FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

股関節形成不全

  6 comments   0 trackback

昨日の記事でちらっと股関節形成不全について触れましたが、これは何も特別なことではなくラブラドールやゴールデンレトリーバーのような大型犬にも、フレンチブルドッグにもよくある疾患です。(いや、本当はよくあっちゃ~イカンのですけど。) 

かく言う文太も股関節形成不全で、特に右側の股関節が緩いことが以前レントゲンを撮ったときにわかっています。

文太の骨盤

わかりやすいように赤線を引いていますが、左側より右側の方が大腿骨を支えるくぼみ(寛骨臼)が浅いことがおわかりいただけますでしょうか。


股関節というのは、大腿骨頭(太ももにある骨の骨盤側の端)が寛骨臼(かんこつきゅう)のくぼみにはまってソケットのようなしくみになっています。


股関節
(毎度、私の下手な絵には突っ込まない方向でお願いします ^^;)



そのくぼみ(寛骨臼)が浅かったり大腿骨頭が丸くなっていなかったりすると、きちんと固定されないので、脱臼しやすくなったり、大腿骨頭と寛骨臼がぶつかりあって軟骨やその他関節を守っている組織が傷ついたり変形したりして炎症を起こしやすくなります。それが股関節形成不全です。

股関節形成不全


股関節形成不全は今のところまだ遺伝子の解明がされていないためはっきり分からない部分もあるのですが、親犬に関節等の異常がある場合はその子供にも症状が現れることが非常に多いため、遺伝的な要因が大きいと考えられています。そのため、まっとうなブリーダーなら股関節形成不全や他の関節の異常がある犬は繁殖犬としては使いません。

遺伝以外の要因としては、環境(フローリングなどの滑る床で走り回る、肥満により関節に負担がかかりすぎる等)や栄養(成長期にカルシウムが足りない、または多すぎる等)によるものがあります。

仔犬の成長にはカルシウムが欠かせませんが、摂り過ぎると骨の成長には悪影響を及ぼすので、サプリメントなどで過剰に与えるのは禁物です。


文太の場合は、以前血尿が出てレントゲンを撮ったときにたまたま発覚しました。それまでは足を引きずったり階段を嫌がるなどさほど気になる症状はなかったんですが、ときどき普通に歩いていても右後脚がスキップのようになることがあったので気にはなっていました。

股関節形成不全もひどい場合は外科手術が必要なこともありますが、文太の場合はよく歩くので大腿部の筋肉がしっかりついており、その筋肉が骨を守る働きをしているので日常生活に支障はありません。

ただ、これ以上ひどくならないようにするため、日常生活ではいろいろ気をつけています。それまでのように2時間ぐらい散歩に行くことは足に負担がかかるのでやめて、今は散歩は1時間以内(んま~、それでも充分歩いている方だと思いますがっ。笑)にするようにし、階段の昇降は出来るだけ避けて抱っこで移動、滑る床ではなるべく歩かせない、ジャンプ禁止、急旋回するような遊びも禁止、などです。

それと、毎日のマッサージも欠かしません。文太の股関節形成不全がわかったことが「マッサージを習得したい!」と思うようになったきっかけでした。

少しぐらいの痛みなら自分でケアしてあげられるようになりたかったし、何よりも文太が痛がる前に何か少しの異変にでも気付けるようになりたいと思ったことが大きいんです。何があってもお散歩大好きな文太から歩くことを奪いたくなかったので。


股関節形成不全はもちろん犬によって個体差があり、それぞれの状態によって治療方法や日常生活の過ごし方は変わってきますが、軽いものならうまく付き合えばひどくならずに済むと思います。

でも、知らなければひどくさせてしまう可能性も高いし、どの犬にもその可能性はあるということを頭に入れていただき、少しでも歩き方がおかしかったり、触るのを嫌がったり、散歩に行きたがらないなどの症状があれば一度病院で検査してもらうことをお勧めします。

また、普段から歩き方や遊び方など、どこか不自然なところがないか良く観察してあげてください。

そして、股関節形成不全を広めないためには、関節異常(股関節に限らず、肩関節、肘関節、膝蓋骨なども!)のある犬は、繁殖には使わないこと!!!これが原則ではないでしょうか。



↓より多くの方に見ていただけるように、ポチっとお願いします。
==============================
保護犬に幸あれ!!!
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ 
==============================


関連記事

Comment

ココママ "なるほど!"
なるほど!なるほど!
うちのココが現在発症していないと結構無知なんですよね。
とても勉強になります!

ちなみにココ(1歳)は、胃が普通の子の半分しかなく、来たばかりの頃、幽門狭窄でした。今でも下痢っ子です。
だから食事についてこれから勉強しないとなぁ~と
現在情報収集中です!
2011.02.10 15:54 | URL | #- [edit]
パオママ ""
いつも勉強になります!

今回は特に doux (ドゥ)を迎えたら、
おかあはんにマッサージの特訓受けに行かなくちゃ~!
そのときはよろしくお願いします~♪

1匹を除いて里親がほぼ見つかりそうでよかったです!

黒パグはもう一人、申し出があったんで
違う黒パグを引き取ってもらうように勧めてます。

酷い業者がいる一方で、温かいメールがいっぱいきて
なんか救われた思いがしました!

いろいろとありがとうございました!
これからもよろしくお願いします(本当はお願いなんて出来ればしたくないんですが・・・)
2011.02.10 20:00 | URL | #- [edit]
ジュリーク "初めまして"
初めまして。
ブログ記事、大変面白く興味深く拝見させて頂いております。
そしてとても参考になります。

最近フレブルを迎えたまだまだ若輩者のフレブル愛犬家でございます。

我が家はクリームの♂です。(ナポレオン君)

毎日おならのニオイに笑わされ、寝姿を見ては何度もいやされ、
おでこのシワのはいりぐあいに見とれさせられ
愛着がウナギ登りに出てどうしようもないくらいです。笑

フレブルの親ということでいくばくかのご縁があってこのように
サイトに巡り合うことができ本当に良かったと思います。

また遊びに来るので文部長にもよろしくお伝えください!!!!(^^)!
2011.02.14 09:40 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆ココママさん"
私も文太が罹った病気はとことん調べるのですけど
他の病気には疎いですよ~(^^;)
でも、いろんな方のブログやサイトを見て
いつも勉強させていただいています。

ココちゃんのためにもお勉強がんばってくださいね(*^_^*)
2011.02.14 11:46 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆パオママさん"
douxちゃん、ステキな名前ですね(*^_^*)
そうそう、マッサージ教室、やりましょう。
少しでも健康で長生きでいますように♪

いろいろ大変ですが、がんばってくださいね!
私も出来る限りのことは協力させていただきますんで。
そして、いつかは保護活動なんてしなくても済むような
世の中になるように、それまで一緒に闘いましょう!!!
2011.02.14 11:50 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆ジュリークさん"
初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます。

>おならのニオイに笑わされ、寝姿を見ては何度もいやされ、
これ、すごくわかります!
私も初めて文太の殺人級のおならのニオイを嗅いだとき
それはそれは笑撃的でした(笑)
昔飼っていた雑種のワンコはおならなんて聞いたことなかったので。

こちらこそ、これからも宜しくお願いします。
2011.02.14 11:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://buntabucho.blog.fc2.com/tb.php/661-9f11bd13