FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

109日目

  0 comments   0 trackback

最近すっかり忘れておられる方もいらっしゃるかもしれませんが(?)
(いや、私が一番忘れてるかも。笑)
文太は扁桃扁平上皮癌です。

外科手術後病理検査の結果が出て扁桃扁平上皮癌の診断がついたときに
主治医の先生にいただいた資料がこちら。
(コピーをいただいたので出典はわかりませんが、多分獣医学の専門書)

19071801.jpg

外科手術+放射線治療での生存中央値が109日。
外科手術+放射線治療+化学療法での生存中央値が240日。
化学療法のみの生存中央値が105日。


あー、そんなもんなんやなー。


と、特にショックも嘆き悲しみもなく淡々と「へ~。」と思っていました。
そりゃ、先生にも「想い出いっぱい作ってあげてください。」って言われるわなー。っと。


というのも、なんせ手術前には「もうあと何日持つか。」というぐらい衰弱していたし、
無事手術が終わったことに何よりもホッとして
とにかくあと1ヶ月がんばってもらって15歳にはなってほしい。
という思いが強くて「おお。100日もあるんやったら15歳にはなれそうやな!」
と、単純に喜んでいたからです。


後で色々調べてみてわかったことですが、「生存中央値」とは平均ではなく、
「同じ病気になった犬のうち治療開始後または病気の診断後半数が生存していた日数」
のことなんだそうです。

たとえば、同じ病気で同じ治療をした犬が100頭いたとすると、
51頭目に亡くなった犬が治療後生きていた日数、ということだそうです。

なぜ平均を使わないのかというと、極端に早く亡くなったり長生きしたりする犬がいると
平均数が大幅に狂ってくるからです。


これがなかなかのくせ者で。


その後色々調べてみたんですが、この「生存中央値」が見る資料によってまちまちなんです。
そんなによくある癌ではないため、日本語の資料が少なく以下海外の文献ですが、参考までに。


19071803.jpg
PubMed(世界約70カ国、約5,000誌以上の医学・生物学文献データベース)に掲載されたドイツの文献:
リンパ節に転移のある場合4ヶ月。(転移なしなら12ヶ月)
どの治療をしても転移がある場合は生存確率は低い



19071804.jpg
PetMD(アメリカの獣医師や専門家が寄稿している情報サイト):
進行が早いため、予後は不良。生存値は多くて数ヶ月。



19071805.jpg
英国の腫瘍学専門獣医師の著書:
外科手術、放射線治療、化学療法のいくつかの治療を組み合わせても
生存中央値は6ヶ月程度。



19071806.jpg
Wag! :
積極的治療(放射線や抗がん剤治療)をもってしても平均生存値は約4ヶ月。



19071808.jpg
英国小動物大会症例 2008:
すべての患畜の生存中央値は151日



19071807.jpg
英国小動物協会症例 2011:
どんな治療法でも生存確率は低く、(いろんな治療を施した)すべての犬での生存中央値は179日





これでもか!というぐらいどの資料にもイヤなことしか書いていないのですが
興味深いのが、同じ扁平上皮癌でも扁桃以外にできるものは転移も少なく
外科手術が可能であれば切り取ってしまえば予後は良好なようです。

何も治療しない(できない)場合は最終的には安楽死になることが多いようで、
壮絶な痛みを抱えていた文太も、あのまま手術をしなければいずれは痛みに加えて
気道と食道が圧迫されて呼吸障害と摂食障害が出て「もう楽にしてあげてください。」
という決断を迫られるときが来ていたのかな、と思います。



どの資料も生存中央値がまちまちとは言え、どれも大体4ヶ月~6ヶ月ぐらいなのですが
特筆すべきは、「生存中央値は所詮中央値」ということ。

よくよく資料を読めば最初に載せた日本語の資料にも
「生存期間は44日~631日で中央値は109日」
と書かれていて、44日と631日って違いすぎるやろーー!!
って突っ込みたくなります(笑)

大半は1年持たないけど、中には2年近く生きた子も存在する。
ということです。

そのことの方が私にとっては重要だし、何なら最高記録作ってやるわよ!
ぐらいの気持ちでおります。



最初にあの資料をいただいた時、
まずはなんとかあと1ヶ月がんばって15歳に。
その次は生存中央値(外科手術+放射線治療のですが)の109日は超えたいなー。
と思っていました。



その、109日目(手術後)が今日です。





19071809.jpg
雨が降る前に元気に散歩。



19071810.jpg
薬なしでもぐーすか爆睡。




まだまだ生存記録伸ばすでぇーーーっ!!

とりあえず、次の目標は9月4日の15回目のうちの子記念やな!




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://buntabucho.blog.fc2.com/tb.php/2452-14187320