FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

会えればラッキー!?座敷わらし猫

  0 comments   0 trackback

19082801.jpg
朝から甘えん坊が止まらないけんぽこちゃん。(←どんどん名前が変わっていってる)



19082802.jpg
やだわぁ、もぉ



19082804.jpg
そして「今日こそ帰りません」宣言。



19082806.jpg
リビングの窓でくつろぎー



19082805.jpg
猫棚チェック。



19082807.jpg
「おかーちんがこっちに来て-!」と催促される。




・・・とまぁ、最近は割とやりたい放題のけんぽこちゃんですが
来客があるとどうなるかと言うと、人の気配を感じると出てこないどころか
「絶対安全地帯」であるケージに逃げ込みます(^^;)
(ケージの外側には外から見えないようにカバーをしてあるので。)

ふたりが怖がるだろうからと、事務所のドアは閉めてあるのですが
それでもふたり部屋に引きこもり出てきません。

多分、3月末にうちの両親が来たときの出来事がトラウマになっているのかと。

「文太がもう長くないだろうから、ちょっとでもまだ動けるうちに会いに来たげて。」
って来てもらったとき、(すんごい遠い昔の気分・・・笑)
仕事場の私の机の窓でいつものように寝ていたけん坊に
カーテン越しに母が近づいても逃げなかったそうで、
(多分背格好も似ているのでおかーちんと間違えたのかと。)
「大丈夫なのかも?」ってちらっとカーテンを開けてのぞいたら
ものすごい勢いで飛び出して逃げたらしく、
それがけん坊にとってはものすごく恐ろしい出来事だったのか、
その後私が呼びに行っても1時間ぐらいケージの中に引きこもっていたのです。

それ以来、来客があると部屋にひきこもるようになってしまいました(^^;)



19082803.jpg
今ではこぉ~んなに甘々ちゃんになったので忘れがちですが、
今でも他の人間のことは怖いのよね~。



19082808.jpg
今ではこんなに簡単にケツホールを見せてくれて玉袋(跡)も丸見えですが
出会って半年は全く尻尾もあげてくれなくて、タマも全然見えず
状況証拠(?)から女の子だと思い込んでいたわけですが(笑)

おかーちんのことをここまで信頼してくれるようになったのは
本当に嬉しいし、誇りに思います。




19082809.jpg
こちらのお嬢さんはと言うと、意外とけん坊よりは恐怖より好奇心が勝るのか
怖い物見たさでちらぁ~っとのぞきにくるようです。(見つかったらすぐ逃げるけど。)



19082811.jpg
そういうわけで、このふたりはうちにくるお客さんにとってはめったに姿を見られない
「会えたらラッキー」なまぼろしの座敷わらし猫なのでした~。




ちなみに2階組は・・・

19082810.jpg
幸多は全く人見知りをしないので、がんがん挨拶にやってきます。
(大人数でドタバタ来られるとさすがにちょっと逃げますが。)

が、なでなでしてもらうと「気安く触んにゃ!」と噛もうとするし、
知らんぷりをしていると、「おい!あいさつなしか!」と噛もうとします(^^;)
なんせ、感情のすべてを噛むことで表現する子なので・・・。



19082815.jpg
ちびはひとりで小屋裏に逃げ込みます。

が、1時間ぐらいするとこそーーっと下りてきて様子をうかがいつつ
大丈夫そうならそのままリビングにいて、怖いとまた小屋裏に引きこもります。
昔はあゆちゃんと一緒にいられたんですけどね~。



そういうあゆちゃまは、小さいときは人見知りもなく知らないヒトも全然平気だったんですが
なぜかオトナになるにつれてどんどん他人を怖がるようになり
特に男性は絶対にダメで、お客さんがオトコの人だと

19082814.jpg
小屋裏の、しかもこんなところに隠れてたな~。
(かわいそかわいい




19082812.jpg
この方は、基本来る者拒まず去る者追わず。
最初ちょっとあいさつしてお客さんの手荷物を物色し(何様?)
「土産ないんかい!じゃ、ええわ。」と我関せず。



19082813.jpg
で、食べるものが出てくると俄然張り切る、と。

でも、うちに来るお客さんには「文太にはぜっっっっったいにあげんといて。」
とお願いしています。
「一度でもあげたら一生くれくれ言われてつきまとわれるで-。」と。(笑)




以上、文太一家の来客事情でした~。