FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

脾臓のしこり

  0 comments   0 trackback

のんびりお盆休み満喫中の文太一家でしたが、最終日に爆弾投下されました。


最近文太がちょっと便秘気味で(毎日一応出てはいるものの、量が少ない)
それが影響しているのかどうなのか、昨日の夕方ぐらいから
座るでもなく歩くでもなく、ぼーっと立ったままのことが何度かあり、
なんとなく様子がおかしい気がしていました。

便秘も長期間続くと何かしら体に悪影響が出てくるので
お腹のマッサージをしようとお腹をなでなでしているときに
何か硬いものがあることに気づき、ぞっとしました。

とは言え、腫れているわけでもなく、特に熱をもっているとかいうこともなく、
普段触ってなければ全く気付かないレベルだと思います。


_20180816_155915.jpg
赤く丸をしているあたりです。
見た目には全く腫れていないことがおわかりいただけると思います。

便秘だったこともあり、うんこかな?というかすかな期待も抱きつつ
なんだかものすごく嫌な予感がしたので、今朝早速病院に行ってきました。

そして、その嫌な予感は的中。
腹部のエコー検査をしてもらった結果、やはり脾臓にしこりができていました。

現段階ではこの腫瘍が良性か悪性かは判断できず、
脾臓をしこりごと全摘出して病理検査に出す必要がある、と。

たとえ良性だったとしても、脾臓は血液量が多い臓器なので
腫瘍がどんどん大きくなればいずれ破裂して大量に出血し、
腫瘍うんぬんではなく出血多量が原因で死にいたる、とのこと。

ただ、幸いなことに腫瘍はまだそんなに大きくはなく
これぐらいの大きさなら摘出手術も1時間程度でできる簡単なものなので
まずは外科手術が第一の治療だという説明をうけました。


もしも文太が今後手術が必要になるような大きな病気になっても
もう年も年なので無理して「戦う」という選択はせず、
残された時間を好きなことをして好きなものを好きなだけ食べさせてあげて、
楽しく犬生を全うさせてあげよう、と前々からおとうはんと話をしていました。

でも、「このまま放っておく」という選択肢が明らかに死を待つだけになるなら
やはり摘出手術はしてもらいたい、と即答で手術をお願いし、
明後日の土曜日に脾臓全摘出の手術をしてもらうことになりました。


脾臓は胃の後ろ側にくっついている細長い臓器で
血液検査などでは腫瘍の有無等悪くなっていることが発見できず
しこりができていても破裂して突然元気がなくなったり嘔吐をしたりと
かなり重症になるまで気づかないことが多いそうです。

早期発見のためには健康診断でのエコー検査や触診などまめにすることが必要で
先生にはこの大きさで早期発見できたのは非常にラッキーだったと言われ
普段から体を触って健康チェックすることの大切さを
今日ほど痛感したことはありませんでした。

この大きさなら今すぐ破裂するという心配は少ないものの、ゼロではないので
明後日までは散歩もやめた方がいいのと、あまり興奮させないこと、
しこり部分を触ったり抱っこのときに押さえつけたりしないように、とのことでした。



色々調べていると、脾臓のしこりの2/3は悪性腫瘍なんだそうです。
でも、意外なことに(?)私自身は案外取り乱すこともなく落ち着いています。

それは多分、14歳という年になり
「今元気でも、いつ何があってもおかしくはない」
と、いつも肝に銘じていたからかなー?

もちろん手術が無事終了して元気に麻酔から覚めてくれることをまず祈り、
腫瘍が良性であることをただただ祈るばかりですが、
たとえどんな結果になってもしっかり現実を受け止めて
いつも通り、みんなで笑って過ごしたいと思っています。



DSC_4268.jpg
とりあえず、ゆっくり寝よう!


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://buntabucho.blog.fc2.com/tb.php/2279-6b123828