FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

あづーーーー

  0 comments   0 trackback

昨日ようやく梅雨入りした近畿地方。
ものっすご、蒸し暑いです。

19062801.jpg
クールダウンちぅ。


19062802.jpg
要あご置き。



19062803.jpg




19062804.jpg
おっぱい丸出し。



19062805.jpg
定位置。



19062806.jpg
悪いとこ見つけたなー。

そういえば、こないだけん坊がリビングに来たついでに体重を計ったら、4.1キロでした。
どうりで軽いと思った~。幸多の約半分(^^;)



19062807.jpg
おちゃゆはやっぱり2キロ台と推測。



いよいよ蒸し暑い辛い季節に突入。
無理せず体調に気をつけていきたいと思います。





「お願い」ではない

  0 comments   0 trackback

飼い主の食事中。

19062601.jpg


19062602.jpg


19062603.jpg


19062604.jpg


癌になる前、おねだりという名の実質命令で
毎食中ずーーーっとテーブルやら足やらバシバシ叩かれて
毎回イラッとしていたおとうはん。

衰弱してきた3月中旬には自分のごはんを食べるのがやっとになっていたので
これも全くなくなっていました。

私たちがごはんを食べていても自分のベッドでぼーっと寝ている文太を見て
「ああ、もうお別れなんやな。」と日々覚悟を決めていました。


手術後、しばらくして元気回復してきてまたこれをするようになったとき、
「こんなにまた元気になったんや!」と、どれほど嬉しかったことか。
おとうはんとふたり、どれほど喜んだことか。





そして、今。




毎食時中しつこいぐらいにこれをされて、おとうはんは「嬉しい」を通り越して
またイラッとしてはります(爆)




別の日の動画。


「死ぬ死ぬ詐欺師」は、手術後おかあはんからももらえるようになり、
ますます命令が激しくなりましたとさ。


ま、元気でいいけどさっ。(笑)




ちょーーーーーどいい、最高のシアワセ

  0 comments   0 trackback

19062501.jpg
この季節はひとりで寝る文太。



19062502.jpg
朝方ちょっと冷えるのか、いつの間にか腕枕でぴったり密着
朝目覚めたときに一番に視界に入るのがコレ↑のしあわせ  +゚。*(*´∀`*)*。゚+



19062503.jpg
そして、足元には



19062504.jpg
こーちゃん




19062505.jpg
ツリーのハンモックにちび



この感じがちょーーーーーどいい、最高のシアワセ。



なぜかというと・・・




冬の間は左腕に文太、右腕に幸多、足元の布団の上にちび、
という相当過酷なシアワセの十字架地獄がやってくるから (T_T)

そりゃもう、一晩中動けないので起きたら腰がバッキバキですよ。


だから、朝方ちょこっとくっつかれるぐらいがちょーーーーーどいいシアワセなのだ。




19062506.jpg
下のふたりともいつの日か一緒に寝たいな~、と思うけど



19062507.jpg
多分、犬&猫4匹一緒に寝たら、もっとシアワセ地獄(^^;)

だから、まぁいっか~。








19062508.jpg


19062509.jpg


毎日起きるまでお姫様に上に乗られて「起きろ」「起きない」バトルをしていたおとうはん。
毎朝4時頃から起こされていたので、「夜中起こされんようになって嬉しい?」って聞いたら
「寂しい。」 と、即答。 


こないだ久しぶりに夢にあゆちゃんが出てきました。
夢でも会えるのってあんなに嬉しいもんなんやな~。
って、朝起きたときにしばらく余韻でほっこりしました。



チャレンジャー

  0 comments   0 trackback

週末はちょい足伸ばし散歩で。

19062401.jpg


19062402.jpg


19062403.jpg


19062404.jpg


19062405.jpg
この季節、新緑が気持ちいいです♪



そして、夕方。

19062406.jpg
けんぼちゃんがリビング訪問。



19062407.jpg
それに気づいた幸多がそらのまに出てきたので



19062408.jpg
外に避難しつつ



19062409.jpg
見つめ合い



19062410.jpg
見つめ合い



19062411.jpg
見つめ合い



19062412.jpg
突然、意を決したけん坊が中に入ってきました。



19062413.jpg


19062414.jpg
ちびはすぐ襲おうとするのでちびの姿を見かけると逃げるんですが、
幸多とはなんとなく仲良くなれるかも?ってけん坊は思ってる気がする。



19062415.jpg
あらあら。見せつけちゃって。



19062416.jpg
チャレンジャーやな。



19062417.jpg
こーちゃんも意外とオラオラにならんのな。



19062418.jpg
よかったねぇ。




この間、元世界のケーサツは何をしているかというと

19062420.jpg
すっかりご隠居さんに。




19062419.jpg
文太は基本知らんぷりです。



しばらくして、けん坊が帰ってから幸多がリビングに入ってきて

19062421.jpg
さっきけん坊が入っていたのを見て猫棚の中へ。



19062422.jpg
こーちゃんがそこに入ってるの、ものすごい久しぶりに見たわ。



19062423.jpg
いつもより多めに爪研ぎマーキングをする幸多なのでした~。




ゆる~く抗がん剤治療

  0 comments   0 trackback

4月の24日に抗がん剤(パラディア)投薬開始してから2ヶ月が経ちました。

下痢、嘔吐、食欲減退、元気消失などの本犬に自覚のある副作用は全くなく、それどころか日に日に元気になっていることは毎日しつこいぐらい自慢している通りで。(笑)

一日おきというのが通常のパターンなのだそうですが、文太の場合は少しでも負担を減らすために月水金で土日休み、というパターンでの投薬にしています。

最初2週間(投薬6回)で血液検査をしたところ、白血球の数値が下がっていたので、2週間休み、数値が戻っているのを確認後再開しました。

この2週間の休薬の間に腫瘍がぐわーっと大きくなったらイヤやな・・・と内心恐れていたのですが、意外とおとなしくしてくれております。(抗がん剤以外にもサプリを色々飲んでいるので、そのおかげかも。)

その後4回飲んでまた白血球が減少していたので2週間休み、その後復活してまた4回投薬後の血液検査を今日しました。

今日の検査ではまた案の定白血球の数値が下がってはいたものの、前回2回ほどではなく「休薬するほどでもないので悩むところですが・・・」と先生に言われたのですけど、薬を休んでも一気に癌細胞が暴走する様子も今のところないし、他の副作用はないとは言えできる限り文太の負担は減らしたいので、また1週間休ませてもらうことにしました。


そういうわけで、今のところ

パラディア4日分(50mgの薬を半分ずつ与えてるので、2錠分)
 ↓ 
白血球減少
 ↓
1~2週間休薬
 ↓
白血球数復活
 ↓
パラディア4日分

というサイクルで定まってきつつあります。


『ガンと共存する』という考え方」で書いたように、抗がん剤治療の目的は文太の場合(というか、犬の場合はほぼそうらしいのですが)「癌細胞をたたきのめしてやっつける(=治す)」ことではなく、「これ以上大きくなったり転移したりすることを防ぐ」ことです。

治らなくてもいいんです。これ以上暴走して文太を苦しめさえしなければ、体の中にいたっていいんです。


だから、これからも文太の負担をできるだけ軽くしつつ、これ以上癌細胞には悪さをさせないようにちょいちょい嫌がらせをする感じで、ゆる~く抗がん剤治療は続けていこうと思っております。



19062101.jpg
最近、散歩の距離も伸びてきました。



19062102.jpg
トイレットペーパーがマイブーム。



19062103.jpg
多分、何万枚もあるであろう、この写真。でも撮っちゃう☆





19062104.jpg


19062105.jpg


19062106.jpg


19062107.jpg
にゃんずも元気で~す。