体は犬の平熱なので「熱なし」とされてしまうかもしれない
(そのため、重大な病気を見落とす危険性もあるかもしれない)、ってことです。

病気でないワンコや若いワンコは毎日測る必要はないけど、
「犬の平熱」ではなく「自分の愛犬の平熱」を知っておくことは大事だな~と思いました。


余談ですが、少し前に体温を測ったら「そんなアホな。」っていうぐらい低いことがあって
(35.8度とか。)何回測ってもそんなに低かったのですが、
触った感じはいつもと変わらず。

測り方が悪いのか、体温計がおかしくなったのか?と思って
病院に行ったときに先生に聞いてみて自分の体温計で測ってもらったら
全く普通の体温で。

先生いわく、「低すぎるときは大体うんちが肛門入り口付近にいて
うんこの温度を測ってる可能性があります。」
ですって。(^^;)

またうんこかーっ!
35.8度はうんこの温度かーっ!(笑)

触った感じが冷たくてぶるぶる震えたりしていない限り
体温が低いのはうんこの温度だったり測り方が悪い可能性があるので
さほど気にしなくてもいいけど、高くなったら即病院に来てください、
と言われました。



19070504.jpg
最近、ちょいちょいうんこに悩まされる文太なのでした~。




15歳2ヶ月、腫瘍摘出手術後3ヶ月

  0 comments   0 trackback

今日で文太は15歳2か月、腫瘍摘出手術後3か月となりました。
基本的には先月と同じなんですが、ちょこっと変化も。


19070301.jpg
毎日(雨の日除く)歩いています。



19070302.jpg
時々坂道筋トレ。



19070303.jpg

相変らず食欲旺盛で、一時期体重がとうとう12.9キロを記録
発病後最高記録ですが、もはや喜んでいる場合ではなくなってきた (^^;)

食べることは文太の生きがいであり、元気の源なので
ちょこちょこおこぼれをあげるのはやめてない(これからもやめない)し
毎日のお楽しみタイムも変わらず継続中ですが
その分、主食であるごはんをしれーっと減らして
「どんどん食べようキャンペーン」はこっそり終了(笑)。

今は12.5~12.6キロぐらいで落ち着いています。
これぐらいがベストかな~。



19070304.jpg
日中&夜も鎮痛剤なしでぐっすり。

先月はまだ一日一回は夜には飲んで寝ていましたが
かれこれ3週間ぐらいは薬の力がなくても全く平気になりました。

手術前後は鎮痛剤のほかにも色んな薬(抗生剤とか吐き止めとか)
を飲んでいたので胃が荒れていたようで、さらに胃薬も飲んでいたのですが
それも全くなくなりました。



19070305.jpg
そして、これも相変らず。



19070306.jpg
写真が使いまわしでない証拠写真(笑)



先日のお尻事件というドキっとした出来事はありましたし、
膀胱炎にはちょくちょくなってしまいますが、それ以外はいたって元気!


というわけで、「16歳というエベレストへの道 2/12」も
全く苦労のない楽しいハイキングでした~!




19070307.jpg
にゃんずも元気にしています。



19070308.jpg
相変らずの仲良しさん。(時々もめてるけど。)



19070309.jpg
最近はネット越しに面会時間を楽しむふたり。(笑)

もうネットなしで仲良くしちゃいなよー。
って思うのですが、けん坊もおちゃゆも「生幸多」には
逃げちゃうのですよねぇ。