FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

2019年

  0 comments   0 trackback

2019年、年末。

19122701.jpg
頼もしいこっちゃ。



19122702.jpg
本日のメインイベント(?)



19122703.jpg
はっ!(後ろの背後霊ちびにお気づきいただけただろうか。)



19122704.jpg
はいはい。ただいま。



19122705.jpg
これでよろしゅうございますでしょうか。

文太様は毎回寝るときには眠りにつくまでマッサージ(約10分~15分)が必須。
ええ、ええ、朝も昼も夜もいつ何時ですとも。
(それをしないとご立腹なさり、ベッドをほりほりしておしっこかまされます






19122706.jpg
えーっと、洗い物などを・・・



19122707.jpg
すいませ~ん!



19122708.jpg
これでよろしゅうございますでしょうか。

幸多様は器にごはんが入っておろうが、
器を持ってさしあげることが必須。




19122709.jpg
あっ・・・



19122710.jpg
ぼーっと生きてるわけじゃねーよ!(T▽T)



19122711.jpg
これでよろしゅうございますでしょうか。

ちび様は器にごはんがはいっておろうが
お召し上がりの間お尻をなでなでするのが必須。




19122712.jpg
こちら、おかあはん渾身のラブ注入ですっかりゴキゲンが治った
ガラスのハートすぎるぼっちゃん。



19122713.jpg
これまた朝も昼も夜もおかーちんがリビングにいる間中ほぼずっと
2階まで呼びに来て、おかーちん成分補給(なでなで)を要求されます。
ずーっとこうしてあげたいけど、そういうわけにもいかんのよー(T▽T)



19122714.jpg
愛人とイチャイチャしてるところを本妻にバレる的な。



19122715.jpg


19122716.jpg


19122717.jpg
そして、突然兄貴風吹かせます(^m^)




19122718.jpg
見られてる・・・



19122719.jpg
はっ!そんなことしてる場合じゃないけど喜んで!!



19122720.jpg
こんなきゃわいらしいお嬢ちゃんに誘われたら、そりゃ思う存分遊んであげてしまいますやん~!



こうして、師走だろうがバタバタしていようが、大掃除が全然できてなかろうが
相変わらず忙し楽しい毎日を送っております。




そんな文太一家の今年の漢字は・・・

19122725.jpg
これしかないでしょう。


生きた。
生きてた。
生き返った。
生き延びた。
生き生きしてた。
生まれ変わった。



3月に癌がわかったとき、今年は文太と一緒に年越しができるとは思っていませんでした。

残りの日々はただただ文太が痛くないように、苦しくないように、辛くないように、
最後の打ち上げ花火を思いっきりぶっ放す気持ちで
楽しいこと、美味しいこと、気持ちいいこと、喜ぶことだけをしようと決めました。


そしてその結果、余命数ヶ月だったはずがどんどん元気を取り戻し
とんでもないわがままモンスタージジィが「生」まれました(^^;)
(「最後ぐらいはもういいか。」とやめていた
文太が大嫌いな歯磨きは再開しましたけれども。笑)


でも、どんなわがままモンスターだろうが、
どんなにめんどくさかろうが、どんなに手がかかろうが、
「文太と一緒にいられる」という喜びには変えられないので、
これからもできる限りやりたい放題ジジィの言うことを聞いてやるつもりです。


そんなこんなで文太のことで手一杯になり、
ついついにゃんずのことが後回しになりがちでしたが
それでも時には文句を言いつつもちゃんと応えてくれて
病気もせず毎日楽しく過ごしてくれて私に笑顔をたくさんくれた
幸多、ちび、けん坊、おちゃゆには感謝の気持ちでいっぱいです。



19122721.jpg
いっつも仲良しでいてくれて



19122722.jpg
ありがとう



19122724.jpg
なんだかんだ言ってもにーちゃん大好きの二階組。



19122723.jpg
こーたが微妙に文太に乗ってる気もするけど(笑)いつもありがとう



少し早いですが、この後ブログ更新できるヒマがありそうな気がしないので(^^;)
今年の更新はこれで最後にさせていただきます。

今年も文太一家のブログをご覧下さった皆様、
文太に元気玉を送ってくださった皆様、
文太のことを気にかけてくださった皆様、
コメント&拍手をくださった皆様、
本当に、本当にありがとうございました!!!

よいお年を~♪




☆うちにゃんもやっと更新しました~!
ありがとう。またね。





☆私信
扁桃扁平上皮癌についてご質問いただいていたMさま、
不安なお気持ち私も全く同じだったので、お察しいたします。

ご質問の件ですが、こちらで簡単にですがお答えさせていただきます。


●内側咽頭後リンパ節だけが腫瘍化していましたか?
右側(腫れていた方)の内側咽頭後リンパ節に腫瘤性病変がありましたが
左側内側咽頭後リンパ節、両側扁桃にも転移とみられる軽度拡大がありました。
(CTでの検査結果より)


●甲状腺はしこりの端っことありましたがその腫瘍に巻き込まれていたのでしょうか?
CT検査の結果には
「病変の左尾縁側に甲状腺が確認されますが、接してはいますが明らかな連続性は確認されず
甲状腺腫瘍の可能性は否定的です。」
と書いてありました。甲状腺は巻き込まれてはいなかったようです。


●リンパ節の腫瘍は何センチくらいありましたか?
こちらは検査結果に数値は載っていなかったのではっきりとはわかりませんが、
手術前には触った感じレモン大の5センチほどはあったと思います。
(まん丸ではなく、レモンみたいな楕円形のいびつな形でした。)


CTの結果だけでは癌の特定はできず、
病理検査で初めてはっきりわかるものだと思うので
獣医さんたちも現時点では「だろう」の判断しかできないのだと思います。
(扁桃の扁平上皮癌自体、普通の癌に比べて症例が少ないようですので
なかなか判断しづらいということはあるかもしれません。)

文太の場合、摘出不可だったわけではなく、
「病変が筋肉より内側の軟部組織間に認められており、
マージンを含めた完全切除は不可」
だったので外科手術のみでの根治は困難だと言われていました。

根治目的ではなく、頸部圧迫による呼吸障害・摂食障害を防ぐため
さんざん悩んだ末に手術に踏み切りました。

文太の場合、主治医の先生が相当がんばってくださって
「ほぼ取り切れた」とおっしゃっていたこともあり
それが今の元気に大きくつながっているのかもしれません。



Mさまのわんちゃんも無事手術を終えて少しでも元気を取り戻せることを
心よりお祈り申し上げます。







ガラスのハートすぎる・・・

  0 comments   0 trackback

昨日の明け方4時頃?外で野良猫がケンカしてる声が聞こえてまして。
夢うつつの中、えらいケンカしてるなーと思っていました。

そして朝6時過ぎ、いつものようにけんちゃゆ部屋を開放しに行ったけど、
いつもはすっ飛び出てくるけん坊が今日はこたつ(もどき)で寝たまま出てこず。

監視カメラの画像を確認すると、ちょうど野良猫がケンカをしていたと思われる時間帯に
けん坊とおちゃゆが起きてきてオロオロしている様子が写っていました。

あー、それで寝てないから眠いのか-。ま、そのうち出てくるやろ。
と軽く考えていたけど、いつもなら私がリビングにいる時間帯に
何度も呼びに来るけん坊が昨日は全く来ず。

そのうちちょっと心配になってきて、何度か様子を見に行ったんですが
こたつもどきから出てくる気配がないのです。

で、とりあえず昼前に文太の散歩に行くと

19122301.jpg
我が家のガレージ(ちょうどけんちゃゆ部屋の横)が血だらけに・・・。

ここでやってたんかい!
しかも、こんなに血だらけになるぐらい激しかったんかい!
もしかして、それでけん坊怖かったんか!?

という気がしてきました。


で、家に帰っていつものようにササミを持って行くと

19122302.jpg
すちゃっと出てきました。ホッ。



19122303.jpg
おちゃゆは平常運転。



19122304.jpg
大好きなささみを食べてー



19122305.jpg
ちゅーるも食べてー



とりあえず体の具合が悪いとかではなさそうなことにホッとしたんですが、
食べたとたんまたすぐこたつにひきこもり・・・。


夕方も一度ササミを持って行ったら喜んで食べたんですが
すぐにまたこたつにひきこもって出てこなくなりました。


やはり、野良猫のケンカがよほど怖くて傷心していたのかと・・・。


おとうはんには「あのとき、様子見に行ってあげなあかんかったんちゃう?」
って言われたんですが、まさか外の野良猫同士のケンカで
(しかも窓も閉めてるから外の様子は見えへんのに)
ここまで心粉々になってひきこもるまでビビると思いませんやん~!

どんだけガラスのハートなのよ、ちゅー話ですよ。



私が思うに、多分けん坊は元々ビビリな性格ではあったと思うけど、
子猫の頃にものすご~く怖い思いをして
尻尾も誰かにやられた(ちぎられた)のではないか、と。
最初に出会ったときからダントツでビビってたし。)

野良猫時代は他の猫(もちろん人間も)を見かけたら
ひたすら逃げ回ってたのかな~、と思うと
かわいそうやら、愛おしいやら。

苦労して手なずけて捕まえて「うちの子」になってもらってよかったよ・・・。



結局昨日は夜9時頃にようやくちょこっと出てきていたので、
ちょっとだけ遊んで「プレイセラピー」をして
そのまま寝てもらいました。

そして、今日は朝はいつも通りに元気よく飛び出してきたけど
なぜか2階には近寄らず、階段の下から「おかぁちーん・・・」と呼ばれる始末。

上から呼ぶとようやくへっぴり腰であがってきて、
ちょこっとだけベランダに出てすぐおりました。


19122306.jpg
昼間はずっとおかーちんの横のベッドで爆睡。


ま、いつもの7割程度ぐらいの元気は出てきたようで
とりあえずはよかったです。


ほんま、ガラスのハートにもほどがあるけど、
これからはおかーちんが守ってあげるからね。





ネブライザー始めました

  2 comments   0 trackback

一昨日、気管支炎の治療のために注文していたネブライザーが到着したので、
早速使ってみました。

説明書読むのがめんどくさかったけど、(年々取説読むのがめんどくさくなる・・・)
実際にやってみると簡単にできました。


19121901.jpg




最初は「は?」って感じだったんですが、↑この後、めっさ嫌がられて往生しました(^^;)
結局、前に抱きかかえてなだめすかして薬液約20mlを約20分で終了。

ま、最初はこんなもんか~。
「これをやれば楽になる」って思ってもらえれば、嫌がらずにやってくれるかな~。
と期待の初日。



そして、昨日二日目。

19121902.jpg

前日は先っぽにマスクをつけていたんですが、くっつけると猛烈に嫌がるし
あれなくてもいいんじゃね?と思ってホースだけにしてみた。





やり始め(この動画の前)は嫌がってベッドから這い出てきたんですが
「じゃ、おかあはんも一緒にやるわな♪」と一緒にやる作戦で
横に顔をくっつけて一緒に吸うと案外おとなしくやってくれました。
(その後の動画です。)

ちなみに、「人間が吸っても(猫も)全く問題ありません、むしろ調子よくなります。」
と先生に言われていたので、一緒に吸ってみましたが、なんか気持ちいい(笑)



そして、今日三日目。

19121903.jpg
いつも爆睡している時間帯の2時頃にやってるんですが



19121904.jpg
起きちゃうのよね~(^^;)



ちなみに、器械は先生に勧められたこれ↓

レビューを見ていたら、犬猫用に使っておられる方が多いみたいです。
(動物用というわけではないので、もちろん人間も使えます。)



19121905.jpg
寝ぼけているうちに開始。




しれーっと逃げられる(^^;)



19121906.jpg
今日も一緒に吸う作戦で。



ミストの量と風量を変えられるので、一番少なくしてみたら
その分時間が長くなるのか!?
いつもは20分足らずで終わるのになかなか終わらず。




最後は量を増やしてもくもく~。
浦島太郎みたい(^^;)


先生には最初「何か箱とかに入れて隔離してやるとかー」
って言われたんですが(猫ちゃんとかは皆さんそうされているみたいです)
閉所恐怖症の文太には絶対無理ですぅ~、ってことで
この方法でやっています。


ま、肝心の咳はもうすっかりましになったんですけど
予防も兼ねてしばらく頑張ります♪


まだまだ生きるでぇ!!

  0 comments   0 trackback

土曜日、病院のあとランチに行くつもりだったんですが、
病院を出たのが1時過ぎとちょっと遅くなったのでどうしよっかな~と迷ったけど、
せっかくの週末に病院だけだとかわいそうだし、
無事無罪放免になったお祝いもかねて!?
またまたde愛ひろばへ。


19121701.jpg
はりきっとるね。



19121702.jpg
前に来たもんな~。



19121703.jpg
行き着いた先は前に行ったお店のお向かいのイタリアンレストラン。



19121704.jpg
まぁまぁ、そう言わんと。せっかくやし、別のところで食べたいやん。



19121705.jpg
文ちゃんのもちゃんとあるし。



19121706.jpg
おかあはんは「女性一番人気」の踊り文句にひかれて
ホタテとエビのトマトクリームパスタランチ♪
今まで食べた中で一位二位を争うぐらい美味しかったです!!!



19121707.jpg
はいはい、あーたのもいっぱいありますよ。



19121708.jpg
食べてー



19121709.jpg
食べてー



19121710.jpg
食べまくるぅ~!



19121711.jpg
大口三連発! こんなに元気な子が癌の末期なわけないわな~(笑)



食べてとっとと帰ろうと思ったら・・・



19121712.jpg
言うと思ったわ@前に来たお店。今日はあっちで食べたし、帰るでー。



19121713.jpg
こっちのセリフやわ。
(全然関係ないけど、あのビニールの中の席はこたつになっていました!)





案の定、頑固ジジィがお店の前で動かなくなってしまったのでカートイン。

19121714.jpg
元気なこって。



19121715.jpg
いやいや、もう帰る、言うてんねん。はよ帰らな、おかあはんまたこーちゃんたちに怒られるがな。



19121716.jpg
何普通にショック受けてんねん。あーた、もういっぱい食べたわさ。また今度な。



19121717.jpg
せやな~(^m^) まだまだいっぱい連れてったげるし、まだまだ生きといてやー!






●おまけ●
最近文太の話が続いたのでにゃんずがブログに出てきてませんが
みんな元気にしてまーす♪

19121718.jpg
なでなでゴキゲンのこーた。



19121719.jpg
最近けん坊という強力な甘えん坊ライバルが現れたせいか
殊勝にも「飼い主のお膝に乗って甘える」という猫の仕事を(時々)こなすちび。



19121720.jpg
文太をしのぐ甘えん坊大魔王の座にのし上がりつつあるけんぽこ。



19121721.jpg
まだお障り禁止だけど、最近おかーちんに興味津々で
気がつけばいつも近くにいて観察してるお嬢。



肺転移を疑った症状

  0 comments   0 trackback

先週の月曜日ぐらいから文太が咳をするようになりました。

犬の咳はケンネルコフ(伝染性気管支炎、人間でいう風邪のようなもの)や
心臓病が原因のことが多いのですが、文太の場合真っ先に頭をよぎったのが
「扁平上皮癌の肺転移」。

いよいよ肺に来てしまったのかも・・・
というイヤな予感がしました。


とは言え、咳以外の元気は変わらず、
食欲もあるし体重も落ちてないし昼間はよく眠れているし
散歩も結構歩いてくれるし、遊びも相変わらずだけど
もし肺転移ならこれからまたがくっと体調が悪くなってくるのかな~と思ったり。

肺に転移していたところで、抗がん剤もやってるしこれ以上手術をするつもりもないし、
できる限り「今まで通りの生活を送る」以外できることはあまりない気もしたけど、
もしそうなら今後どうなるのか、心構えをしておきたいという気持ちもあり
咳は特に夜中というか明け方がひどく、体をさするとちょっとはましになるんですが
咳き込んで眠れないと体力&抵抗力が落ちてくるのも心配なので
せめて咳を止めてゆっくり眠れる治療ができるれば、と
土曜日病院に行って来ました。


私としてはほぼ確実に肺に転移したと(勝手に)思っていたのですが
先生曰く「肺に転移するというのは癌でもほぼ最終段階のイメージ」だそうで
こないだの健康診断も(癌を除いては)ほぼ完璧で健康そのもの(?)だったし
今これだけ元気にしているのなら転移の可能性は低いとのことでした。

レントゲンを撮ってもらったところ、やはり肺に気になる影も一切なく。
肺に転移したという可能性はほぼなくなりました~!
(ま、ただの取り越し苦労だったんですけど ^^;)

その代わり、気管が白く石灰化していて「そりゃ、咳も出るやろな~」
という状態なんだそうで。

ただ、フレンチなど鼻ぺちゃわんこによくある気管虚脱
(気管がつぶれて変形してしまう病気)は見られず、それは大丈夫とのこと。

気管が石灰化するのは病気云々ではなく主に加齢のせいなんだそうで、
咳の原因はおそらく気管支炎でしょうね~、という診断でした。
(伝染性の可能性もなくはなかったけど、最近は他のわんことふれあうことも全くないので
主に飛沫感染・接触感染が原因のケンネルコフの可能性は低いということで。)


そう言えば、7歳ぐらいから毎年冬の散歩中に時々えずくことがあり
(ここ数年はなぜか治まっていましたが)病院で診てもらったら
「気管がうっすら白くなっていて、少し硬くなってきている可能性があり、
冷たい空気が入るとそれが刺激になってむせておえーっとなるのかも」
と言われたことがありました。
(「えずく、吐く、大量よだれの原因」参照)


で、治療ですが、まずは部屋の加湿と寝るときも部屋を温かくすること。
(私が暖房嫌いなので寝ているときは暖房をつけないんですけど
気温がぐーっと冷え込む明け方に咳が激しくなるのも納得かも。)

それと平行して気管支の薬を飲むか、ネブライザーで吸入薬を入れるか、
はたまた両方か。とのことで、ネブライザーを試してみることにしました。

ネブライザーは市販のものを買ってくださいってことだったので
早速注文し、吸入薬だけもらって帰ってきました。


土曜日の夜から早速加湿器をガンガンにつけて
寝るときもオイルヒーター(エアコンだとよけい乾燥するので)をつけて寝ると
「ネブライザーいらんかったかも?」っていうぐらいすぐ治まりました(^^;)

ま、それでも散歩で外に出るとやはり冷たい空気が刺激になるのか
ちょっと咳き込むので、ネブライザーが到着したら頑張ってやってみようと思います。



19121601.jpg
相変わらずの食欲。



19121602.jpg
聞こえてないのをええことに、「あげる」とも「よし」とも言うてないのに
ヒトが食べてるものを勝手に食べようとするジジィ。



19121603.jpg
家を出るまではめんどくさそうにしますが、歩き出すと結構サクサク歩いてくれます。


19121604.jpg
手を変え



19121605.jpg
品を変え~



19121606.jpg
途中、にゃんずのごはんあげたり、机の上を片付けながらやったり、
片手間にやってると「ん゛ん゛ん゛ん゛~~~」と抗議されます(^^;)
めっさ眉間にしわよってますやん。



19121607.jpg
ご満足いただけた顔。


何にしても、転移じゃなくてよかった~!



そう言えば、最近なぜかそらのまで日向ぼっこをしたがらなかったので
なんでかな~?と不思議だったんですが、
日向は暖かいとは言え、空気が冷たいのがイヤだったのかも、
と妙に腑に落ちました。

「今までと違う行動」にはすべて理由があるんやな~。
と言うことを改めて学んだおかあはんなのでした。