FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

月一度のお楽しみ!?

  0 comments   0 trackback

19082001.jpg
文ちゃん、今日はこれの日やでー。



19082002.jpg
フィラリアのお薬な。



19082003.jpg
いやいやいやいや。まだケースに入ったままやがな!



19082004.jpg
相変わらずいい食いっぷりやねぇ。




美味しいのか、毎回めちゃくちゃ喜んで食べてくれるフィラリアの薬。


去年までは当たり前のように一気に「1シーズン分」を買っていたのですが(割引もあるし)
フィラリア予防開始の5月、15歳になれたことで浮かれてはいたものの
何しろ「予後は極めて不良」と言われる悪名高い扁桃扁平上皮癌

おとうはんには「フィラリア持ちの蚊に噛まれたところで
成長して心臓に届くまでは文太は生きられへんからいらんやろ。」
と言われていました。

※フィラリアに感染してから心臓に到着するまでは約3~4ヶ月ほどで
そこに住み着いて成熟するまでさらに3ヶ月ほど。(感染から6~7ヶ月)
詳しくはこちら → 「フィラリアについて①フィラリアの一生


抗がん剤を始め、あの時は鎮痛剤やら胃薬やらいろんな薬を飲んでいたので
ただでさえ解毒のために肝臓やら腎臓やら酷使しているだろうし
これ以上体に負担をかけたくないという思いもあり、
おとうはんの言うことも一理あるなぁ、と思いながらも、
でも、万が一それまで頑張って生きて
フィラリアで苦しむことになったらどうすんねん!
と、私は断固予防を固持。

先生にも相談しましたが、やはりフィラリアは予防しておいた方がいい
ということで、5月の始めに1シーズン分ではなく、一回分の薬をもらい
以来毎月通院のときに薬をもらうようにしています。


5月の時点では、先がどうなるのか全く見えなかったし
フィラリアのことなんか気にしてる場合じゃなくなる可能性の方が高かったので
納得してはいたものの、フィラリアが終わる季節まではいられないのかな・・・
と思うと、「1回分」がなんか切なかったな~。




19082005.jpg
ちょっ、もうないしっ。それおかあはんの指やし。



この分なら余裕で大丈夫そうですけどー!(笑)
文太の生命力を信じてフィラリア予防しといてよかったよっ!