FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

嫌な予感しかなかった新たなしこり

  0 comments   0 trackback

2週間前の話ですが、文太の背中にしこりがあるのを発見しました。

私はいつも文太の体チェックも兼ねて朝晩マッサージしている(させられているっ)のですが
朝は全く気付かなかったのに、夜急に「なんじゃこりゃ!?」となりました。

それぐらい急にできたしこり(朝からあれば気づかないはずはないぐらいの大きさ)に
ぞっとしながらも、扁平上皮癌の転移というより、なんか別のものっぽい気がしました。
(全くなんの根拠もない素人の勘。)

場所といい、急激にできた感といい、文太が3歳ぐらいのときにできた
組織球種」に似てるな~?という感じ。


20022101.jpg
パッと見どこにあるかわからないと思いますが、触ると明らかにぽこっとしているのです。
(いつも言ってますが、触るって大事!!!!)


何はともあれ、その週はちょうど病院の日だったので、ついでに見てもらったら
細胞診の結果、腫瘍を疑うものは何も検出されず、
好中球やリンパ球など炎症系の細胞が出ているので、
おそらく背中を強く掻きすぎたとか(大型犬に多いらしいです)どこかで打ったとか
何らかの炎症ではないか?とのこと。

それに、いくら悪性腫瘍でも朝なかったものが夜急にできるほど成長は早くないし、
毎日触っているのならこの大きさ(直径3.5センチぐらい)ならもっと前から気づくはずだし、と。

ただし、現段階では何とも言えず確実ではないので当面経過観察で
もし今後腫れてきたら改めて病理検査に出します、
多分そのうち小さくなってなくなると思います、という診断でした。



転移じゃなさそうだったことにほっとしたのも束の間、

20022102.jpg
病院に行ってから三日後、なんか大きくなってきてないか!?



20022103.jpg
そしてその翌日、目視ではっきりわかるぐらい腫れてきとる・・・。



んー・・・。また病院行くべきか否か。

迷いながらも、いったんこの大きさになってからしばらく大きくも小さくもならず
もうちょっと様子見てみるか。と思っていたら。



20022104.jpg
今週の月曜日。えらいことになってきた・・・。



思い起こせば去年のちょうど今頃、のどのしこりに気づいて病院に通い始めました。
あの悪夢の日々と全く同じ時期に、同じようにどんどん大きくなるしこり。

あの時も最初の細胞診では腫瘍細胞は何一つ検出されなかったのです。
(摘出後の病理検査でわかったのですが、
細胞診で検出されなかった理由はしこりの内部が壊死していたためだそうで、
扁桃扁平上皮癌のリンパ節転移では多々あるそうです)


ただ、今のところ文太は食欲も元気もうんこ、しっこも体重も全く変わらないし
しこりを全く痛がってもいなければ触っても全く気にする様子もなし。

いや、でも去年も2月中はまだ元気やったけど、
3月に入ってから急激に悪くなったしな・・・

あの時と同じ道をたどるとすれば、このままだと・・・



もうイヤな予感しかない・・・。



進行が早く転移率も高いという扁桃扁平上皮癌の性質を考えると
むしろ何か月も元気でいられる方が不思議なぐらいだし・・・。


でも、もし転移だとしても、しこりが背中なら
前と違って最後までごはんは食べられそうということが救いかな・・・。

ていうか、また切ってもらうか!
今ならまだ元気やから、また奇跡を起こせるかも?



そんな風に自分を奮い立たせながら、昨日病院に行ってきました。

ひとまず再度細胞診をしましょう、ということで
針を刺して内部組織を吸い出したところ、
「なんか液体が溜まってそうやな~。」という先生。

で、注射器でちゅーっと吸うと出てくる、出てくる・・・。
「あー、多分原因はこれですねー。」
その液体を吸った後は、一気にこぶが小さくなりました!!
(少なくとも、2月11日時点ぐらいの大きさには縮まりました。)

そして、その吸いとった液体(と細胞)を調べてみても
やはり好中球やリンパ球しか見当たらず。

「おそらく、炎症反応で滲出液が出てきてそれが溜まっている状態でしょう。
まぁそのうち体内に吸収されて引いてくると思います。」

ですって!



ちゃん、ちゃん!
よかった~。♪───O(≧∇≦)O────♪


ということで、お尻の腫れ肺転移を疑った咳に続いて
またまた転移ではなく、ただの取り越し苦労でした~。




そして、病院から帰った後。

20022105.jpg
ジジィ元気やな、おい!



20022106.jpg
はいよ~♪



そして今朝も

20022107.jpg
元気に散歩。


文太の不死身伝説は、まだまだ続きそうです♪




ちなみに、ずーっと天気が良かった今日。

20022108.jpg
最近ではめずらしく外に出て日向ぼっこ。



20022109.jpg
その後ろには日蔭オトコ。



20022110.jpg
下組も日向ぼっこ満喫♪





☆うちにゃん更新しました。
再び撃沈


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://buntabucho.blog.fc2.com/tb.php/2563-cceef71d