FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレブル文太と6にゃんず(幸多、あゆみ、ちび、健、さゆり、漱石)の楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
2020年4月29日 お空に転勤

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*

*長女:白グレー猫 あゆみ*
2017年5月18日 お空に転勤

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*

*四男:サバ白ブチ けん坊(健)*

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*

*五男:白黒ちょびヒゲ 漱石*

最期の苦しみの意味

  0 comments   0 trackback

またまたGW中の話ですが、二日だけ出かけたうちのもう一日は
5月3日、文太の誕生日にケーキ屋さんへ。


21060301.jpg
シェ・ラメールさん。元々京都にあったお店が去年の年末に移転してこられたそうです。


有名なお店らしいので前から行ってみたいな~と思いつつ、
どうせ行くなら文太の誕生日やな!と決めていました。


なぜかというと・・・
21060302.jpg
ここは元ドッグカフェ&雑貨屋さんだったママ&リキ雑貨さんの跡地。



21060303.jpg
3年前の2018年の5月3日、文太14歳の誕生日に初めて行った思い出の場所。



21060304.jpg
わんこ用ごはんを一瞬で完食。



21060305.jpg
「足らん!」



21060306.jpg
おかあはんのハンバーガーに目を付けられ



21060307.jpg
端っこあげましたがな。



21060308.jpg
帰ろうと思ったらてこでも動かず



21060309.jpg
しょうがないので抱っこで移動しても下ろすたびに戻ろうとしてたな~。



その後何度か行ったことがあったのですが、2019年の冬にまた行こうと思ったら
いつのまにか閉店されていて(多分2019年の夏)その後更地になっていて、
なんだか一抹の寂しさを覚えつつ何ができるのかと思っていたら
京都の有名なケーキ屋さんができた、というわけで。
(中でも食べられますが、普通のお店なので犬はNGです。)



21060310.jpg
スーパー文太1歳の誕生日に 
(上のおにぎりとミルフィーユはキャンドルです。)

文太様が食べた後、残りはスタッフがいただきましたがめちゃくちゃ美味しかったです!



生身の文太からスーパー文太になって新たなステージが始まった一年。
ものすごく長い長い1年でした。
オトナになってからこんなに一年が長く感じられたのは初めてです。


最期の一日があまりにも辛かったので、
文太が息を引き取ったときは悲しさよりも安堵の方が大きくて
「ああ、よかった。やっと苦しみから解放された。」と心から安心しました。

いなくなって寂しい気持ちはもちろんあったけど
最初のころはどちらかというと安心感の方が強かった気がします。

文太がいなくなった後の自分がどうなるのか自分で心配だったし
文太のことを溺愛しすぎていることを知っていた友人や
ブログをご覧くださっている方々も心配してくださっていましたが、
なんだか意外と全然平気でした。
(のちのちじわじわと涙腺地雷を踏みまくってダメダメになっていましたが。)


文太がうちに来てからずっとずーーーっと、
「一日でも長く一緒にいられるように」とそのことだけを考えてきた私が、
そのために自分にできる限りの心血を注いできたこの私が
文太が息をひきとったときに「ああ良かった」と思う日が来るなんて
予想だにしませんでした。


それでも、

文太の写真を見返すとき、
動画を見て笑うとき、
文太と行った場所に行ったとき、
文太と歩いた道を歩くとき、


ああ、今ここに文太がいれば。

まだまだ一緒にいられたはずなのに。


って、一年経った今でも思う。
どうしても思ってしまう。



けど、その度に

文太が今ここにいることを願うのは、
あの苦しみをもう一度文太に強いるということ。
あれを何度も我慢することを望むということ。

それはやっぱり無理。


文太は今は痛みとか辛さと無縁の場所にいる。
もう痛くないんや。つらくないんや。
私はもう文太の心配しなくてもいいんや。

文太は今は毎日楽しくて、毎日笑ってる。

ああ、良かった。


って、


湿りかけた自分の文太への想いは
いつも明るい気持ちに帰着します。



最期の最期になんであんなに苦しまなくてはいけなかったのか、
それを考えると今でも辛いけど、
文太が旅立った「その後」の私が寂しくないように、
文太との別れを悲しみすぎないように、
晴れ晴れした気持ちでいられるように、
「文ちゃん、楽になれて良かったなぁ」って
私が笑っていられるように
文太が最後の苦しみに耐える姿を見せてくれたのかなぁ。
なんて、今は思います。





21060311.jpg