FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

闘争か逃走か

  0 comments   0 trackback

けんちゃゆのプロフィールに書いたんですが、
「闘争か逃走か」というのはストレス反応とも言われるもので
たとえば山で熊に会ったとき、戦うべきか、逃げるべきか
という究極の選択を迫られるときの反応です。

けん坊の場合は、迷わず逃走。
おちゃゆはそもそも「闘争」の選択肢がDNAにない。(多分。笑)

あのふたりを見ていると、そんなことであのままお外生活続けてたら
繁殖シーズンの時どうするつもりやったん???
と、全く余計な心配をしてしまうほどです。


18102601.jpg


ちび&けんちゃゆのリアルかーちゃんは他の猫とケンカしてるところも見たことがあるし
ヒトに対してはものすごく警戒心が強いけど、そこまで弱くはないと思うんですけどね。
母は強しなんでしょうか。

あと、これもけん坊のプロフィールに書いたんですが、
けん坊のしっぽは太短いんですけど、これってもしかして元々は長かったけど
子猫の頃に何かがあって(他の猫にやられたとか、事故に遭ったとか)
そのことがトラウマになって余計にビビリになったんじゃないのかなー?
という気がしています。

日本猫はジャパニーズボブテイルと言ってしっぽが元々短い子もいますが
なんか中途半端な長さですし、短いしっぽはたしか優性遺伝なので
両親どちらかが短ければ出てくるはずなんですけど
ここら辺で短いしっぽの猫を見たことがないので。
(まぁ、かーちゃんの行動範囲のすべてのオス猫を把握しているわけではないので
もしかしたら短い子もどこかにいる可能性もなくはないけど。)



それはさておき、うちの上の子たちはどうかというと。


18102602.jpg
長兄文太。

年をとってすっかりまぁーーーるくなりましたが、
若い頃は本当に頭を悩ませるほどの触るものみな傷つけるジャックナイフでした。
(そのおかげで犬のことをとことん勉強する機会を与えてもらったわけですが)



18102603.jpg
よって、文太の場合は迷わず「闘争」。

いまだに天敵@掃除機にはいどんできます。
ただ、年を取って耳が聞こえなくなったので(多分今はほとんど聞こえてない)
気づかれずにすむことが多くなりましたが(笑)。



18102604.jpg
次男坊、幸多。

幸多は小さい頃から兄弟猫と遊んでいなくて力加減がわからないせいか、
昔から噛み猫でした。

今では昔に比べてずいぶんましにはなったのですが、
未だに感情のすべてを噛むことで表現するので(怒っていても嬉しくても噛む)
恐怖の反応はもちろん(?)噛む。


18102605.jpg


18102606.jpg

転嫁攻撃で過去三回流血騒ぎになって病院送りにされています(^^;)
ので、幸多も迷わず「闘争」派。




18102607.jpg
三男坊、ちび。

ちびもけんちゃゆほどではないけど相当のビビリなので、
「迷わず逃走派」だと思ってたんですが・・・



18102608.jpg
けん坊を襲うという過去もあり。

ただ、それはストレス反応というか、けんちゃゆがすぐ逃げるし相手の弱さを把握しているがゆえに
おそらく追い打ちをかけてるだけで、ストレス状態とはまた違う気もするんですが。
(要するに、ケツホールの小さいヤツなんですよ。)

ちびは「相手によって態度を変える派」かな~。




18102609.jpg
あゆちゃまは・・・。



18102610.jpg
怒りながら逃走するタイプかな~(笑)


私の猫歴史上最強の猫は、実家で初めて飼ったサビ猫のミユ。
私が未だに後悔する発端となった、文太に噛みつこうとして私に噛みついた事件

あのときはミユにただただ申し訳ないことをしてしまったと反省するだけだったけど、
その後5匹の猫を育ててきて、
「いやいや、縄張りに侵入されたからって自分より大きい犬を襲うてすげーな!!」
と改めてびっくりです(笑)

ちなみにミユは本当に頭のいい子で、「猫ってかしこい生き物やな~。」といつも感心していたので
その後に一緒に住むことになった幸多のどんくささ&アホさがなんとも・・・
いや、褒め言葉です。(キッパリ)


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://buntabucho.blog.fc2.com/tb.php/2316-44edfdad