FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

犬の発達行動学

  0 comments   0 trackback

日本のペットショップでは時々2ヶ月にも満たない子犬が売られていますが、アメリカをはじめ、欧米諸国では生後8週齢未満の子犬(猫)の売買もしくは、母犬(猫)から引き離すことを禁じられている国も多々あります。

なぜなら、生後8週目まで母犬および兄弟犬と一緒に過ごすことは、犬の適切な社会化のために必要不可欠な時間であり、犬の行動の一生を左右すると言っても過言ではないほど大切な時期だからです。

日本では犬の行動学はまだまだ遅れている分野ですが、海外では犬の社会学や心理学、行動分析学などについて様々な研究がなされており、詳しい文献も多く発表されています。

その中でおそらく最も有名であり、犬に関する多くの研究のベースとなっているのが、オハイオの大学で心理学の名誉指導教授をしていたジョン・ポール・スコットと同じく心理学の教授であったジョン・L. フューラーというふたりの研究です。

これは、アメリカのメイン州のバーハーバーというところに数多くの犬を集めた犬専門の研究所を作り、約20年に渡って犬を観察し、犬の遺伝学(犬種による特性など)や、社会的行動、そしてその関連性などについて研究したものです。

その研究が「Genetics and the Social Behavior of the Dog (犬の遺伝学と社会的行動について)」という本にまとめられています。

子犬誕生から大切な社会化期については、心理学博士でありドッグトレーナーでもあるスタンレー・コレン博士著の「犬も平気でうそをつく? (文春文庫)」の中の第9章「犬こそ早期教育がだいじ - 幼児期の学習」にわかりやすくまとめられているので、興味のある方は是非読んでみてください。


スコットとフューラー他、様々な犬の発達行動学の研究から、子犬の行動の発達にはいくつか段階があることがわかっています。


●新生児期(誕生から生後12日頃まで)
まだ目も見えず耳も働いていない未発達な状態で、母犬に完全に依存している時期。感覚器は発達しており、嗅覚もおそらく働いているとみられている。母犬やきょうだい犬のぬくもりとニオイを感じ、求める。

ちなみに、本来母犬と常にくっついているこの時期に、敢えて人にさわられる、なでられるなどの軽いストレスを与えられた子犬は、丈夫で落ち着きがあってストレスに強い犬になるということが、アメリカの陸軍獣医部隊の軍用犬の研究によってわかっています。

科学博士でありAKCのジャッジでもあるCarmen Battaglia博士が自身のサイト内(Breeding Better Dogs) で、これについて更に詳しく研究・解説しておりブリーダーに向けてこの時期にこうした適切な刺激(ただし、刺激を与えすぎると逆効果のため、一日ほんの数分、決まった刺激)を与えることを推奨しています。(「Early Neurological Stimulation」)

(日本のブリーダーに、こういうことを知っている人がどれぐらいいるんでしょうか・・・。)


●移行期(生後13日頃から20日頃まで)
視覚や聴覚などの感覚器の発達により、母犬に完全に依存している状態から、多少自分で動けるようになり、急激に発達する時期。

生後13日ぐらいで目が見えるようになり、生後20日ぐらいで耳が聞こえるようになる。それにともなって外の世界から様々な光や音の刺激を受けて反応するようになり、脳が活発に動き始める。また、徐々に立ち上がれるようになり、きょうだいと遊び始めるようになる。


●社会化期(生後3~4週ぐらいから12週ぐらいまで)
犬同士(母犬や子犬同士)また人間との社会的関係を作っていく時期。自分の周りの環境について学習し、してもいいこと、してはいけないことなど、社会的な規則や行動の基礎を学ぶ期間。

歯が生え始め離乳の始まる時期でもあり、子犬同士の遊びの中で噛む加減を覚えたり、強い者に服従する方法など基本的な社会的関係を学ぶ、犬生で一番大切であるともいえる時期。

※どれほど重要かについては、様々な文献資料があるので、また改めてご紹介します。


●若年期(生後12週ぐらいから6ヶ月ぐらいまで)
性成熟の始まる時期。筋肉がつき、運動能力が発達してくる。


犬の成長に一番大事であると考えられる社会化期、つまり生後4週頃から12週ぐらいに犬同士のふれあいがなければどうなるのか、また人間と生活をともにすることなくペットショップのガラスケースに入れられたまま過ごすことは、犬にとってどのような悪影響を及ぼすのか、また、なぜ「生体販売8週齢規制」が必要だと考えられるのか、詳しくはまた次回お話します。





*参考文献*

Genetics and the Social Behavior of the DogGenetics and the Social Behavior of the Dog
(1998/01)
John Paul Scott、John L. Fuller 他


犬と猫の行動学犬と猫の行動学
(1997/07)
C. Throne著 山崎恵子、鷲巣月美訳


犬の行動学 (中公文庫)犬の行動学 (中公文庫)
(2001/11)
エーベルハルト トルムラー


犬も平気でうそをつく? (文春文庫)犬も平気でうそをつく? (文春文庫)
(2007/01/10)
スタンレー コレン


The Domestic Dog: Its Evolution, Behaviour and Interactions with PeopleThe Domestic Dog: Its Evolution, Behaviour and
Interactions with People

(1995/09/21)
James Serpell


The Dog's Mind: Understanding Your Dog's Behavior (Howell reference books)The Dog's Mind: Understanding Your Dog's Behavior
(Howell reference books)

(1992/10/14)
Bruce Fogle


The Intelligence of Dogs: A Guide to the Thoughts, Emotions, and Inner Lives of Our Canine CompanionsThe Intelligence of Dogs: A Guide to the Thoughts, Emotions,
and Inner Lives of Our Canine Companions

(2005/12/27)
Stanley Coren


The Truth about Dogs: An Inquiry into Ancestry Social Conventions, Mental Habits, Moral Fiber of Canis familiarisThe Truth about Dogs:
An Inquiry into Ancestry Social Conventions, Mental Habits,
Moral Fiber of Canis familiaris

(2001/10/02)
Stephen Budiansky


Dog Behaviour, Evolution, and Cognition (Oxford Biology)Dog Behaviour, Evolution, and Cognition
(Oxford Biology)

(2008/02/09)
Adam Miklosi


Dogs: A New Understanding of Canine Origin, Behavior, and EvolutionDogs: A New Understanding of Canine Origin, Behavior,
and Evolution

(2002/10)
Raymond Coppinger、Lorna Coppinger 他


For the Love of a Dog: Understanding Emotion in You and Your Best FriendFor the Love of a Dog:
Understanding Emotion in You and Your Best Friend

(2007/08/28)
Patricia McConnel Ph.D.





==============================
犬について、正しく知ろう。
犬 人気ブログランキングへ     にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ 
----------------------------------------------------------
猫 人気ブログランキングへ     にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
==============================
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://buntabucho.blog.fc2.com/tb.php/833-9fce4f81