FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

四十九日

  2 comments   0 trackback

早いもので、今日は文太の四十九日です。

それにあわせたかのように、注文していた遺骨リングが出来上がりました。

20061601.jpg



注文したのはこれ↓



もともと、遺骨をダイヤモンドにできるということを知って
それええやん!!って思ったのですが、
それは安いものでも50万円ぐらいするので、さすがにそれは・・・^^;
ってことで、遺骨を樹脂で埋め込むタイプのものにしました。



20061602.jpg
文太はここにいいます



オプションで刻印を入れてもらいました。
20061603.jpg
実物は虫眼鏡で見ないと見えんぐらい小さいのですが
入れてもらった文字は「Together Forever」 

Bunta Love とかにしようかとも思ったのですが
色々考えてこれにしました。





Together Forever
- ずっと一緒 -




20061604.jpg



それは、私が文太に最後にかけたことば。



20061606.jpg



ずーっとずーっと前から、臨終のときには絶対これを言う、
と心に決めていたことば。



20061608.jpg



「ありがとう」 も 「愛してる」 も
ついでに 「文ちゃんはおかあはんの宝物やで。」も
毎日何回も何回も言っていたので、
毎回文太は「知ってる。」みたいな、ちょっとうざそうな顔をしていました。
(それでも毎日言い続けたけど。)



20061607.jpg



だから、最後のときは文太が一番聞きたいであろう言葉をかけよう。
そう心に決めていました。



20061609.jpg



何よりもおかあはんがどこにいるかをいつも気にしていた文太が一番安心することば。



20061610.jpg



これまで、何度も文太と私を支えてくれたことば。



20061611.jpg



寂しさに負けそうになる私に、力をくれるであろうことば。



20061616.jpg



ずっと一緒だった。



20061612.jpg



一緒にいろんなとこに行った。



20061605.jpg



いつもそばにいてくれた。



20061614.jpg



毎日一緒に寝た。



20061617.jpg



死んだらそれで終わり、
なんて、寂しすぎるから



20061615.jpg



最後の日、文太と約束したから



20061620.jpg



これからも、ずっとずっとずーーーーーっと、
一緒にいよう。



20061619.jpg



一緒にいろんなとこ行こう。



20061618.jpg



一緒に、生きよう。




関連記事

Comment

takoo ""
もう四十九日ですね。あっという間に月日はたつのですね。おかあはんの言葉に胸をわしずかみされました。ずっと一緒 大事な言葉です。そこにいなくても、スーパー文太君として何処へいくにも一緒。素敵です。また、犬を飼ったときはずっと一緒精神でよりそいたいです。
2020.06.17 19:50 | URL | #- [edit]
姫鉄 "ご無沙汰しておりました"
「晴れのち小鉄」の姫鉄です。
大変ご無沙汰しておりました。
今朝、何気に「文太くんお元気かな」と思って来たところ…旅立った事を知りました。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

小鉄は今年1月5日に旅立ちました。グリオーマ、脳腫瘍でした。
12月に初めて発作が起き、MRIで診断し、その後は発作を抑える投薬をしながら最期を迎えました。
初回の発作と同時に嚥下機能と後脚の機能を失ったので、ご飯を口から食べる事が出来なくなり、歩けなくなったので徘徊もしたいのに出来ず、それでギャぅっと時々文句言ってたかな。。
文太くんの経過、重なる事もあり号泣しながら読ませて頂きました。最期まで、みんなで頑張ったんですね。素晴らしいです。

私もまだ全然ですが、弟ブヒもいますし、なんとか過ごしてます。弟ブヒは小鉄が旅立ってすぐに網膜の病気で失明したので、手がかかる分懸命に日々を過ごしていると言った感じですが…

いつも一緒。また会える。
そう思って、生きていきます。
2020.09.13 11:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://buntabucho.blog.fc2.com/tb.php/2622-643812a5