FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

15歳5ヶ月、腫瘍摘出手術後6ヶ月

  0 comments   0 trackback

今日で文太は15歳5ヶ月、腫瘍摘出手術後6ヶ月となりました。
ということで、月例報告を。


19100301.jpg
今日も調子よさそうやねぇ。



19100302.jpg
がってんだ!



19100303.jpg
タマがなくなっても相変わらず情報収集は熱心やねぇ。



19100304.jpg
さいだっかー。



19100305.jpg
そうは言ってももう30分歩いたし、ぼちぼちカート乗ろかー。



19100306.jpg
そんなこと言わんと。もう強制終了やで。



19100307.jpg
カートでびゅいーんと帰ったらその分早くごはん食べられるやろ?




19100308.jpg
はい、じゃーとっとと帰ろう。



19100309.jpg
はいはい。



19100310.jpg
やっぱりかー。もうアカン、て。



19100311.jpg
そうやって調子こいてたら、絶対明日痛くなるから。



19100312.jpg
このままいつものカート筋トレでええわ。



19100313.jpg
はいはい。



19100314.jpg
動物のお医者さんのハスキー軍団かいな。



19100315.jpg
言うてる間にもう家着いたわ。



19100316.jpg
はい、ご苦労さん。十分歩いたわさ。






そしてごはんタイム。
19100317.jpg

手術前からあった嚥下障害はもうすっかりなくなって大丈夫なのですが
なんとなく手であげる方が食べやすそうなので、今でも毎食手からあげています。




文太様のごはんが終わってから主のごはん。

19100318.jpg
もれなくついてきます。



19100319.jpg
「お手」という名の実質命令。



19100320.jpg
あ~んど、手で何回もしつこ~くガリガリされます(^^;)



19100321.jpg
それが終わると追いかけっこ。



19100322.jpg
ようやく朝の日課終了~。




腫瘍摘出手術から早くも半年が過ぎました。
先月と全く変わらず・・・というか、むしろちょっと涼しくなった分
より元気になったかも!?


しつこいようですが、文太が患っている扁桃扁平上皮癌
本来ものすごく進行の早いガンで、獣医さん&飼い主泣かせの癌です。

文太も摘出手術を受ける前はしこりがあっという間に大きくなったし
それにともない、どんどん元気が失われていきました。

摘出手術後すぐにまた新たなしこりができ、ぞっとしたのもつかの間、
そのしこりはその後大きくなることもなくずーっと同じ大きさを保ってくれています。

病院に行く度に先生がしこりの大きさを触診して確認するんですが
「今回も大きくなってない・・・すごいな・・・。」と、先生に毎回感心されます。


扁桃扁平上皮癌でこんなに元気でいられることを
一番驚いているのが病気に詳しい獣医さんたちのようで、
おとうはんが仕事でお付き合いのある獣医さんたちも
「15歳で扁桃扁平上皮癌のフレンチブルドッグ」が
摘出手術から半年たっても元気そのものなことに
ぼちぼちざわつき始めているそうです。



ふっふっふ。

こうなったら、獣医さんの常識をもっともっと覆すぐらい
元気に楽しく長生きしてもらおか!!