FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレブル文太と6にゃんず(幸多、あゆみ、ちび、健、さゆり、漱石)の楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
2020年4月29日 お空に転勤

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*

*長女:白グレー猫 あゆみ*
2017年5月18日 お空に転勤

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*

*四男:サバ白ブチ けん坊(健)*

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*

*五男:白黒ちょびヒゲ 漱石*

近況

  0 comments   0 trackback

ちびのことと幸多のことがあって色々てんやわんやだった今週。

まず、幸多は昨日の朝またちょっと調子悪くてごはんも食べずに寝ていたんですが
お昼ごろから徐々にうろうろするようになり、夕方にはまたまた復活。



21012901.jpg
そして今日は朝からごはんももりもり、いつものように文句もたらたら(笑)
9割がた復活した感じです。



21012903.jpg
ちびも元々そんなに元気がない感じではなかったんですが、様子は変わらず。



21012904.jpg
薬を飲むために毎日ちゅーるが食べられてご満悦。



21012905.jpg
最近はこのトンネルでよく寝ています。



21012902.jpg
ゴキゲンさんで何より。




そして、元気な若人@下組は

21012906.jpg
最近、この窓の下の木によくメジロが来ているので、日中忙しい兄妹。



21012907.jpg
暖かかった今週はお外もずーっと堪能。



21012908.jpg


21012909.jpg
気づけばけん坊までこんなことをするように 
やっぱりそこ歩けるように何か作ったらなあかんか~。



21012910.jpg
おちゃゆはこっちの窓が大好き。(ウッドデッキも出ていますけど。)



そんなこんなで、それぞれ楽しく過ごしてます~♪



今度は幸多が嘔吐で病院へ

  0 comments   0 trackback

昨日の夜のことですが、幸多が嘔吐を繰り返すので病院に行ってきました。

いつも朝起きたらごはんごはんうるさい幸多が、朝ごはんは普通に食べたことは食べたのですけどいつもより量が少ないな~と思いつつも昨日いっぱい食べたしお腹空いてないのかな、とあまり気にしていませんでした。

お昼に2階に戻るとあちこちに吐いた跡があったのですが、状況的にはちびの方があり得るとは言えどちらかわからず。(こういう時、多頭飼いだと困るのですよね。)

夕方4時頃になるといつも幸多が「ドア開けろ!下行かせろー!!」とうるさいので、いったんけん坊とおちゃゆは部屋に戻ってもらって幸多とちびの1階パトロールタイムになるのですが、昨日はその催促もなくふたりともこたつで寝ていました。

そして、6時ごろになってようやく幸多が下りて来たのですが、そのときなんか変な鳴き方をしていて(いつもの文句や何かの要求の声ではなくて、たまにある「気持ち悪い(=吐く前)の時の鳴き方」だった)、あー吐いてたの幸多やったかーと思った瞬間、目の前で吐きました。

昼間に胃の中身を全部吐いてしまったのか食べ物はなかったのですが、胃液の中に何か血の粘膜みたいなのが含まれていて、大慌て。


21012701.jpg
ピンクっぽくなっていて、ところどころ赤いのがあるのがおわかりいただけるでしょうか。


おまけに、毎日夕方のこの時間もごはんごはんうるさい幸多が吐いた後ごはんの催促もなく、すーっとこたつに入っていったのを見て、「こら、放っておいたらアカン嘔吐や!!」と思い、こたつの中の幸多を引っ張り出して病院へ急行。(ちなみに、うんこは下痢ではなく普通の美しいうんこでした。)


最初に先生に聞かれたのが「何か変なものを食べたりしてませんか?」ということ。猫の嘔吐はそれが一番多いそうです。

漱石ならそれもあり得るのですが、幸多は食いしん坊とはいえ盗み食いの前科はないし(というか、食べ物は手の届くところに置いてないし←それこそ、置いておいたら漱石にやられるので)、幸多は最近おもちゃで遊ぶこともほとんどないのでヒモなど飲み込むことも考えられず(そもそもヒモなども置いておいたら漱石にやられるので出しっぱなしにはしていないし)。

幸多は10歳で色々と体のことが心配になってくる年頃なので、一度血液検査をしてもらおうと思っていたところだったので、ついでにしてもらいましたが、腎臓・肝臓その他すべて基準値内でホッ。

血の粘膜みたいなのがついていたのも、先生曰く猫の胃や食道の粘膜は傷つきやすいので、嘔吐を繰り返すことで粘膜が傷ついて血が混じることはよくあるそうで、血が混じっていたからといって即重病ということもないそうです。(飼い主的には「ぎゃー☆」ってなりますけどっ。)

猫の繰り返す嘔吐は膵炎の可能性もあるのでもし今日の治療で治らなければその時は詳しい検査をするけど、とりあえずは軽い胃炎としての治療しますということで、皮下点滴を打ってもらい、制吐剤の注射をしてもらって、二日分の吐き気止めの薬をもらって帰ってきました。

帰宅後、またすーーーっとこたつに入りそのまま寝ました。



そして、今朝。


いつもの時間に起きてきたのですが、食欲はないようでごはんは食べず。

ちょっと心配ではあったのですが、こんなときはゆっくり寝て自分で治してもらうしかないので、そっとしておきました。



お昼に2階に来ると、またこたつから出てきて
21012702.jpg
今度はごはん(カリカリ)を少しだけ食べてくれました!



21012703.jpg
この勢いで、ちゅーるで吐き気止めの薬を飲ませることができて、ホッ。


いつもの量は食べなかったのですが、とりあえず食べる気力が出てきたことに一安心。
(食べた後も吐かず。)



21012704.jpg
その後、お外に行くというので一緒にそらのまで、おかあはんあまえんぼセラピー。



21012705.jpg
かまってちゃんはご満悦。




その後またこたつで数時間寝て、4時過ぎ。

21012706.jpg
またまたガツガツ食べましたー!良かった!



21012707.jpg
その後、下におりてきてけん坊となかよしちゅーるタイムもこなし



21012708.jpg
昨日は見向きもしなかった好物のささみも平らげました。



21012709.jpg
そして窓際へ。



21012710.jpg
昼間、暴れすぎてようやく電池の切れた漱石といい感じに(笑)




そんなこんなで、幸多も何か病気になったのかとビビりましたが
このまま回復しそうなので良かったです。

ここ数週間の極寒から春の陽気で寒暖差が激しくて体調を崩したのかも。

皆様もどうかお気をつけくださいませー!



新たな闘いの始まり

  0 comments   0 trackback

突然ですが、先週の金曜日、ちびが「リンパ腫」だと診断されました。


事の発端は約一か月前の去年の年末。

ちびは5にゃんの中でも毛が長い方なのでパッと見の変化はないのですが、触ってなでなでしたときに前よりずいぶん痩せていることに気が付きました。

びっくりして体重を計ってみると5.6キロ。
前まで6.2~6.3キロぐらいだったので600~700gほど減ったことになります。

ただ、6.2キロでもお腹はぽよんぽよんのちょいぽっちゃりで、私の中ではちびの体重は5.7~8ぐらいが理想やな~と思っていて、「6キロ切れるようにダイエットがんばろか。」と言っており、漱石が来てからストレスもあってか自然に痩せたのだと思っていました。

それから1か月が経って先々週の水曜日ごろ。

触った感じ更に痩せた気がしてまた体重を計ってみると今度は5.3キロ。

1ヶ月で300グラムも減ったとなると、病気を疑うレベルです。


猫の体重減少と言えば気になるのが腎臓や甲状腺の異常。

私としては一番あり得るのは猫には最も多い腎臓病なのかなーと心配になり、病院で血液検査をしてもらいましたが、腎臓・肝臓・甲状腺の数値は全く問題なし。

ただ、総蛋白(TP)が少し高く(基準値5.7-8.9でちびは9.9)、中でもアルブミン値が通常(基準値2.2-4.0でちびは2.8)にもかかわらずグロブリンが突出して高く(基準値が2.8-5.1でちびは7.0)、アルブミン/グロブリンの比が通常1:1のところがちびの場合は0.4とかなり低くなっていたため、その原因を探るためにより精密な検査をするべく外注検査に出すことになりました。

グロブリン値が高くなる原因としては
・何らかの感染症(猫伝染性腹膜炎:FIPなど)
・何らかの炎症(膵炎など)
・腫瘍

が考えられると言われました。

現在のところ、体重減少以外には下痢や嘔吐、咳などほかの症状は何もなく、食欲も以前食べすぎてたときほどは食べていないとは言え普通に食べていて食欲不振というほどではないし、元気も漱石が来てからうざがってあまり遊ばなくなったとは言えぐったりしているというほどでは全然なく、ちびはまだ6歳だしガンということも全く考えられなくて「(命には関わらない)何らかの炎症」なんかなー、とその時点では勝手に思っていました。


そして外注の血液検査が出た先週の金曜日。

猫伝染性腹膜炎(FIP)および膵炎の検査結果はシロ。
このふたつの可能性はなくなりました。

でも、猫の炎症マーカーであるSAAの数値が基準値が5.5であるところが125とものすごく高くなっており、体のどこかに炎症があるということでエコーで診てもらったところ、腸間膜リンパ節(腸の中にあるリンパ節)が腫れていることがわかり、針生検でリンパ腫が確定しました。


「リンパ腫」には良性はなく、リンパ腫=悪性、つまりガンです。


でも、幸いその時の針生検では悪性度の高いものは検出されず、暫定的ではありますが「低悪性度リンパ腫」とみなしてまずは2週間の抗がん剤とステロイドの飲み薬で治療し、2週間後に再度腫れているリンパ節がどうなるかを見ることになりました。

2週間後、リンパ節が小さくなっていればそのまま治療継続し、大きくなっていればその薬では効かないということなので麻酔をかけて細胞を採取してより詳しく病理検査に出すというお話でした。



病気の説明や今後の治療方針など先生に詳しく説明していただいたのですが、目の前で結果を見せつけられてリンパ腫だと言われてもまだ信じられなくて、「は???ちびはまだ6歳なのに??ガン???」と、思考回路が停止したままなかなか理解が追い付かなくて・・・

先生の説明がなんだかものすごく遠くから聞こえてくる感じで頭の隅っこでぼーっと聞きながら、涙が勝手に流れてくるのを止められませんでした。








でも、



私は文太に教えてもらいました。


「ガンの診断は『死刑の宣告』ではない」 ということを。


飼い主としてどうふるまえばいいのかも、
どうやって立ち向かえばいいのかも、
「生存期間中央値(=余命)」なんてただの統計的な数字であることも、
そして、何よりも一番大切なことは「毎日楽しく笑って過ごす」ことだということも。


それに、リンパ腫と言えば最初に文太の癌が発覚したときの可能性として
「リンパ腫なら治療方法も確立していて抗がん剤の反応もいいのでラッキー、
扁平上皮癌ならやっかいです。」
って言われた、「ラッキーな方」の癌です。

その「やっかいな方」の扁桃扁平上皮癌でも、
症例が少なく、抗がん剤は何が効くかやってみないとわからないと言われていても
予後は極めて不良で平均余命は2~3か月で一年生存率はほぼ望めないとされているガンでも
ただでさえ免疫力が落ちてくる15歳の老犬でも、

文太は獣医さんもびっくりするほど、ぶっちぎりの生命力を見せてくれました。




だから、ちびもきっと大丈夫。

これからまた新たな不死身伝説作っていきますよーーーーっ!!!



21012501.jpg
好きなこといっぱいして



21012502.jpg
ストレスはあまりかからないように



21012503.jpg
ごはんいっぱいもりもり食べて



21012504.jpg
一緒にがんばろうな。







21012505.jpg
文太大明神、あゆ大明神、ちびのこと頼んだよ!!



21012506.jpg


21012508.jpg


21012507.jpg


21012509.jpg


21012510.jpg



ウッドデッキの屋根づくり 組み立て編

  0 comments   0 trackback

ウッドデッキの屋根作り完結編です。

色々調べて考えた結果イレクターパイプ&波板で作ることに決定
大体の感じと正確な長さを割り出したところで
いよいよ組み立てです。

ここまでの作業はいわば頭の中で想像しながらやらないといけなかったので
「平面から立体を考える」ということがものすごく苦手な私にとっては
頭から煙が出るくらい脳みそフル回転させて一番疲れたのですが
組み立て作業はチョー楽しかったです♪



<1日目>

21012101.jpg
とりあえず買ってきた材料をどーん!



21012102.jpg
実際どんな感じになるのか、自分の頭の設計図がちゃんと合っているのか確認のために
とにかく、作ってみよう!とまずは組み立ててみて・・・おお!いいじゃないの!



21012103.jpg
長さ調整が必要なパイプは、イレクターパイプ専用のカッターで適宜カットします。
コレを使えばチョー簡単に切れました!



21012105.jpg
うん、これも計算通り。シャッターに干渉しないぎりぎりの長さでオッケー!



21012104.jpg
・・・がしかし、ここで斜めのパイプが120センチじゃ足らんことに気付き、ガビーン!!(^^;)


150センチのを買いに行く必要があり、それがないとこの後の作業ができないので
この日はここで終了。





<2日目>

21012106.jpg
翌日、無事斜めのパイプもしっかり組み立て



21012107.jpg
ジョイント専用液で固着。



21012108.jpg
全部のジョイントを接着液でくっつけて、枠組み完成!



21012109.jpg
次は横の柵の上をカバーするための波板を仮止めして、
いらない部分をカットするためにマジックで印をして
(この辺はにゃんずが出ないようにできりゃ~いいのでテキトーです)



21012110.jpg
波板鋏でカット。


ちなみに、波板はアイリスオーヤマのポリカ波板を使いました。
透明のとブロンズ(茶色っぽいの)があってどちらか迷ったのですが
(夏の日差しを遮るには多少色がついてた方がいいのか!?と思って)
夏場の暑い時期は多少色がついているぐらいでは日よけにはならんので
どっちにしてもシェードをせなあかんやろな~と思って
それなら視界良好なクリアの方がいいな、と思って透明にしました。

ご覧の通り、波板があっても圧迫感が全くなくてとてもいいです!




21012111.jpg
次は、波板フックをつける用の穴の位置を測って印をつけて、穴開け。

横用と屋根用と全部やったら結構な量だったので、
地味にめんどくさい&時間がかかったのでこの日はこれで修了。





<3日目>


21012112.jpg
こんなもんかね~、と波板フックを先に取付け



21012113.jpg
ネジで締めていきます。ジョイントがあってつけられないところは結束バンドで。



21012114.jpg
左右両方こんな感じで完成。



21012115.jpg
屋根も屋根用の波板フック&専用工具で締めていきます。

波板は65センチ幅のものを4枚重ねていて、
脚立に登って端から順番に手を伸ばしてやったので、屋根には登ってないですよ~。



21012116.jpg
最後の端っこを残して3枚重ねてつけたところ。



21012117.jpg
端っこだけは中からできないので、庭に出て脚立に登って外から締めました。



20120401.jpg
そんなこんなでひとりで作業して3日で完了。


あと、前にも書きましたが
20121102.jpg
前の空いてる部分にはワイヤーネットを結束バンドで留め



20121104.jpg

20121105.jpg
横の空いている部分は余った波板で塞いで完成!



というわけで、実際組み立てるよりも構想&設計の方が時間もかかったし大変だったんですが
イレクターパイプを使ってみて、その利便性に感心!

これで何かもっと色々作りたい~!という欲が出てきました。



そして、暖かかった今日も

21012118.jpg



21012119.jpg
ゆっくりお外堪能の下組。



その頃2階組は・・・

21012120.jpg
日向ぼっこを楽しむ幸多と



21012121.jpg
なんと、ちびも日向ぼっこをしているではありませんか!



21012122.jpg
ちびが日向にいるのって、子猫の時以来!?の五年ぶりぐらいにみたわー!



21012123.jpg
日光克服したんか!?




まぁ、

21012124.jpg
そのうちすぐこうなっておりましたけれども。



ウッドデッキの屋根づくり 設計編

  0 comments   0 trackback

ウッドデッキの屋根づくりの構想がようやくまとまったところで、
次は屋根の設計です。

まずはウッドデッキのリアル長さを測り、イレクターパイプが何センチのが何本いるのかと
どんなジョイントがいくついるのかを割り出す必要があります。

できるだけ手間を省くために、土台となる柱は柵の柱に結束バンドでくくることを思いつき
大体の感じをとりあえず書き出してみました。


21012001.jpg
(赤文字はジョイントの型番です)


・・・とまぁ、ここまでは割と簡単に出来たのですが
(柱のどっち側につけるかはあれこれ思案しましたけれども)
さて、肝心のきっちりした長さをどうやって割り出したものか、と。


というのも、屋根の素材にポリカの波板を使うことは決めていたので、
そうなると雨や雪が流れるためには斜めになっとかなあかんなぁ、と。

屋根用のジョイント(角度73°)ってのがあるのでそれをそのまま使うと
高い方と低い方とそれぞれ何センチにせなあかんのよ。と計算をする必要が。

イレクターパイプは250センチのと200センチ、150センチ、120センチ・・・とあるんですが
なるべく切らなくていいように低い方は200センチでいこう!と決めたのですが
んじゃ、高い方は何センチか?屋根部分になる斜めは何センチ?

・・・という計算をわざわざしなくてもイレクターパイプのサイトに
長さの測り方というページがあるので、それに当てはめれば楽ちん~♪


・・・と、思ったのですけど、問題は

21012002.jpg
この赤丸の部分。


ここにはネットを張ることが絶対不可欠なので、それに合わせて伸ばしたのですけど
上記の測り方のサイトには三角形になった部分の各辺しか出せないのですよ。


え!なんやねん、これ。
こうなったら長いのと斜めは何センチやねん!!
どうやったらこの長さ出るねん!?
あれか?サインコサインタンジェントか??
高校時代にあまりにも理解不能で
「こんなもん、人生で使うことあるかー!!」って叫んでた、あの??
30年以上経って実際に使うときが来たがな!!!


と、数学超苦手なアホアホ脳はプチパニック。
(理数系が得意な人には屁みたいな計算なんでしょうけども・・・)

しかも単純計算の概算で「とりあえず斜めの長さは120センチでいけるやろ。」
と120センチのパイプを3本買ったものの、結果「足らんがな!!」
となって、後で150センチのを買いに走ったというアホなおまけつき (^^;)

いや、なんか建築士さんてすごいなー・・・ (T▽T)
と、改めて建築士さんへのリスペクトが止まらない中、
結局どうにかこうにか計算して長さを割り出し、
最終的には自分の計算に自信がなかったので実寸を測って調整しましたけれども(笑)



21012006.jpg
チミや、チミ。



21012005.jpg
チミがそうやって登らんかったら、ネット張らずにすんでもっと簡単にできたのだよ。



21012003.jpg
ま、それでもこんなに寒い日々が続いていても



21012004.jpg
こうしてみんなで外に出てくれて



21012007.jpg
毎日楽しんでくれているから、がんばった甲斐があったというものだよ。



(もう一日だけ続く)