FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレブル文太と6にゃんず(幸多、あゆみ、ちび、健、さゆり、漱石)の楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
2020年4月29日 お空に転勤

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*

*長女:白グレー猫 あゆみ*
2017年5月18日 お空に転勤

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*

*四男:サバ白ブチ けん坊(健)*

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*

*五男:白黒ちょびヒゲ 漱石*

天界トリオ

  0 comments   0 trackback

二階組が幸多とちびのときは、どちらかがリビングにいるとドアを閉めていたんですが
幸多だけになった今、幸多は結構猫部屋@小屋裏で寝ていることが多いので
けん坊がリビングに来るチャンスが増えました。

21052801.jpg


21052802.jpg


21052803.jpg


21052804.jpg


21052805.jpg


21052806.jpg


21052807.jpg


21052808.jpg


21052809.jpg


21052810.jpg


21052811.jpg


21052812.jpg


21052813.jpg


21052814.jpg


21052815.jpg


21052816.jpg

ひとりっこ気分を満喫しているけん坊でしたが
天界トリオにがっつり見られているのでした~。



  0 comments   0 trackback

ちびは子猫のころは普通にみんなと日向ぼっこを楽しんでいたけど

21052702.jpg
1歳過ぎたぐらいからなぜか日向に行かず「日蔭のオトコ」になりました。



21052704.jpg
みんなが日向ぼっこを楽しんでいても



21052705.jpg
うまい具合に日向を避け



21052706.jpg
上手に?にーちゃんたちと一緒に日蔭でいるようになりました。



21052707.jpg
雲一つないいい天気の日、それでもにーちゃんたちと一緒にいたいので



21052708.jpg
こんな荒業を開発(?)したことも。



21052701.jpg
その代わり、雨の日はいつも嬉々として外に出ていました。



21052703.jpg
「大丈夫?寒くない?」って心配になるぐらい




21052710.jpg
冬でもずーっと外にいました。



あまりに日向を避けるので、好き嫌いの問題だけじゃなくて
もしかして何か病気の症状なのか??と気になって
一時期必死に調べたことがあるんですが、結局わからずじまい。



21052712.jpg
あゆちゃんがいなくなってからも



21052713.jpg
ぶんちゃんにーちゃんがいなくなってからも



21052714.jpg
うざい弟ができてからも



21052709.jpg
雨の日だけは「出せ出せ」うるさかったな~。



21052716.jpg
ちびが空に帰る日も雨でした。「さすが、ちびやなー。」っておとうはんと笑っていました。




今は雨が降っていると

21052717.jpg

「ああ、ちびくん、今頃喜んでるなー。」
って、おかあはん、ちょっと雨の日が好きになったよ。


そして、今年は梅雨がこんなに早く来たのは
お空に行って雨を自在に操れるようになったちびが
喜んで毎日雨を降らせているんじゃないかと
割と本気で疑っています。
(日本全国の皆さん、なんかすんません。)




21052711.jpg
ちびくん。今日も雨やなぁ。よかったなぁ。



開閉ゲートDIY

  0 comments   0 trackback

ちびなき今、幸多は

21052601.jpg
こんなんとか


21052602.jpg
こんなんとか


21052604.jpg
まぁ、もちろん毎日こんなことにもなっておりますが



21052603.jpg
こーちゃんにーちゃんのことが多分一番大好きな漱石とは仲良くやっています。



が、しかし、漱石よりもっと前からいるにも関わらず
相変わらず下組のけん坊とおちゃゆには厳しい幸多。

うちに来たときにすでに大人(いや、まだ半人前でしたけど)だった子たちと
無邪気なこどもだった漱石との壁がこんなにも厚いのかと改めて感じています。
(体の大きさだけじゃなくて、けん坊とおちゃゆが異常に怖がりで
コミュニケーション以前に逃げ回っていたことも大きいと思いますが。)



21052605.jpg
それでも毎日諦めずにネット前で面会タイムは設けています。


ちびがいたときは先住2匹対新入り(漱石除く)2匹だったことも
問題を難しくしていたのですが(どちらかが大丈夫になったとしてももどちらかが無理、とか)
今なら2対1になったから、幸多さえ大丈夫になればイケるんじゃ!?
とほのかな期待を抱いておりますが、これがまたなかなか難しく。

ネット前では仲良くちゅーるやささみを食べているので(私が間に入ってますが)
多分けん坊も「もう、大丈夫なんじゃね??」と思ったらしく
一度幸多が下にいるときに普通に「ふっふふ~ん♪」と幸多がいる方に出てきました。

しばらく幸多もぼーっとしていて
「おおーーー!!!大丈夫やないのーーー!!!」
と歓喜したとたん、我に返った幸多が
「何出てきとんじゃいーーー!!!」とけん坊を追いかけまわし
けん坊も慌てて机の下に隠れてしばらくうなりあい・・・_| ̄|○

そのまま隙をついてけん坊が部屋に逃げ帰り
どんくさい幸多が追いかけてくる前に部屋のドアを閉めたので
事なきを得た、ということがありました。

どう考えても、誰がどう見ても、幸多の方が立場が上なことは明らかだし
けん坊は幸多にたてつこうなんて露程も思っていないし
幸多がもっとひろ~い心で寛容になってくれたらなぁ~とは思うのだけど
こないだのように体調を崩すといけないし幸多のストレスになることは避けたいので
無理強いはせず、今まで通りぼちぼちやっていくしかないか~。
と思う今日この頃。


困ったことに、おかーちん大好きけん坊が、私がリビングにいる間
ろうかでずーっと「おかぁちーーーーーーん!!!」と呼び続けていることが多いのです。
(あ、半分自慢ですよ?)

リビングに来たいというわけではなく、幸多が寝室や外にいるときにドアを開けても
ちょこっと徘徊してすぐ廊下に出て「おかーちん見える♪」って満足をしているので
ならば、リビングのドアにゲートをつければいいんじゃ?と思いつきました。


こういうの。いいのがあるじゃないの~!↓


と思ったけど、ドアに付けるには長すぎる・・・

短い分には付け足す部品があるみたいですが、長いと切るわけにもいかず
かと言って壁に・・・と思ったけど、すぐ横が窓なのでつけられず。
(無理に突っ張ったらガラス割れそうやし・・・)


んじゃー、しょうがない。
作るか。


と、あれこれ考え

21052606.jpg
作りました。



21052607.jpg
毎度おなじみ、イレクターパイプで。



21052608.jpg
開閉可能。



21052609.jpg

上にアジャスター付きの部品を付けてつっぱっているのですが、
突っ張り棒ほどしっかりしているわけではないので幸多が本気を出すと外れるので
ちゃんとそばで見ていられるとき限定でしか使えませんが。



21052610.jpg
ジョイントをちょっと削ってはめやすくして簡単にロックができるようにしました。



21052611.jpg
下にはネット用のジョイントで。


突っ張り棒を使えばいいやん!?って最初に思いついたのですけど
突っ張り棒って直径が29.6mm、イレクターパイプは28mmなので
それだとジョイントが使えないのですよねぇ。


ちびなら余裕で登れたのですが、幸多は登らない(登れない)し
けん坊も登ってまでこっちにくることはまずないし、(怖がりおちゃゆも絶対にない)
漱石は登れるけど、奴は唯一オールフリーなので、まぁ来たければくれば?って感じなので
とりあえずこれで事足りるかと。



21052612.jpg
やめてー。



21052613.jpg
こーちゃんが意地悪言わんかったらええこっちゃやねんで。



21052614.jpg
そう思ってちょうだいな。



21052615.jpg
で、この前でも仲良くもぎゅもぎゅタイム。



久しぶり&貴重な晴れ

  0 comments   0 trackback

久しぶりに晴れた昨日。

21052401.jpg
朝の散歩は久しぶりにびわこ文化公園へ。



21052402.jpg
あれ?「芝生内に犬を入れないでください」?



21052403.jpg
芝生内での犬の散歩はご遠慮ください」??芝生以外はいいってこと??



ここ、びわこ文化公園は家から歩いて来れる公園なんですが
文太存命のころから&ついこないだまで犬は公園内全面禁止で

20102908.jpg
犬の散歩 御遠慮願います」っていうこの看板がこれでもか!っていうぐらい
公園内のあちこちにいっぱい立っていたので、文太とは来た事がなかったのです。
(最初のころ一度知らずに来たけど、引き返しました・・・)



それが

21052404.jpg
「リードを装着し、園路をご利用ください」になってる!芝生や庭園以外はよくなったようです。



よく見たら

21052405.jpg
件の看板の上から新しく貼り付けてあるので、最近よくなったみたい?
(公園のHPには5021年5月1日付でお知らせがありました。)

いやぁ、3年前にしてほしかったわぁ!!



21052406.jpg
この公園は入園も駐車場も無料なので(休みの日はお子さん連れでにぎわっています)
犬連れの方、散歩にはとってもおすすめです♪(もちろん、しっかりマナーは守ってくださいー!)




21052407.jpg
めずらしくもめずに仲良く猫草タイム。



21052408.jpg
久しぶりにキッチン上へ。



21052409.jpg
上から目線で下界の監視。



21052410.jpg
久しぶりの天気で朝から暴れすぎて急に電池切れ。



21052411.jpg
下組は昨日は夜までずーーーーーーっとお外(ウッドデッキ)にいました。ほぼ野良猫状態。(笑)



21052413.jpg
ここからの景色も堪能。



21052414.jpg
夕方、幸多とハンモックでイチャイチャ。


これが本来の5月よねぇ~。




後悔を力に

  1 comments   0 trackback

ずっとブログを更新していなくてごめんなさい。
なかなかブログを書く気になれなくて。


ちびが最後まで苦しむことなく(いや、もちろん体は色々辛かったと思いますが)
私の腕の中で息を引き取り、少なくとも私の「二番目の願い」は叶ったことには
心底安心しました。

ちびの旅立ちがあまりにも静かで立派で、おとうはんは
「武士みたいで恰好よかった。オレもあんな風に死にたい。」
と言っていました。

ちびが20歳なら、ガンになってもしょうがないと思えるし
あれ以上はない最期で有終の美を飾れたとむしろ喜べると思う。



でも、その後日を追うごとに、ちびがいない寂しさよりも
「まだたった6年しか生きてなかったのに、なんで助けてあげられなかったのか」
という思いに囚われてしまって、今も抜け出せずにいます。


リンパ腫だとわかってから、抗がん剤治療をしたこともやめたことも
後悔はありません。

それからのことは自分のできるだけのことはやったつもりではいます。

でも、


そもそも、なんで6歳でガンなんかにさせてしまったんかなー。

なんでもうちょっと気を付けてみてあげてなかったんかなー。

なんで、せめて最初に体重が減ったことに気づいたときに
すぐ病院に連れて行かんかったのかなー。

あの時すぐに治療を始めていたら完全寛解できたのかなー。



ということが、
やっぱりどうしても引っかかってしまって。



文太の時は、最期は辛い思いをさせてしまったけど、
「これ以上は無理ですっ。」っていうぐらい、
それまで本当に自分にできうる限りのことをやってきたので
ただただ寂しいだけで本当に後悔はなかったのです。

今までどれほど文太に力を注いできたかを自分が一番わかっているので
ちびにはその10分の1もしてあげられていたのかなぁ。
って思うと、懺悔の気持ちが湧き出てきてなんか辛くて。


文太の方がちびやほかのにゃんずより大事だったというわけではないのです。

ただ、やっぱりフレンチブルドッグは色々疾患も多くて手のかかる犬ですし
獣医さんにも「フレンチは気を付けすぎるぐらいでちょうどいい」って
子犬のころから言われていたし
年をとるにつれ何かしら問題も気になることも出てきて目が離せなかったし
それに比べれば猫は多少ほっといても丈夫な気が勝手にしていて。


しかも、4年前にあゆみのときに同じような後悔をしていたにも関わらず
また同じことを繰り返してしまったという罪悪感。


4月25日にちびが他界し、
4月28日に火葬。

4月29日は文太の一周忌で
5月3日は文太の誕生日。


そんなGWをどういう気持ちで過ごしていいのか、
なんだかもうわからず。

そうこうしているうちに、文太の命日の4月29日に幸多が体調を崩し
また嘔吐が止まらず。

病院に行って検査をしたけど特に悪いものは検出されず
とりあえず対症療法になるけど、と胃薬と吐き気止めと点滴で様子見。

この上、幸多にまで何かあったら、ワタシもうメンタル持ちませんーーー!!
と思っていたら、幸多は3日目ぐらいから徐々に回復して
すっかり元気になってくれました。

おそらく、ちびがいなくなったことと、
私の様子がずっとおかしかったことのストレスかと。
(おとうはんには「幸多の前で泣くな」と言われました。。。)



そんなこんなでGWはなんか重力が5倍ぐらいになった感じで体が動かず
にゃんずの世話と最低限の家事以外はずっと寝てました。

いや、正確に言うと、なんだかもう色んな事を考えることに疲れて
年末に続きが気になりすぎて大人買いした『鬼滅の刃』全巻を
最初からまた全部読みました。(なんでやねん。)

「自分の無力さに打ちのめされても、前に進むしかない」
っていう炭治郎たちの言葉に励まされ、ちょっと背中を押されて
(わし、いくつやねん。安すぎるやろ。)
まだ元気でいてくれるにゃんずが4匹もいるのに、
こんなところで立ち止まっている場合じゃないな!!
と、ようやくやる気が出てきた今日この頃。


ちびへの懺悔の気持ちと後悔は多分一生消えることはないけど
それをしっかり心にとどめたまま力に変えたいと思って、
これからは猛烈に猫の勉強をしようと自分に誓い
英国エジンバラ大学のオンラインの犬と猫の行動学のコースを始めました。

今日日世界中にオンラインのコースが色々あって、
勉強したいと思うものをたくさん見つけたので
もう片っ端からとにかく猫に関する知識を入れたいと思っています。



21052101.jpg
GW中のよぼよぼの時に添い寝してくれた子。



21052103.jpg
無事に完全復活して元気になってくれた幸多。



21052104.jpg
取っ組み合いの日課も再開。



21052105.jpg
下のふたりも相変わらず。



21052106.jpg
なかよし。



21052107.jpg
祭壇がすっかりにぎやかになりました。&ちびも帰ってきました。



21052108.jpg
ここにも。



21052109.jpg
ここにもみんなおります。



21052110.jpg
大好きな猫草もね。




コメントくださった皆様、ありがとうございました。
温かいお言葉にとても救われました。

ずっと不義理をしていてすいませんでした。


●Mママさま
ちびのことを大好きだったと言ってくださってとても嬉しいです。
ありがとうございます。


●同じ病気だったnさま
ブログ拝見しております。
お気持ちがわかりすぎて涙なしには読めないのですが
皆さんやはり同じ気持ちなんだな、と心強く思います。


●Kくんのお母さんのSさま
文太のときは色々とお世話になりありがとうございました。
Kくんも旅立ってしまったとは・・・
文太と仲良くしてやってくださいね。


●Mさま
私は猛烈に寂しいけど、案外ちびは大好きなあゆちゃんと文ちゃんにーちゃんに会えて
うほうほ喜んでいると思います。(そして、あゆちゃんにうざがられていると思います。)


●Hさま
ちびを保護したときから見てくださってありがとうございます。
短くとも幸せでいてくれたら私も嬉しく思います。


●Sくん母さま
ご連絡をありがとうございました。
Sくん、たくさんがんばったんですね。
寂しさと喪失感でぼーっとするお気持ち、私も同じです。
今は楽しく走り回っていると私も信じています。


●Kさま
これでもか、といっぱい載せた写真をご覧いただけてうれしいです。
短かったけれど、一緒にいられた時間は私の宝物です。


●Mママさま
文太亡き後もブログをご覧くださってありがとうございます。
ご覧くださる皆さんのおかげで続けてこられたブログです。




しばらく更新が滞っておりましたが、
まだちびのことも文太のことも、他のにゃんずのことも
いっぱい書きたいことがあるので、これからもブログは続けるつもりです。

毎日は無理かもしれないけど、ぼちぼち続けますので
また見ていただけると嬉しいです。